2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネット広告がなかったとしたら?

アフィうざい

ネット広告ウザい!アフィまとめ記事滅べっ!

 

当サイトもいわゆるアフィサイトですが、ネット広告について消極的なイメージを持っている方も多いかと思います。わたし自身サイト運営をしていますが、プライベートでサイト閲覧をする際には広告邪魔だなぁといつも思っていますw

 

さて、はてな匿名ダイヤリーで増田が「アフィリエイトのないインターネットがあったら、今より素晴らしいものになると思う」という短文記事を書いてコメントが盛り上がっていました。

 

今より絶対素晴らしい物になると思うんだ。

反論ある人、ご自由にどうぞ。

 via: アフィリエイトのないインターネットがあったら

 

※アフィリエイトってのは狭義では成果報酬タイプのネット広告のことですが、今回は「ネット広告全般」をさしてアフィリエイトと言っているんでしょう。その前提で、ちょっと考察を…





ネット黎明期は広告はメジャーでなかった

ネット広告のない時代を考えるのであれば、ネット黎明期のことをまず考える必要があるでしょう。一般にネットが広まったのは15年前くらいでしょうか。

 

当時わたしもまだ若く、アングラなサイトを閲覧したりアレなサイトを閲覧して画像を保存したりしていました。クリックタイプのネット広告があったかどうかは覚えてはいませんが、ダイヤルQ2の宣伝みたいなスパムみたいなものはあったような気がします。

 

個人ブログ閲覧はしていませんでしたが、ブログで収益化なんてこともなく純然たる趣味みたいなサイトが多かったんじゃないかなぁと推測。 ※バナー広告が誕生したのは1996年4月のことだそうです。

 

 バナー広告(純広告)

  • 1996年4月、商用検索サイト「Yahoo! JAPAN」がサービスを開始
  • 1996年6月、「電通」と「ソフトバンク」の合弁によるインターネット広告を専門に扱う広告代理店「サイバー・コミュニケーションズ」設立
  • 1996年7月、「Yahoo! JAPAN」がバナー広告の取り扱いを開始
  • その後、「インフォシーク」、「goo」などの検索サイトを始め、朝日新聞、日本経済新聞などのWebサイトがサービスを開始

 via: インターネット広告(Web広告)の歴史|デジタルマーケティングラボ

 

いかんせんネット黎明期の経験が浅いので推測でしか語れないのですが…サイトは広告で収益化するものじゃなく、宣伝や情報共有の場だったと思われます。

 

広告が生まれなかったとしてもどこかで商業になっていたとおもう

個人が趣味や雑談のためのネットを利用とするのであれば、すべて有料サービスとなるでしょうし、無料ブログサービスなんてのも成り立ちづらいので参入へのハードルは高くなるはず…。

 

また、仮にネット広告が生まれなかったとしても、ネットは商業のために利用されていたんじゃないかなぁってのがわたしの推測。少なくとも「ステマ」は存在していたでしょうねぇ。

 

ネット広告を排除しても商業上のしがらみみたいなのは生まれてきていただろうし、ユートピアみたいな世界にはなっていなかった可能性が高いんじゃないかなぁ。

 

ネット広告業界は右肩上がりで成長を続けているようです。今後ネット広告が衰退していくってことは当分はない模様。ウザったいと思いながらもうまく付き合っていく必要があるんでしょうねぇ…。

 

関連記事

 

152d1ac9075cb10099e8ad016f8bc704 ネット広告がなかったとしたら?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る