2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネットで稼ぐにはWEBライター兼サイト運営が最強 

ライターとサイト運営二足のわらじ

「WEBライターがサイト運営者になったら最強じゃね…?」 1年前、ライター歴1年半のわたしが思っていたのは、このことばかりでした。で、実際に運営に乗り出してみたら、月収が1年で15万円から50~100万円に…!

 

この記事では、ライターとサイト運営の相性について、力説してみたいと思います。



ライターをやって身についたスキル

ウェブライターをやっていると、「コンテンツ」を量産するスキルが身につきます。業者と契約していたときなんかには、1記事400文字のカス記事を1日に300記事書いたこともあります。そこそこ質を保った記事であっても、1日20~30記事くらいは書けるようになってくるものです。

 

サイトも作ってみた

で、サイトは、50~100記事コンテンツがあれば、ある程度のPVを見込めると言われています。3日で1つのサイトが完成するとすれば、相当稼げそうな気がしませんか?

 

わたしは、1つのサイトで1日10記事を更新するというスタイル(キジトラ速報に近い形)でメディアを作りました。ライターと兼業しながら、どうにかやっていける数。プロブロガー・イケダハヤトさんのように知名度はないし、ソーシャル拡散もされないけど、オリジナルの文章がGoogleさんから評価されたのかそこそこのPVを稼げるようになっています。(※他にも複数のメディア・サイトを作成して収入を確保しています。)

 

サイト運営は、PVを稼いだだけではだめで収益化にも力を注がなければならないんですが…そのあたりについては、別途記事を書く予定です。

 

とりあえず文章を書こう

これからウェブ専業を目指したいという方は、とにかく文章を書くことをオススメします。わたしは、ライターで下積みしてから、サイト運営に乗り出しましたが、サイトが成長するのには時間がかかるので同時並行でやっていくのがベターだと思っています。

 

最初のうちは、サイト収益は上がらないでしょうから、ブログをちびちび更新でもしながら、ライターとして経験を積むってのが無難かもしれません。ライターですと、1記事150円くらいは稼げますので…(ネット広告の収益で、1記事150円をたたき出すのは意外とハードルが高い)

 

外注も有りだけどデメリットも多い

もちろん、キジトラ速報がやっているように、ライターを雇って外注して記事を書いてもらうってのもアリなんですが…その場合には、ライターが書く文章が質が高いのかどうか判断するスキルが別途必要となります。SOHOで応募してくるライターって途中で音信不通になることも多いし、クソみたいな日本語書いてくる人も多いので、そのあたりの手間も考慮する必要があります。

 

キジトラ管理人は、外部に任せられる部分は任せた方がいいという考え。わたしは、自分でやれるようになっておいた方がいいという考え。どっちも矛盾するわけではありませんが、どちらに重きを置くのかを考えておくのは必要かもしれません。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

572fd78ba8bbf30327370943fb61a3cb ネットで稼ぐにはWEBライター兼サイト運営が最強 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る