2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

年収1000万円の20~30代に送る貧乏生活の勧め

年収1000万円でも貧乏

先日副管理人のなかさんが年収1000万円でも手取りは少ないという記事を書いていました。

 

 年収1000万円の20~30代に送る貧乏生活の勧め 年収1000万円でも税金を引かれると手取りはかなり少ない | キジトラ速報

 

最近異業種交流会やらなんやらで年収800万~1500万円くらいの20代後半~30代前半独身男性と会うことが多かったので、彼等のために俺も書いてみます。結論から言うと、年収1000万円なんて間違っても金持ちじゃないんだから調子に乗るなってこと。





年収1000万が金持ちではない3つの理由

まず、年収1000万が金持ちではない3つの理由。

 

①手取りは少ない

年収1000万円から所得税や市民税などを差し引いた手取りは大体680~750万円程度。月に換算すると55~64万円ほど。「年収1000万円」を「手取り月55万円」に言い換えたらかなり現実味が増すと思います。どう計算してもスポーツカーを乗り回して、銀座で遊び歩ける額ではありません。手取り5、60万程度ならそのへんの風俗嬢やキャバ嬢だって稼いでますよね。(水商売の人達は税金を払って無いから手取りが高い)。

 

②各種手当も減る

年収1000万円を越すと、税金が高くなるだけではなく各種手当も減らされることになります。例えば児童手当の所得制限は年収960万円、高校無償化は年収925万円までとなっています。これが一番痛いですね。子供を大学まで通わせるってなると学費だけでかなりの出費を覚悟しないといけません。

 

細かい計算は省きますが、税金や各種控除、手当のことを考えたら年収1000万円の夫&専業主婦より年収450万円同士の夫婦の方が世帯の可処分所得は高いんですよ。

 

③人付き合いにおける出費が増える

そんな現実とは裏腹に、一般的には金持ち扱いされるのが年収1000万円です。会社の飲み会で「割り勘にしよう」とは言えませんし、友人と飯食いに行っても「奢らなくてはいけない」と思い込むようになります。金持ちのくせに羽振りが悪いと白い目で見られますからね。

 

さらに、どんな仕事でも年収が上がり地位が高くなると人付き合いが増えてくるので、出費はどんどんかさんでいきます。中小企業や自営業だと経費の大部分を接待交際費、会議費に割かれて苦労してるって話がよくあるみたいです(税金対策としていらんものまで交際費として計上している場合も有りますが)。

 

本人も「年収1000万円」のイメージに振り回されてる

断言してもいいけど年収1000万円程度で都内に家建てて、高級外車に乗って、高い服着て、毎日うまいもん食って、嫁は専業主婦で、子供を私立に通わせてる人なんていませんw 「年収1000万円」と聞いて皆が想像するほどの金持ちではないんですよ。

 

ところが、本人すらそれを理解せずに調子に乗って身を滅ぼしちゃうことがあります。年収1000万円の人達に見られる悪い傾向について。

 

①金の使いかたが雑になる

まず、中途半端に金を持つことで細かい金の使い方が雑になってきます。

 

貧乏時代は水道水に100袋1000円の麦茶ティーバッグを入れたものを飲んでたけど、いつの間にか2リットル140円のペットボトル茶に。それも業務用スーパーまで買いに行くのはダルイから少し高くてもAmazonや楽天で注文するように…と。

 

小金持ちになると、たかが数円も積もれば大金になるってことを忘れてしまうんです。

 

他にも一日のコーヒーの本数が増えたり、コーヒーを買う時わざわざ84円で売ってるスーパーまで歩いて行っていたのが、近所のコンビニで120円も出して買うようになったり、1~100円単位の節約を面倒くさいと感じるようになります。

 

遠くのスーパーまで歩く時間をもっと有効に使ったほうがいいとか言い出したらもう末期ですね。そんな分刻みで時間を意識してるくせに、年収1000万円程度にしかなれない頭の悪さを嘆きましょう。

 

②見栄を張るようになる

年収1000万円クラスの人達が集まる異業種交流会には大手企業の課長や大学教授、農家、アムウェイのディストリビュータ、医者、飲食店経営者など様々な人がいます。皆社会的地位は高く頭も良いため、会話をしていて感心させられる事が多いのですが、彼等の中には見栄を張りたがる人がいます。

 

ああいう集まりだと1人前12000円の寿司食って、腕時計はパテックフィリップにパネライで、月に1回旅行に行って…とバブリーな話題が多く、金持ちらしい振る舞いをしなくてはいけないという空気がすごいんですよ。「車何乗ってるんですか?」と聞かれて俺が「ダイハツのムーブ(軽自動車)です」と言ったら引かれましたしね。高級ソープに誘われても「金がないから行けない」とは言えませんし、話題についていくためには普段から料理や洋服も高いものを嗜まないといけません。

 

なんというかお互いに金持ち像を押し付けあって、背伸びしてる感じ。

 

将来のことを考えよう

繰り返しますが年収1000万円は決して金持ちではありません。生活レベルをガラっと変えるには少なくとも年収3000万円(手取り1800~1900万円)は必要でしょう。

 

長期的に1000万円の収入を見込める開業医とかならともかく、サラリーマンやただの自営業みたいな不安定な仕事をしている人は悪いこと言わないから貯金しておいたほうがいいと思います。

 

俺が今まで見た年収1000万の人は、「年収1000万」のイメージに振り回されて身の丈以上の生活をしている人が多かったです。

 

東京近辺で暮らすなら車なんて必要ありませんし、家も都内にこだわる理由はありません。埼玉や神奈川に行けば安くて都心へアクセスしやすい物件はたくさんあります。車が好きとかどうしても都内に家を建てたいというこだわりがあるならともかく、見栄でそれらを購入しようと考えている人は、一度自分の収入と将来かかる費用を照らしあわせたほうが良いのではないでしょうか。

 

年収1000万円なんて子供が浪人した程度で余裕が無くなる程度の稼ぎしかありません。出産の際に嫁が休職、転職することになれば収入はさらに減るでしょう。40歳を過ぎれば夫も大きな病気や休職を経験することになると思います。それらを考慮に入れても外車を買う余裕はありますか?25年ローンを組んで家建てたとして、返済が終わるまで今の収入をずっと保っていられる自信はありますか?

 

お金を貯めるコツ

ただし、年収1000万円の人はある程度他人より余裕があるのも事実です。調子に乗って使い込むとすぐお金は無くなりますが、少しだけ慎ましく生きることでかなり安定した生活を送ることが出来るようになります。そのためのコツを紹介します。

 

56f54236cc9d43ddd73a755f78bede9d 年収1000万円の20~30代に送る貧乏生活の勧め

 

①金もってることを他人に言わない

お金を使いたくなければ人前では貧乏を演じるのが一番です。俺は小金持ちだと悟られたくないので他人には年収300万円の貧乏自営業者と言ってます。

 

金持ちアピールをしたところでお金は増えないし、寄ってくるのは金目当ての変なやつばっかです。「俺は貧乏だ!」と自分にも他人にもわからせることで、初めて身の丈にあった生活が出来るようになります。

 

②欲しいものだけを買う

ステータスとかブランドにこだわるのはやめましょう。スポーツカーなんて都内で乗るには運転しづらいだけだし、20~30代のあんちゃんがヴィトンやグッチを身に着けてもヤクザかチンピラにしか見えません。

 

物欲を抑える必要はありません。ただし、物を買うときは他人にアピールするためではなく、実用性、値段などを考えて本当に欲しいと思うものだけを買うようにしましょう。結局のところ自分の物欲さえ満たされれば他人がどう思うかなんて関係ないんですよ。

 

③女には気をつける

独身男性の出費で多くを占めるのは彼女とのデート代、プレゼント代だと思います。一度惚れたらいくらお金をつぎ込もうと惜しくないってのも事実ですが、節約のために一番邪魔なのは女です。

 

とりあえず飯食うとき男が払って当たり前って態度の女は犬畜生にも劣るゲロカス野郎なので、いくら顔が可愛くてもその場で縁を切ることをおすすめします。俺は最初のデートでは必ずおごりますが、その時払う素振りすら見せない、ごちそうさまも言わない女とは二度と会いません。

 

あと結婚するときは相手の親兄弟の経済状況を確認しましょう。彼女はきちんとした職についていても、兄弟がニートとかの場合将来寄生される可能性があります。

 

もちろん専業主婦志望の女なんて論外だからな!

金使い荒そうな女にも近寄るなよ!

愛があればお金はいらないって女を見つけろ!

金貯めるのに一番必要なのは理性だけど、それを一番壊してくるのが女だからな!

マジで気をつけろよ!

 

 年収1000万円の20~30代に送る貧乏生活の勧め

 

 

④早期リタイアを目標にする

年収1000万円を稼いでいても20代後半~30代前半だとまだまだ貯金は少ない人が多いと思います。小金が入るようになると無駄使いしてしまいがちですが、早期リタイアを目標にすることで浪費を防ぐことができます。

 

年収1000万円の人が10~12年間頑張って節約すれば5000万円は貯金できるはずです。5000万あれば田舎だったら40代半ばで退職して残りの人生をのんびり暮らすことができますので、将来楽するために今は少しだけ我慢しましょう。

 

5000万じゃ足りないって思う方もいるかもしれませんが、厚生年金の繰り下げ受給リバースモーゲージオフショア取引での税金優遇などをフル活用すれば当面の資金はそれだけで十分です。節約も大事ですが資産運用も早いうちに考えておきましょう。

 

⑤金使わない趣味を見つける

かと言ってひたすら節約生活を続けるのもしんどいので適度に贅沢、散財をしましょう。

 

うちは車も軽自動車だし、服なんてここ何年も買ってないし、物買うときは徹底的に安く買える方法を探しますし、風俗もキャバクラも行かないし、旅行も行かないし、携帯乞食とかアフィリエイトとかみみっちい小遣い稼ぎが大好きですし、生活レベルは年収300万円の頃とまったく変わっていません。

 

そうした生活を満喫するにはお金がかからない趣味を見つけることで大事で、俺の場合は

 

  • 猫(2匹飼って餌代砂代で月3,000円くらい)
  • 日帰り温泉、スーパー銭湯(一回400円~1200円)
  • ネットサーフィン(パソコンと回線があれば無料)
  • 漫画喫茶(3時間1,000円)
  • 読書(ブックオフで一冊100円)

 

などを楽しんでいます。全部合わせても月に1万円行くかどうかです。

 

⑥選択肢を用意しておく

お金を稼ぐ事も大事ですが、貧乏になったときのために選択肢を用意しておくのも大事です。

 

19歳の時、色々あって1日500mlのコーラ一本か、100円で一番カロリーの高いパン↓1個だけで生活していた時期がありました。

 

11m3jTRZgSL. SL160  年収1000万円の20~30代に送る貧乏生活の勧め
ヤマザキパン
売り上げランキング: 297,410

 

体重が58KG(身長182センチ)まで落ちてこりゃもう死ぬな、と思い生活保護を受けようとしたところ「若いんだし怪我も病気もないんだから働け」と門前払いされまして。そこで普通の人はパソコンで「生活保護 受け方」とか調べて、共産党や貧困支援のNPO団体に助けを求めるなどの解決方法を見つけることが出来ますが、ネットカフェに行く金すらない、図書館で調べる気力もない貧乏人がそこにたどり着くことはありません。

 

幸い俺は自力で貧乏から脱出できましたが、とにかくお金がなくなると精神に余裕が無くなり、頭も回らなくなり、行動範囲は狭くなり、現状に流されるまま貧乏スパイラルから抜け出せなくなります。金が無さ過ぎると節約すらできないのでどうしようもないんですよ。(節約をするには最低限の生活基盤と長期スパンでの計画が必要)

 

貧乏ってのは選択肢が無くなることなんです。逆に言うと選択肢さえ用意しておけば極貧まで落ちることはありません。俺の場合は今まで転職や起業を繰り返して職歴が30個以上あるので、今の仕事がダメになったらまたシステムエンジニアでも風俗のボーイでもアパレルでも探偵でも肉体労働でも秘書でも再就職すればいいだけです。何をやろうと年収300万円くらいだったら簡単に稼げるので、食いそびれることはないでしょう。

 

何かあった時のために、ボーダーライン上に網を張っておく事で生まれる余裕ってのがあるんです。

 

貧乏時代の心を忘れずに

たかが1000万稼いだくらいで気が大きくなって、家計簿を付けなくなり、収入と支出のバランスすら把握せず、昼飯は700円以内と決めていたのにいつのまにか値段を見ず、ラーメンにミニチャーハンと餃子まで頼んでしまうようになり…。

 

調子に乗って金使った挙句いつまでたっても貯金できない人はたくさんいます。

 

そうならないためには貧乏時代の心を忘れずに慎ましく生きていくことが大切です。

 

 

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る