2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネットで発言するときは批判を恐れてはいけない

気軽に発言できないネット

批判を恐れずに発言し続けていくってのはなかなか難しいものです。スマホ普及に伴ってバカッター炎上事件などが急増し、なかなか気軽に発言できないような状況になってきています…

 

で、そのような状況について、ブロガーかさこ氏が、珍しく多くの人から賛同してもらえるようなエントリーを書いて話題になっていますw

 

かさこ氏いわく…

 

  • ・安藤美姫叩きのような批判は性根が腐っている、嫌ならみるな
  • ・昔のネットに戻れみたいな懐古主義は老害的発想だ
  • ・炎上して発言をやめるのはもったいない、批判を恐れず発信していけばいい

 

かさこ氏の記事、これまでに何記事か取り上げていますが、これだけ論理がすっきりしている記事も珍しいwわたしの感想は、各論反対・総論同意ってところ。



コメントを見なければいい

批判を恐れず、はっきり物事をいう。これって、わたし自身もなかなかできないことですが、ネット上で価値を生み出すためにはやっぱり必要です。アンチができるくらいの個性がないと、ネットでは輝けない(わたしは輝く必要は別にないと考えていますが…w)。

 

かさこ氏も指摘していますが、批判がどうしても怖いって方は、ブログのコメント欄を閉鎖するのが一番です。もしくはコメントは見ないようにする。

 

かさこ氏は言いたいことを言うのがベストだ、って立場ですが、わたしはストレスなく発言・生活できる環境づくりが一番だと考えています。ですから、プライベートでやっているツイッターでは、ちょっとでもストレスを感じたらカジュアルにブロックしています。

 

ブログやSNSをどのように利用していきたいのか、それをはっきりさせた上で環境づくりをしていくってのが重要かなぁ、と。

 

安藤美姫の件

ところで、安藤美姫が写真を公開し批判され、「いやなら見るな」と反発したって件について。私からすると、安藤美姫が「いやなら見るな」っていうのはちょっとブーメランのように感じられるなぁ。現代社会で、批判自体をゼロにするのは無理です。嫌なコメントは見ないようにするってのがあるべき姿かなぁ。

 

安藤美姫の結婚については、いろんな経緯があったわけで、一挙手一投足に批判が集まるのもやむを得ないだろっては思う。

 

まぁ、SNSなんかが発展して、どんな発言でも批判が巻き起こるようになったってのは事実。その意味では、窮屈になってはいるんだよなぁ。それに真っ向から立ち向かうのか、それとも回避すべく自衛策をとっていくのかって問題。

 

記事引用

昔に比べてネットでくだらん批判が増え、情報発信がしにくくなったみたいな記事がいくつかあった。

確かに最近異常といえば異常で、フィギュアスケーターの安藤美姫さんが、交際相手と子供の3ショット写真を公開したところ、批判コメントもあったらしく、それについて、「私の事が心から嫌いなのであれば見なければいい」と反発。

ほんと、もっともだと思うわけです。自分のことを批判されたなら反論するのは構わないけど、自分に関係ないことをただ叩きたいがために批判する無駄。嫌いなら見なきゃいいのに、わざわざ見て批判しておもしろがる、腐った神経の輩が増えたことは確かだろう。

ただ最近むやみやたらに批判する輩が増え、ネットが窮屈になったから、昔みたいに牧歌的なネット時代に戻れみたいな懐古主義はばかげている。私も2000年から個人ホームページを立ち上げ、ほぼ毎日今に至るまで記事を更新し続けているが、ダイヤルアップ接続でブログやSNSもなく、個人ホームページやっていた牧歌的な時代には戻れないわけで、昔はよかった、今はダメというのは、完全に思考停止の老害状態だと思う。

また最近ネットが窮屈になったから、発信をやめてしまう、もしくは発信を控えめにするというのも、あまりにもバカげた議論だ。

昨年末、私から見たら別に炎上でも何でもない、まともなことを言っていた人がいて、でも動物がらみの話だったために賛否両論が入り乱れ、否定意見に慣れていない発信者だったのか、この騒動があってブログでの発信をやめてしまった。

ああ、もったいない。なぜやめちゃうの?自分の意見に自信があれば、くだらん批判ごときでやめる必要はない。むしろ批判が多いなら、きちんと反論すればいいわけだし、もしくはくだらん批判なら無視すればいいわけだし、批判で意見が変わったなら、こんな風に意見が変わったと書けばいい。
くだらん批判ごときで発信をやめてしまうことほどもったいないことはない。

また発信はやめないまでも炎上になることを恐れて、はっきりと自分の意見を言わない個人ブログも多いが、そんなんだったら個人ブログで発信する意味ないんじゃない?やめた方がいいんじゃない?みんなにいい顔してどっちつかずのはっきりしない意見なんて、ネットにあふれる情報の海の中でゴミでしかない。
自分はこう思うということをはっきり言う。それが個人ブログのいいところなのに、ネットが窮屈だから控えちゃうなんて実にもったいない。

わざと炎上を狙って、おかしなことを言い、アクセス集めて広告やアフィリエイトで稼ぐ、みたいな卑しいブログやパクりバイラルメディアになる必要はないし、誹謗中傷や事実誤認はまずいけど、自分はこう思うという意見があるならはっきり言えばいい。

とはいえ仮に100人が賛同していたとしても、1人くだらん批判コメントがあったりすると、萎えるのは確か。
でもたった1人の叩きたいがためのくだらん人間のために、賛同している100人を無視して発信を控えるなんて、バカげているにもほどがある。

昔に比べてネットでくだらん批判が増え、情報発信がしにくくなったみたいな記事がいくつかあった。

 

via: ネットが窮屈になったとかいうくだらない議論~批判を恐れず発信すればいい

 

関連記事

 

614d07ac9f2ada87f3e07ef56dc7d01f ネットで発言するときは批判を恐れてはいけない




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • キジトラさん
    • 2015年 2月 11日

    批判なら反論すればいいし、まっとうな批判なら受け入れることもできる
    だが、ネットにあふれてるのは批判じゃなくて批難ばかり
    感想と評価の区別もついていない

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 11日

    批判は恐れてないよ。難癖ばかりだからやる気が無いんだ。

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 11日

    嫌ならみるな、で本当に困ってるテレビ局あるじゃん
    で、それと同じ事が起きると思うんだけど、ネットってそんな局地的な話じゃないんだよw

    後、難癖に疲れるんなら、ネットコンテンツを作るのをやめたら?

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 11日

    非難じゃなくて中傷だろ。非難自体は正当な行為だ。

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 11日

    それと、コメント欄に書かれるコメントに、自分たちなりのフィルターをかければ良いんじゃない?
    全部を読まない、ではなくて、このコメントは難癖ぽいから、見る時は要注意、みたいな、
    コメントの内容を読む前に、コメントの内容の傾向がわかる様にする感じ

    同じ人でも、コメント内容の差は結構激しいでしょ?
    だから、IDや人を特定するので無くて、コメント内容の方の精査をする仕組みを、運営側が作った方が手っ取り早いし、ストレスも軽減できると思うよ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る