2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

夏休みの宿題は必要なのか?

夏休みの宿題代行サービス

もう夏休みも終わっている時期ですが…8月下旬に「夏休みの宿題代行サービス」が大きな話題となっていました。尾木ママ(尾木直樹・教育評論家)は、この業者の存在に対して激怒していました。

 

夏休みの宿題代行サービスが話題だ。インターネットで「宿題代行」と検索すると多くの業者が存在していることが分かる。

子どもにとっては夢のようなサービスかもしれないが、教育評論家の尾木ママが「教育犯罪そのものです」と厳しく指摘するなど、批判的な声が広がっている。

今夏だけで70件依頼があった業者も

news214330 pho01 夏休みの宿題は必要なのか?
尾木ママがブログで激怒

宿題代行を名乗る業者のホームページを見ると、「『宿題が提出期限に間に合わない!』『宿題で良い点を取りたい!』など…そんな悩みを我々が解決します!」といった、子どもたちには魅力的な文言が並ぶ。

サービス内容は漢字・算数ドリルから読書感想文、絵、自由研究まで、教科のジャンルは問わない。料金はドリル1冊で3500円から1万2000円など業者によって差があり、相場は分かりにくい。

数も多いことから、業者ごとに特色を出そうとしているようだ。ある業者のホームページを見ると、作文代行サービスの説明に「学生のアルバイトではありません。作文添削のプロが担当いたします」と書いている。プロが担当するだけあって、400字詰め原稿用紙1枚で小学生向け5000円、中学生6000円、高校生8000円と決して安くない。別の業者は「ほかの業者、サイトの方が安い!という時は値下げいたします!!」と商魂たくましくアピールしている。

TBS系の朝の情報番組「いっぷく!」(2014年8月25日放送)には受験総合アドバイザーという肩書で宿題代行業をしている男性が登場した。ドリル1冊5000円、読書感想文1枚3000円、自由研究・工作5000円という仕事ぶりを伝えた。

男性は仕事上の注意点として、「間違えそうなところっていうのは分かるので」と話し、わざと何か所か間違えながら問題集を解いていく。男性によると、今夏だけで約70件の依頼があったそうだ。依頼主は「病気で手が付けられない場合や受験で忙しくて宿題に手が回らない人」だという。

 

via: 「宿題代行サービス」作文1枚5000円!? 尾木ママ「れっきとした詐欺罪」「教育犯罪」と断罪 : J-CASTニュース





夏休みの宿題代行サービス

これに対して、フリーライターの赤木智弘氏は、夏休みの宿題をさせるよりも大切なことがある、と反論するブログを書いています。

 

曰く「代行業者が相手にしている生徒は、わざわざ夏休みの宿題に時間を割きたくないお受験家庭だ」

 

この前提が本当なのかどうかは知りえませんが、一考の価値ある説だと感じました。

 

そもそも宿題って必要?

そもそも夏休みの宿題って必要なんでしょうか。長期間、勉強をしない時間を作ってしまえば「勉強脳」が衰えて云々みたいな意味でもあるのでしょうか。わたしは、教員ではないので、夏休みの宿題の意義・趣旨というものをよく把握できていませんが… 毎年、8月終わりになって、焦りながらまとめて宿題を消化していたわたしからすると、何の必要があるんだろうと感じてしまいます。

 

親に宿題を手伝ってもらったり、友人のノートを写したりするのはOKなのかどうか、という点についても考える必要があるかと思います。これが許されるのなら、なぜ代行業者が許されないのかについて別途説明が必要となってくるでしょう。

 

宿題の意義がわからない

ブロゴスのコメント欄を見ていて面白いなぁと感じたのは、大多数が「ルール違反」「不正」「詐欺」だからいけないんだ、とその「過程」について批判を行っていること。尾木ママも、「学校が大切にしている正直な生き方に反している」との批判をしています。

 

夏休みの宿題の意義が見いだせないなら、出さないで学校からの評価を下げればいいじゃないか、というような意見も見受けられました。夏休みの宿題の意義についてはあまり重視されていないような感じでしょうか。うーん、不正・ルール違反がよくないってのは分かるけど、夏休みの宿題の意義がよくわからない。

 

私の中学の話

意義のない宿題といえば、中学のときに社会科で「憲法全文」(前文ではない)をノートに3回書き写すっていう夏休みの宿題が出たことがあります。忘れもしない… 法学部に入って、法律を学んで、あの宿題の意味ってなんだったのだろうかと未だに疑問w

 

夏休みの宿題の内容って、教員に結構裁量がある気もします。学期の中間にやる夏季課題が成績評価にどれだけつながっているのかってあたりももうちょっと知りたいところ。夏休みの宿題のあるべき姿について、もう少し教員で議論してほしいなって感じた今日この頃です。

 

記事引用

9月に入り、子供たちも学校に戻った頃だと思うが、夏休みが終わる少し前頃に「夏休みの宿題代行業者」というのが話題になっていたらしい。(*1)

 作文一枚5000円ということは、ノルマが5枚だとすれば2万5000円だろうか。ドリルも一冊で3000円から1万円以上まであるらしい。

 で、それに対して尾木ママこと、教育評論家の尾木直樹は、「子どもたちに対しては「教育犯罪」そのものです!!「詐欺」の実践教育であり、学校が最も大切にしている正直な生き方に反する、担任への「虚偽」行為に他なりません。しかも、子どもに「自己欺瞞」させることでもあります!つまり三重の教育犯罪なんですよ。」(*2)
 と、激怒している。

 また、哲学者の内田樹も、宿題代行の是非についてコメントを求めた記者に対して「箸にも棒にもかからない愚論を紹介するメディアがありますが、なぜそんなバカな話を媒体自身の見識に基づいて「非」とできないのか!と一喝したくなります。」と怒りを表明している。

 僕は、彼らの怒りを全く理解できない。いいじゃない、夏休みの宿題なんて、やらないで済むならそのほうが。
 内田樹は「学習努力と貨幣は代替可能だと思っている」などと見当違いのことを書いているが、こうした代行業者が相手にしているのは、夏休みの宿題ができないレベルの生徒ではなく、学習は塾に任せてしまっているから、学校の低いレベルの勉強に、わざわざ時間を割きたくないお受験家庭。

 こうしたサービスを利用する親たちは、学習努力を回避するためにではなく、学習努力のためにこそ夏休みの宿題などという無駄な時間を費やしたくないと考えて、安くないサービスを利用しているわけだ。

 で、結局は今の学校に親や会社が期待することは「勉強させて、いい大学に行かせて、いい会社に就職する」ことのみであり、それ以外のサービスは全く期待されていない。つか、もう勉強だって学校に期待されていないから、ある程度のお金がある家庭なら、みんな塾に子供を通わせるわけだ。親は内申点さえなければ、子供が学校と関わる時間なんて最小限にしてあげたいんじゃないかな。

 尾木さんは「学校が最も大切にしている正直な生き方に反する」などと言っているけど、学校が何を大切にしようとも、子供の親が大切にするのは進学と就職。夏休みの宿題くらい、嘘ついたっていい大学に入っていい会社に入る方が子供は幸せなんですよ。スタートで失敗したらすべてがアウトの格差社会なんだから、そんなことは当たり前でしょうに。

 だいたい、学校なんて「水にありがとう」なんて言ってみたり、ゲーム脳なんてものを信奉してみたり、掛算に順序があるとか言ってみたり、道徳の教科書で「江戸しぐさ」なんて嘘っぱちを教えているわけでしょ。学校だって正直な生き方なんてどうでも良くて、嘘も方便だとしか思っていないだろうに。

 今の社会が求める子供は、夏休みに毎日天気を記録する子供じゃなくて、毎日株価をチェックする子供。
 でも、それが露骨すぎるといけないから、子供は空気を読んで、子供らしく務めている。
 子供だって学校の欺瞞に気づいてる。でも、大人が求めるから、子供らしく勤める。

 そんな学校教育と社会の関係性が孕んでいる大きな欺瞞を放置したまま、たかだか小銭をかすめ取ろうとするだけの宿題代行業者にキレて「私は良識あるいい大人です」とばかりに振る舞うなんて、それこそが欺瞞の悪用に過ぎない。
 そんなことに怒るヒマがあったら、進学就職というルートでしか人が幸せになれない日本社会の問題にこそ、怒るべきなのである。

via: 夏休みの宿題をさせるよりも大切なこと

 

関連記事

 

a520aff57cf82a25ab35350473273488 夏休みの宿題は必要なのか?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 9月 19日

    >そもそも夏休みの宿題って必要なんでしょうか。長期間、勉強をしない時間を作ってしまえば「勉強脳」が衰えて云々みたいな意味でもあるのでしょうか。わたしは、教員ではないので、夏休みの宿題の意義・趣旨というものをよく把握できていませんが… 毎年、8月終わりになって、焦りながらまとめて宿題を消化していたわたしからすると、何の必要があるんだろうと感じてしまいます。

    学校の夏休みの意味理解しています?
    もともと学生を休ませるためのものじゃなくて夏は暑い為に休んでいるんです。本当は学校で勉強するかわりに宿題を課しているんです。だから休むんだったら宿題は必要です。宿題出さないんだったら夏休みはナシで普通に登校して授業受けなさいって話ですよ。

    ただ、今はエアコン等ありますからマジで休み与えないでもいいかもしれません。そうすれば宿題うんぬんってバカな議論は最終的に速やかに解決されます。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る