2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

年収と幸福度の関係

お金と幸せ

お金と幸せ(幸福感・幸福度)との関係について、株専業トレーダーの鎌田傳氏が記事を書いていました。これまでに何度か書いたことのあるテーマですが、再度ピックアップ。

 

今回の主題は「年収がどれくらいあったら幸せになれるのか?」というものです。鎌田傳氏は、「カネで幸せは買えない」・「世のため人の為に働く」という結論で落としています」。わたしも、基本的には「億万長者になっても幸せになれるとは限らない」という意見ですが…あえて質問に真正面から答えてみたいと思います。



年収2000万で幸せ?

「幸せになるためには、どれくらいの年収が必要か」…この問いに対し、世界の人たちは年収16万ドルと答えているようです(1ドル120円計算で、1920万円)。年収2000万円www相当高い水準のように感じられます。

 

「必要」の意味をどのようにとるのかで回答・額が変わってくるんじゃないでしょうか。

 

きっと、年収2000万円ってのは、「これだけ稼げば幸せになれるはず」という理想をうたったものでしょう。この意味での水準は…わたしは1000万円くらいかなぁw

 

金があるからって幸せとは限らない

ただ、お金があるからといって、幸せになるわけではありません。何かの記事で、「年収600万円を超えたあたりから、年収と幸福度の相関関係はなくなる」ということを聞いたこともあります。この情報によると、600万円あれば十分幸福になれるってことなんでしょう。

 

でも金は必要

稼ぎと幸せとは関係ない。そのように考える人も多いようですが、稼ぎが少なくてカツカツの生活をしていたら、幸福度も下がってしまいます。毎月赤字で火の車・借金取りに追われて夜逃げ寸前でも幸せ…そういうのは幻想・ごまかしにすぎません。「貧しくても幸せだ」ってのは、最底辺にまで堕ちたことがない人か、究極の状態で現実逃避せざるを得ないような人の言葉だろうと思っています。

 

幸せになるためには、ある程度の稼ぎが必要です。

 

この意味での、「必要」な額は…わたしは1人につき年150万円くらいかなぁと思っています。1月10万円ちょいですから、生活保護の水準くらいかな…。ゆとりのある生活といえるためには、もうちょい必要かなぁ。 わたしの場合、個人事業主として働き出して、半年くらいは年収100万円を切るような稼ぎで、今自分が幸福なのかどうかさえ考えなかった記憶がありますw150万円を超えてくると、幸せなのかどうか、現在をかえりみる余裕が出てくる感じ。

 

記事引用

Filthy Richは「超大金持ち」という意味ですが、初めてこの言葉を聞いたときは、ヘンな言葉だと思いました。なぜなら、Filthyの意味を英和辞典で調べると、一番最初に出てくるのは「物、衣服などが汚い、汚れた、不潔な」だからです。アメリカ人の潜在意識の中には、金は汚いものだ、という思いが刻み込まれているのかもしれません。

こういう記事があります。

 年収と幸福度の関係
ビジネス・インサイダーから

「超大金持ちになったけど、金は思っていたほど自分を幸せにしてくれなかった」、という意味になります。

「贅沢なことを言うな!」、と憤慨する人もいると思いますが、言ったのはこの人です。

 年収と幸福度の関係
写真:ビジネス・インサイダー

Social+Capital Partnershipの創始者、Chamath Palihapitiya氏です。ウィキペディアによれば、氏の個人資産は12億ドルということですから、明らかにFilthy Richに属する人間です。

Palihapitiya氏は、政府からの生活保護を受ける家庭で生まれ育ちました。

私たち一家が住んでいたのは、コインランドリーの直ぐ上でした。父親には職がありませんでした。フォーブス誌に世界長者番付が毎年掲載されますが、私の名前も、その番付にいつか載ることを夢見ていました。

12億ドルもの個人資産を築き上げたにもかかわらず、Palihapitiya氏は、なぜ超ハッピーな気分になれないのでしょうか?金があれば、やりたいことをいつでもできます。アホな上司の顔を見る必要もありません。子どもたちには、最高の教育を与えることもできます。

Palihapitiya氏の結論はこれです。

私は、自分の資産をもっと有意義に使うことが重要であることに気がついた。人々の助けとなる長期的、そして非現実的な目標に焦点を合わせて進んで行くのだ。私は巨大な遺産を残したい。

「富を求めるのはやめて、名声を求めよう」とも聞こえますが、氏は「世のため、人のため」に資産を使うことを決心したようです。

二年ほど前になりますが、こういう意見調査があります。

 年収と幸福度の関係
CNBC

質問: 幸せになるには、どれくらいの年収が必要ですか?

ドバイの人たちの回答は27万6150ドル、シンガポールは22万7553ドル、ホンコンは19万7702ドル、そして全体の平均値は年収16万1810ドルです。では、私たちは理想とされる年収を獲得したら、本当に幸せになることができるのでしょうか?答えは「ノー」だと思います。グーグルで検索したら簡単に分かりますが、多くの裕福な人たちが、「金では幸せは買えない」、と断言しています。幼稚な言い方で申し訳ないですが、「人のため、世のために働く」、というのが幸福への鍵ではないかと思われます。

via: 年収がどれくらいあったら幸せになれる?

 

関連記事

 

a3f2d3cd92a7617a8e9ee550bfb8adac 300x168 年収と幸福度の関係




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • ポヌール
    • 2014年 12月 28日

    どこぞの大学の調査だと年収700万だか800万だかで頭打ちとかだったな
    以降はストレスが上回る

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 28日

    お、おう・・

    • 2014年 12月 29日

    600あれば幸せかなー
    子供がいるなら別だけど

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る