2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネット専業で生きていける3つのお仕事 

ネットで生きていく手段

ネット専業で生きていく・稼いでいくためには、まずどのような手段があるのかを知る必要があります。目的は金を稼ぐこと・生活すること。そのための手段・方法には、様々なものがあります。

 

ウェブライター・サイト運営・サイト作成など、インターネットサイトに関するだけでも、多種多様な生き方が考えられます。Amazonせどりや、ネットショップ運営という選択肢もあるかもしれません。

 

「ネット専業で生きていくための方法」第2回では、ネットの仕事の種類の中でも、わたしが実際にやって稼いでいる3つの方法を紹介していきます。



1.ウェブライター・フリーライター

ホームページの具体的な内容・文章を書いてお金を稼ぐ方法です。文章を書くことさえできれば誰でもチャレンジすることができますし、SOHO・クラウドソーシングなどで簡単に仕事探しすることもできます。

 

ただし、大儲けするのは至難の業。最初は、最低賃金以下の稼ぎを覚悟しなければなりません。慣れてきても時給2000円稼げればいい方といったところでしょうか。フリーターやるよりマシって程度にはすぐもっていけます。

 

ちなみに、わたしは3年間ウェブライターをやっていますが、時給2000~3000円程度で毎日1~2時間程度やっています。

 

後の連載で取扱いますが、ライターで下積みをしておくと、サイト運営がグッと楽になるというメリットがあります。自分でコンテンツを作成できる能力ってのは、ウェブを専業にするために欠かせない能力です。

 

2.サイト運営・ブロガー

HPやブログなどを自身で作成・運営して、ネット広告で収益を上げるという方法です。

 

どういうサイトを作ればいいのか、どんなコンテンツにすればPVを稼ぐことができるのか、デザイン・広告の種類は…など考えなければならないことが山ほどありますが、慣れて軌道に乗り出せば一番楽に稼げる方法です。わたしの収益(月50~100万円)の80%以上はウェブサイト運営からあがっています。

 

サイト運営の具体的なスキル・コツなどについては、連載で詳しく取り上げていきます。

 

3.サイト作成・デザイン

人のサイト・HPを作成・デザインして稼ぐ方法です。ライターのスキルやHTML・CSSなどの知識が必要となってきます。

 

慣れてくれば、簡単なサイトですと1日で作ることができるようになります。

 

まだHPを導入していない企業に営業をかけるもよし、SOHOなどで受注するもよし。1日で数十万円を一気に稼ぐことができる方法ですが、どうしても企業などにいるプロには敵わないなぁってのが私の体験談ですw

 

HTMLなどの最小限の知識はサイト運営にも必要になってくるので、勉強しておいて損はない分野って程度です。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

imac 600x527 ネット専業で生きていける3つのお仕事 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る