2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【慰安婦問題】テキサス親父、在特会、幸福の科学などネトウヨの教祖達が国連で華麗な自爆芸を披露する 

ネトウヨの親分達が国連デビューを果たす!

すでにニュースになっていますがネトウヨの教祖達が国連で暴れてきたそうです。参加した主なメンバーはこちら。

 

  • 元在特会副会長、現なでしこアクションの山本優美子(桜ゆみこ)氏
  • テキサス親父と日本事務局
  • 論破プロジェクト(アングレーム漫画祭で暴れてた幸福の科学の団体)
  • 歴史の真実を求める世界連合会(慰安婦像でグレンデール市を訴えた団体)
  • 慰安婦の真実国民運動

 

など。名前見るだけでネトウヨがお祈り捧げそうなメンツですね。百田尚樹氏や中山成彬氏も参加していれば完璧でした。





議事録

とりあえず国連人権委員会に記録された議事録を転載します。

 

The Human Rights Committee today completed its consideration of the sixth periodic report of Japan on its implementation of the provisions of the International Covenant on Civil and Political Rights.

Presenting the report, Takashi Okada, Deputy Permanent Representative of Japan to the United Nations Office at Geneva, said that the Government of Japan had been making vigorous efforts to protect and promote human rights, and the current report had been prepared in a wide consultative process, involving various Ministries and civil sector. The Government aimed to increase the presence of women in leadership positions to 30 per cent by 2020, and would make efforts to realize a society in which all women excelled. Major progress had been made in the elimination of discrimination against children born out of wedlock. The entire Government was also working in a concerted manner for the prevention and eradication of trafficking in persons and the protection of victims.

During the discussion, Committee Experts asked questions about gender inequality, in particular when it came to the age of marriage for boys and girls, age for sexual consent and the minimum period of time before a divorced woman could remarry. Discussion was also held on the detention system, known as daiyō kangoku, the absence of an independent national human rights institution, treatment of patients in mental hospitals, applicability of the Covenant in Japan’s domestic legislation, treatment of the lesbian, gay, bisexual and transgender population, non-refoulement and treatment of asylum applicants, and consequences of the Fukushima disaster. The status and human rights of the Ainu people were also raised. The Experts wanted to hear more about crimes that could lead to the death penalty, and the issue of the Second World War comfort women was discussed at length.

In concluding remarks, Nigel Rodley, Chairman of the Committee, said the State party seemed to be regularly appearing before the Committee and receiving recommendations, which were then not acted on. Respect for human rights should not be a matter of available resources, especially if it came from a developed country like Japan; a case in example was the daiyō kangoku system. The other recurring key issue was the one of comfort women: the Committee could not understand the distinction between women being forced into sexual slavery and them being used against their free will. While the Committee recognized that Japan was by and large a country respecting human rights, with an active and open civil society, that did not mean that there were no serious problems adversely affecting human rights. It was hoped that the following review of Japan’s report would not need to address all the same issues once again.

Osamu Yamanaka, Director, Human Rights and Humanitarian Affairs Division, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs, thanked all the members of the Committee for the constructive dialogue. The protection and promotion of human rights was a long process for every country. The delegation had tried to respond, in good faith, to all raised questions. The Government would continue to make efforts in that regard, and was ready for further cooperation with the international community.

The delegation of Japan included representatives of the Cabinet Secretariat, Ministry of Foreign Affairs, Gender Equality Bureau, Ministry of Justice, National Police Agency, Ministry of Education, Sports, Science and Technology, Ministry of Health, Labour and Welfare, and the Permanent Mission of Japan to the United Nations Office at Geneva.

The next public meeting of the Committee will take place at 10 a.m. on Thursday, 17 July when it will continue its discussion on the Draft General Comment on article 9 on the right to liberty and security of person.

Report

The sixth periodic report of Japan can be read here (CCPR/C/JPN/6).

Introduction of the Report

TAKASHI OKADA, Deputy Permanent Representative of Japan to the United Nations Office at Geneva, said that the Government of Japan had been making vigorous efforts to protect and promote human rights. A number of Ministries and agencies had engaged in the preparation of the current, sixth periodic report. The Government had also welcomed opinions from civil society at large through the website of the Ministry of Foreign Affairs. The Government recognized the importance of dialogue with civil society with a view to promoting respect for human rights.

Japan was going to mobilize the power of women, which had the highest potential in Japan to lead growth, while strengthening cooperation with the international community and assistance to developing countries. The Government would aim to increase the position of women in leadership positions to 30 per cent by 2020, and would make efforts to realize a society in which all women shined. Efforts would continue to eliminate all forms of violence against women, in line with the act revised in 2013.

Following completion of a series of relevant legislative measures with the enactment of the Act on the Elimination of Discrimination against Powers with Disabilities in June 2013, Japan had in December 2013 become the 141st State party to the United Nations Convention on the Rights of Persons with Disabilities, and the Government was committed to further intensifying its efforts in that regard.

The revised Act on Mental Health and Welfare for the Mentally Disabled required the formulation of guidelines that defined the direction of mental health services, a review of the procedure of involuntary hospitalization, and additional measures by the managers of mental hospitals to facilitate the discharge of patients from hospitals.

Japan was facing a situation that could be described as a “low birth rate crisis”, which could affect the foundation of its social economy. Major progress had been made in the elimination of discrimination against children born out of wedlock, particularly in the acquisition of nationality and the right of inheritance. The revision of the Nationality Act in 2008 had abolished the marriage requirement and enabled the acquisition of Japanese nationality only by acknowledgement.

Recognizing that human trafficking was a serious crime and a violation of human rights, the Government had formulated an action plan to combat trafficking in 2009. The entire Government was now working in a concerted manner for the prevention and eradication of trafficking in persons and the protection of victims. There was an inter-ministerial liaison committee in place, whose meetings were held on a regular basis, and special measures for the protection of victims had been introduced.

In 2009, a major change had taken place in the criminal justice system, with the introduction of the lay judge system, under which judges selected from the general public now took part in criminal trials. It aimed to establish a stronger public basis for the criminal justice system. Audio-visual recording of interviews on a trial basis had been conducted in more than 90 per cent of the cases subject to lay judge rulings during 2012 and 2013. The advisory board had been considering the concrete design of the system.

OSAMU YAMANAKA, Director, Human Rights and Humanitarian Affairs Division, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs, proceeding to summarize Japan’s responses to the list of issues, said that treaties ratified by Japan were given precedence over domestic statues. Direct applicability of the Covenant was decided on a case-by-case basis; the Covenant’s provisions were already contained in many domestic statutes.

Regarding the First Optional Protocol, Japan found individual communications to be noteworthy and would seriously consider that issue taking into consideration the positions of different sectors.

Laws and regulations in Japan contained provisions to prohibit any discriminatory treatment. On gender equality, the State was committed to promoting a society in which women were emancipated and were given an opportunity to shine. The national and local governments were cooperating with women groups on combating domestic violence.

The Government believed that each State should decide on its own merits whether the death penalty should be abolished or not, with full attention given to public opinion. The great majority of the Japanese were in favour of the death penalty for the most atrocious crimes. The death penalty was imposed only in the most limited cases, for which it seemed unavoidable.

Audio and video recordings were edited and shortened, in agreement with both parties in the case, in order to speed up the proceedings in courts. Given the unpredictability of various criminal cases, it was difficult to predict the duration of an investigation. Nonetheless, examinations were avoided at late night hours and for more than eight hours at a time, unless exceptional circumstances required otherwise.

In Japan, all citizens were allowed to practice their traditional lifestyles, use their languages and exercise their religions freely, including citizens of Okinawa. Nonetheless, the Government of Japan recognized only the Ainu people as an indigenous people.

The Government of Japan had repeatedly expressed its feeling of deep remorse and deep apology over the suffering of all victims of the war both in Japan and abroad. The State had dealt with the issue of compensation pertaining to the Second World War, including the comfort women.

Regarding protection of victims of trafficking in persons, the number of arrests had increased from 28 in 2009 to 44 in 2012. When a victim of trafficking applied for an extension of period of stay or change of a status of residence, permission was granted in principle after due consideration was given to her circumstances. Police and public prosecutors underwent tailored trainings on sensitization for dealing with that problem.

Earlier, a child born out of wedlock who had not been acknowledged before birth but had been later acknowledged by the father, who was a Japanese citizen, might have acquired Japanese nationality through notification to the Minister of Justice, if he or she was under 20 years of age. That provision had subsequently been removed by the Supreme Court, so currently there was no requirement for parents to be married, and a child out of wedlock would need only to be acknowledged by either the father or the mother. Therefore, discrimination concerning the acquisition of nationality had been eliminated.

Efforts were being made to prohibit corporal punishment in schools, and the Ministry of Education was widely disseminating the fact that any corporal punishment was strictly prohibited under the Schools Education Act. Promotion activities in collaboration with schools and local communities were being conducted, and a hotline for children was in place. There had been 370 recorded cases of corporal punishment in 2012.

Questions by Experts

An Expert noted that 2014 marked the thirty-fifth anniversary since Japan’s ratification of the Covenant. Nonetheless, there were a number of recurrent concerns on which no steps seemed to have been taken.

On the direct applicability of the Covenant, could the delegation shed as much clarity as possible on the status of the Covenant by explaining which provisions were considered as self-executing? Could some concrete examples be provided of the legislation which was a proof of domestication of the Covenant? Was the violation of the provisions of the Covenant recognized as a ground for appeal to the Supreme Court?

What was the current position of the State party on accession to the First Optional Protocol? What was the outcome of the study conducted on that matter? What lessons had Japan learned from more than 120 States which had acceded to the Protocol?

The Expert inquired about the lack of progress in the establishment of an independent national human rights institute. As the role of such an institute seemed indispensable and crucial, what obstacles to its establishment existed in Japan?

While Japan’s legislation provided that all people were equal before the law, it also read that “unreasonable discrimination” was prohibited. The Committee had already asked the State to define what constituted “unreasonable discrimination”, but no reply had been provided thus far. Was Japan planning to adopt a comprehensive national anti-discrimination law, which would prohibit all kinds of discrimination? Were there plans to have a statutory organ to deal with discrimination?

Another Expert said that the prevalence of domestic violence remained high in Japan, while the number of convicted perpetrators was very small. It took about two weeks for a woman to receive a protective order. Could the delegation provide information about protection from violence for persons in same sex or dating relationships, who were not protected under the existing act?

The Japanese Daiyō kangoku detention system went against human rights principles and had no comparison in the world. Under the Daiyō kangoku system, detention cells were found in police stations and were used as legal substitutes for detention centres, or prisons, and allowed 23 days of detention before charges were brought. Multiple human rights treaty bodies had expressed their concern over that issue.

The discriminatory minimum age of marriage between men and women still remained in place. The limitation for women not to remarry within six months of a divorce was also still applicable.

Was it true that persons could be sent to mental hospitals involuntarily just with the view of preserving their family reputation? While Japan was starting to expand services outside of hospitals, thousands of patients remained in hospitals because they had nowhere else to go.

The Expert regretted that Japan opted not to ratify the Second Optional Protocol, or at least adopt a moratorium on the death penalty, in the year of the twenty-fifth anniversary of the adoption of the Protocol. There seemed to be an inappropriate level of secrecy surrounding the execution of the death penalty in Japan. Was the State party executing prisoners while their requests for pardon were still pending? Why did the State not respect the confidentiality of meetings between death row inmates and their lawyers?

Another Expert asked about the lack of success of Japan to fully integrate women in employment and promote them to senior positions. Could more information be provided on the actual gap in wages between men and women? Had the Government never conducted a survey on the conditions of employment of minority women in Japan?

There seemed to be hundreds of racist demonstrations and speeches in Japan in 2013, mostly in Korean neighbourhoods. Was racist and hate speech not punishable as such, but only if it led to physical attacks?

The Expert asked for more information on audio and visual recordings of confession interrogations, and interrogations of witnesses. Could more light be shed on the supervisory mechanism in that regard? Was there a common practice in Japan to handcuff persons who were being interrogated?

Had the State party given consideration to earlier recommendations to investigate allegations of torture of detainees and prisoners?

The issue of gender and lesbian, gay, bisexual and transgender rights was raised by an Expert, who wondered if the label “gender disorder”, used in Japan, was derogatory. Were transgender persons recognized by law, and was there a law prohibiting discrimination on the ground of gender identity and sexual orientation? What were the number of investigations into harassment of lesbian, gay, bisexual and transgender persons?

Had the State party made any provisions for non-citizens who had contributed to the national pension system? How many non-citizens, in particular Koreans, received pension benefits and how much did they receive?

An Expert asked about measures taken by the Government to prevent reported abuse in psychiatric hospitals. Were enough resources invested in providing community-based alternatives?

Was the surveillance by the police in the context of the fight against terrorism still ongoing? Had people, mostly Muslims whose data had been breached, been given any reparations?

Response by the Delegation

On Japan’s legal framework, the Constitution read that Japan needed to comply with the international treaties it accepted. Such treaties preceded domestic law and could be immediately applied, on a case by case basis. In lawsuits, concerned parties could make references to the Covenant. In 2013, for example, a court had made a decision that the law discriminating against children born out of wedlock to one foreign parent was unconstitutional.

There was training in place for judges on international human rights covenants and their application. Public prosecutors also attended a number of lectures, which were aimed at providing sufficient education.

Answering to the question on the individual communications procedure, Japan believed that it was an effective system ensuring proper implementation of the Covenant. The Government needed to study administrative measures in that regard, and was collecting information from several countries.

On the enactment of the comprehensive prohibition of discrimination, a delegate said that the Constitution stated that treatment of all before the law was impartial. All citizens, for example, had an equal right to obtain education in accordance with their abilities; without justifiable grounds, medical consultations or public transportation could not be denied to anyone.

Regarding non-nationals who were victims of domestic violence, speedy reaction by the State was necessary. Various circumstances were taken into consideration when screening persons for residence permits. The Government was doing its best to respond to such cases on humanitarian grounds. Courts could issue protection orders.

Same sex couples were not excluded from public housing; who would be granted public housing was left to local governments to decide.

The bill on a new human rights relief institution had been removed from consideration when the previous Parliament had been dissolved. Discussions were taking place concerning the scope of authority of such a body.

The minimum age for marriage was decided on the basis of the maturity levels of boys and girls. The marriage of youngsters who were not able to live a married life should be prohibited.

Explaining the prohibition period after divorce, the delegation stated that new-born children of a woman who was pregnant at the time of her divorce might have difficulties identifying with their father if the mother remarried immediately after.

The detention of suspects in police detention facilities was very convenient, allowing families to visit the suspect and the lawyer to regularly visit the suspect. It was not realistic to prohibit the use of detention facilities in police stations. Detainees could appeal to a public detention commission. Detained suspects were always immediately advised that they could choose a lawyer for their defence. If a person could not afford a lawyer, a court would appoint one.

A delegate said that under the present framework, when there were violations of prisoners’ human rights, appropriate actions were taken.

The delegation reiterated that there should be no discrimination against children born out of wedlock.

On the definition of “reasonable discrimination”, the Supreme Court was in charge of prohibiting discrimination unless there were rational grounds for it.

Answering questions on hate speech, a delegate said that there were some types of hate speeches which would not fall into the free speech category. The Government was continuously working on awareness raising activities.

Regarding the question of the death penalty, only essential information on it should be released to the general public following the execution. There were 19 crimes which could be punished by the death penalty, including insurrections, instigation to foreign aggression, arson of inhabited buildings, overturning of trains, pollution of water supplies by poison, homicide, robbery or rape causing death, illegal use of explosives, murder as a result of dual, abduction of aircraft leading to death, killing of hostages, organized murder, and piracy leading to death.

External doctors often provided estimates of the state of health of those sentenced to death. If a person was found to suffer from lunacy, the sentence could be suspended. The State made sure that it took all appropriate measures. Ten meetings of the study group on pros and cons of the death penalty had taken place, after which its mandate had been terminated. The conclusion of the study group had been that it was not appropriate to come to a conclusion at that stage.

On rights of lesbian, gay, bisexual and transgender persons, it was explained that the Government was consulting with non-governmental organizations, and investigations were quickly started if there were indications of violations against anyone on the grounds of gender identity disorder. Mental health welfare centres provided special counselling for those people. Very detailed, fine treatment was provided for youth in such situations. In 2008, the rule had been amended so that a person requesting legal change of gender should not have any underage children at that time.

Detention was put in place under strict prescribed conditions, and the period of 23 days was not considered as long.

Very aggressive evidence collection measures were not carried out in the criminal procedures in Japan. Audio-visual recordings of interrogations were being done on a trial basis in cases with lay judges, and could move to full scale following further legal discussions. Witness interrogations were also recorded. Recording all of the cases was a point of concern, both material and personal. Investigations could be suspended if certain violations of the process were acknowledged. Handcuffing of suspects during investigations should be avoided.

On national pensions for foreigners, it was stated that a person would need to have participated in the pension system for a certain period, particularly between 1961 and 1981. Those who had worked over 35 years would thus be included in the pension scheme. The Government did not have data on the nationality of pensioners, as it did not ask for the declaration of their nationality.

Pregnancy or giving birth was one of the reasons that many women left the workforce. Nonetheless, the law prohibited disadvantageous treatment of such women by employers. If a company did not comply with regulations, its name would be published, for the purpose of “naming and shaming”. There were very few women who had knowledge and skills to take managerial positions.

Answering questions on mental welfare, a delegate said that managers of psychiatric hospitals were obliged to discharge patients should they so request. There was a rigorous procedure for the hospitalization of mental patients. Community-based, home-like treatment was also an option in lieu of hospitals at an appropriate stage. There was a law in place on the prevention of abuse of disabled persons.

There were efforts in place to increase the number of women candidates in elections and companies. The Prime Minister himself had spoken to private companies about increasing the number of women on company boards. Japan’s revitalization strategy included guidelines for a more active participation of women.

With regard to domestic violence, the delegation said that counselling services were provided at spouse violence consultation centres and women consultation offices. The average period for a hearing to issue a protection order and the subsequent procedure took up to 10 days.

Questions by Experts

An Expert asked about abductions, involuntary confinement and “deprogramming” of members of Jehovah’s Witness and other churches by their own family members. What would the State party do on that matter?

How did the State party ensure that restrictions of freedom of expression did not go beyond those prescribed by article 19.3 of the Covenant?

Standards for classification seemed unclear, especially having in mind high penalties in place for the disclosure of classified information. What were the safeguards to ensure that the prosecution of persons not abiding by the relevant act took place only when necessary?

The issue of minorities was raised by the Expert, who inquired about the failure of the Government to recognize the people of Okinawa. What special positive measures were planned in order to protect special life styles of the ethnic minority groups?

Another Expert stressed that the delegation’s argument on why divorced women should not be allowed to remarry within six months was very weak, given that they now lived in the age of DNA technologies, where paternity of a child could be easily established.

The Expert understood that Japanese laws prohibited non-refoulement, but there were no legal procedures in which persons could be heard. The lack of appeal mechanisms for asylum seekers was also raised and a court process seemed like the only available option. Was there a new law in force which would increase the protection of asylum seekers and postpone the departure of individuals before the risk for them was established? What was done to prevent ill-treatment of those set to be deported?

Numerous reports had criticized Japan for not accepting responsibility for war crimes and crimes against humanity in the Second World War. Japan believed that it was not appropriate to bring up the issue of comfort women in the current issue, but did not inform about measures taken to provide those women with full and effective redress. An Expert said that it was high time to replace the euphemism “comfort women” with “enforced sex slaves”. What remedies were available in Japan for those victims, and how many judicial claims had been brought to Japanese courts and with which result?

The Expert commended the amendment of the Nationality Act, but noted that the registration of children born out of wedlock was still cumbersome. What obstacles remained and prevented that issue from being resolved? How about children of migrants?

Another Expert asked if the Government was planning to promote the self-executing character of all rights under the Covenant. While the accession to the First Optional Protocol would make the Covenant more visible and enhance the protection of human rights at the domestic level, what would the timeframe for it be?

Which obstacles existed for the establishment of a national human rights institution?

What definition of trafficking was the 2009 Action Plan based on?

The Expert expressed shock at the high number of deaths of foreign technical trainees in the industrial training programme, which was harshly criticized by civil society and United Nations experts. Was the State party planning to replace the present programme with an employment programme and do more to protect the right of migrant workers?


Another Expert asked why the State objected to having legislation on prohibiting sexual harassment.

Was the State committed to curbing hate speech amounting to incitement?

Were persons who went voluntarily for interrogations at police stations, and those in Daiyō kangoku detention allowed to meet their lawyers as soon as possible, including at the commencement of interrogations?

A question was asked on why the State did not take faster action on the minimum age of consent for sexual relations.

Returning to the issue of the death penalty, an Expert asked about the criteria of criminal policy which led Japan to maintain it for 19 offences, including betrayal of the State.

The issue of the follow-up to the Fukushima disaster was raised by another Expert. What had been the causes of disaster-related deaths? Did they include cancers? Would those evacuated be forced to return to contaminated areas?

Response by the Delegation

Regarding the law on specially designated secrets, every citizen could formally request disclosure of administrative documents. The right to hold opinion and freedom of expression was not breached, but under certain conditions, information of a particularly confidential nature would need to be preserved for national security reasons. That legislation was similar to those of other countries.

The non-refoulement principle was incorporated in Japanese policies, a delegate explained. A refugee would not be deported if there was a threat to his life or well-being. Continuous, hands-on training was provided for officers, including on deportation. A subcommittee was in place for granting refugee status.

The technical engineering training system was used to transfer knowledge and technology to developing countries. If there were any human rights or labour rights infringements, the Ministry of Labour would issue sentences and suspend the acceptance of trainees in those companies. Based on the existing reports, further revisions of the system would be undertaken.

With regard to the Ainu people in Okinawa, nationally owned land was used to provide and secure lands necessary to pass on Ainu culture and way of living. The Ainu people were recognized as having their separate culture and language, and those rights were not denied. No other group enjoyed such recognition by the Government. The Ainu language was one of the languages that UNESCO had designated as being at threat of distinction.

On the Fukushima disaster, a delegate stated that the risks of radiation were communicated to the population accurately and speedily.

Accession to the First Optional Protocol was being seriously considered, but no further commitment could be currently made.

Local public servants were trained on human rights of foreign nationals. A dedicated foreign nationals page had been created on the webpage of the Foreign Ministry website. A delicate balance had to be found for limiting hate speech without infringing on freedom of expression.

Answering questions on the establishment of a human rights institution, many pros and cons had been presented in discussions. The resolution of the previous Diet had led to scrapping of the drafts to establish such an institution.

Human rights of children born out of wedlock were respected, a delegate reiterated.

The minimum period of six months before a divorced woman could remarry was in line with public opinion. DNA analysis was not possible in each situation. The Government was considering raising the age of consent for sexual intercourse and looking at other countries’ best practices.

The delegation stressed that capital punishment was imposed only for the most heinous crimes.

When a person was detained, there were no limitations for him meeting his lawyer. As for the time of the meeting, there were no restrictions. In 2013, there had been 600,000 meetings between detainees and their lawyers. However, phone calls were not permitted; staff of detention facilities would inform the lawyer on behalf of the detainee. Shortly after arrest, suspects could appoint their lawyer.

Investigations were made on reported cases of enforced victimization on religious grounds by family members.

A delegate explained that a lot of courts in Japan were considering different provisions of the Covenant and the recommendations of the Committee.

Various State agencies were working together to aggressively combat trafficking in persons. The Palermo Convention had not yet been ratified in the Diet. Some 356 women had been given temporary protection so far.

The 1965 Japan-Korea Treaty had dealt with property rights and claims between their nationals, and those issues had been closed. The term “sexual slaves” was not appropriate. In 1993, an official statement had been issued by the Government of Japan on that issue, which had partly recognized the forceful nature of the use of comfort women. The Kono statement would not be reviewed.

Corporal punishment was strictly restricted under the Basic School Education Act, and disciplinary actions would be applied against persons using those measures. Hotlines were available for children to report any such occurrences. Child guidance centres were also operational. Abusing children at home was also strictly prohibited.

Technical trainees were protected in accordance with labour standards. In some cases, judicial dispositions were needed.

National discussions on punishing sexual harassment in the workspace had not yet been developed, the delegation explained.

Questions by Experts

An Expert asked if the State tuition programme applied to Korean schools.

On corporal punishment, another Expert quoted a survey that 58 per cent of Japanese adults believed it was necessary, and 65 per cent admitted having physically punished their children.

An Expert referred to the 1926 Slavery Convention, which contained the most comprehensive definition of slavery, including sexual slavery.


How did the new legislation on State secrets change the situation hitherto, another Expert asked.

Concluding Remarks

OSAMU YAMANAKA, Director, Human Rights and Humanitarian Affairs Division, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs, said that the State party had carefully considered the Slavery Convention and did not consider comfort women as a slavery issue. He thanked all the members of the Committee for the constructive dialogue. The protection and promotion of human rights was a long process for every country. Japan had tried to respond, in good faith, to all raised questions. The Government would continue to make efforts in that regard, and was ready for further cooperation with the international community.

NIGEL RODLEY, Chairman of the Committee, said that there were two issues worth mentioning. One was the repetition of the process, with the State party appearing before the Committee, receiving recommendations, which were then not acted on. That was not the best use of resources, to say the least. Respect for human rights should not be a matter of available resources, especially if it came from a developed country like Japan. A case in example was the daiyō kangoku system. All the information available to the Committee showed that the system did not seem helpful for families or lawyers. There was only proof that the system was in place to elicit confessions from the detainees, which made it flagrantly incompatible with the Covenant. The delegation should expect strong concluding observations on that issue. The other recurring key issue was the one of comfort women: the Committee could not understand the distinction between women being forced into sexual slavery and them being used against their free will. An independent international inquiry might be needed to finally clarify the matter. The Committee did recognize that Japan was by and large a country respecting human rights, with an active and open civil society, but it did not mean that there were no serious problems adversely affecting human rights. It was hoped that the following review of Japan’s report would not need to address all the same issues all over again.

 

via: DisplayNews

 

見所は外務省の山中修人権人道課長が「日本は奴隷条約を遵守していた。慰安婦は性奴隷ではなかった。」と言ったのに対し、国連のナイジェルロドリー委員が「強制的に性奴隷にさせられた事と個人の意思に背いて強いられたことにどんな違いがあるのかわからない」と言った点。

 

要するに「未成年を含む女性を前借金で拘束して、嫌がる奴は殴って蹴って無理やり売春させても性奴隷ではない」と言い放ったわけで。政府の役人が国連でネトウヨレベルの言葉遊びを披露するすごくシュールな光景です。今後は日本に対する中世認定が捗りそうですね。「シャラップ!」以外になんか言い返す言葉あるのでしょうか。ネトウヨにオナネタ提供するためどんだけ日本を陥れればいんですか。

 

そして国連でも野次を飛ばす

福島瑞穂の旦那であり弁護士の海渡雄一氏のレポートがこちら。

 

第5 慰安婦問題をめぐる委員会内外のできごと

1 異常な事態  今回のセッションには、慰安婦は強制連行されておらず、売春婦だったと主張 している日米の団体の人たち約10人が来て、NGOのブリーフィングに入れる かどうかでもめたり、セッションで慰安婦が性奴隷ではないとした政府代表発言 に一斉に拍手したり、慰安婦問題について発言したマジョディナ委員をセッションの終了後に取り囲んでつるし上げたりという事件が起きた。

2 委員会でのやりとり  委員会では、マジョディナ委員が慰安婦問題を取り上げた。河野談話の検証に ついても質問がなされた。  これに対する政府の回答は、これまでの経緯をふまえ、日本政府としては強制 連行の事実は確認できないが、当時植民地統治下にあり、「甘言、強圧による等、 総じて本人たちの意思に反して」なされたと述べた。そして、今後も河野談話を 継承すると述べたが、アジア女性基金を超える慰藉措置は示されず、慰安婦を 「性奴隷」と呼ぶことは相応しくないとも述べた。 これに対して、マジョディナ委員は最後のフォローアップ発言の中で、性奴隷制 という発言は1926年の奴隷廃止条約の定義に基づくと発言したのに対し、政 府代表はさらに、「奴隷制度の定義について、条約上の検討をした上で、この制 度は性奴隷制の問題ではない。その定義に当てはまるものとは理解していない。 性奴隷制度は不適切な表現である」と強く反論した。  この時に、慰安婦の存在を否定するグループの人たちが一斉に拍手をしたので ある。 これに対して、ロドリー議長はこのような行為(慰安婦を性奴隷ではな いとする発言に拍手する)ことは、許されない行為であると言明した。

via: 国連人権委員会・日本政府第6回審査を終えて(海渡雄一)

 

日本の国会じゃねんだからセッション中に騒ぐなよ。気に食わない意見言うやつを吊るし上げるなよ。ヤクザかおまえらは。

 

テキサス親父の後日談

続いてテキサス親父がZAKZAKで掲載している連載「痛快!テキサス親父」から転載します。

 

ハ~イ! 日本のみなさん。俺は14~16日に開かれた国連人権委員会を調査するため、「『慰安婦の真実国民運動』国連調査団」のメンバーとして、国連欧州本部があるスイス・ジュネーブに行ってきた。慰安婦問題について、日本を貶める決議が行われた理由を探りに行ったんだ。

 今回の調査で、さまざまなことが分かった。その一部を披露しよう。

 まず、国連人権委員会に議題を提出できるのは、国連に登録してあるNGO(非政府組織)なんだ。簡単に言うと、みなさんもNGOをつくって国連に登録すれば議案を提出できる。そして、NGOが提出した議案が証拠がないでっち上げでも、国連がそれを精査することはない。つまり、言った者勝ち、被害者面した者勝ち。小学校の学級会以下の会議が、国連人権委員会ってわけだ。

 日本政府の有識者チームによる「河野洋平官房長官談話」の検証結果公表で、談話は歴史的事実を確認したものではなく、日韓両政府がすり合わせた政治文書だったことが分かった。加えて、河野氏が証拠もないのに、記者会見で「(強制連行の)事実があった」と独断で答えたことが、日本攻撃の根拠となっていることも明らかになっている。

 ところが、日本側から登録しているNGOは、検証結果を完全に無視していたぜ。相変わらず、慰安婦問題で日本を貶めるような連中だった。米軍が1944年10月、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書に「慰安婦=高給売春婦」と書いてある。国連委員はよく読むべきだ!

日本側のNGOの周囲には、「朝鮮学校の授業料を無償化しろ」という高校生の団体や、朝鮮の民族衣装であるチマチョゴリを着ている女性数人、背中に「朝鮮学校 平等な教育を受ける権利」とプリントされたシャツを着た高校生4人組もいた。ジュネーブまで来て日本政府に「金を出せ!」という経費があるなら、学費に充てたらどうなんだ? 「慰安婦=性奴隷」という、事実無根の言葉を広めた日本人弁護士も来ていた。

 要は、「日本=悪」というレッテルを貼りたい日本人や韓国人、朝鮮人たちが、国連を利用して日本を貶めていたわけだ。慰安婦問題が、現在のような大問題に発展した理由がよく分かった。

 今回、俺たちは「慰安婦は性奴隷ではない」というタイトルの、英語の説明文を国連の委員たちに渡してきた。さらに、日本外務省の担当者が、国連で「慰安婦を性奴隷と表現するのは不適切」と初めて明言した。これには、俺たちの活動が少し報われた気がした。

 安倍晋三首相が国益を考え、打つべき手を的確に打っていることが分かった。まだまだ、解決すべき部分が大きいが、反撃の大きな一歩となったことは間違いない。もっと頑張るぜ。

 親愛なるみなさんと日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

via: 【痛快!テキサス親父】国連人権委は学級会以下だ NGOが捏造した議案を精査なし (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 

ネトウヨにとっては自分の発言を相手がどう受け取ったかまで頭がまわらない、威勢のいいことを言い放っただけで勝利できるハッピーな脳みそしてるってのがよく分かるコメントです。

 

日本人捕虜尋問報告49号が慰安婦=高給売春婦の証拠?

で、テキサス親父が言ってる「ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書」とは「日本人捕虜尋問報告49号」のことだけど、これのどこに「慰安婦=高給売春婦」と書いてるんですかねぇ。逆に慰安婦の非人道性を証明するものとして吉見義明の「従軍慰安婦資料集」にも収録されている有名なものなんだけど。

 

テキサス親父の動画

 

 

Youtubeに書かれている主張内容はこちら

 

  • ・慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた。
  • ・町へ出かけて化粧品や洋服など好きな物を買っていた。
  • ・時間の関係で全てのお客(兵士)にサービスができない事を悔やんでいた。
  • ・日本人の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をしたり様々なイベント­を一緒に仲良くやていた。
  • ・借入金がある慰安婦は、その返済が終われば希望があれば国へ帰ることも出来た。
  • ・日本の兵士と結婚する者もいた。
  • ・さらにこの尋問をした米兵の主観として「慰安婦達は、日本人の基準でも、白人の基準で­も綺麗な女達ではない」と書かれている。要するに慰安婦は「不細工」だったと言う事が書かれている。

 

 テキサス親父が公開した証拠とやらがこちら。

http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm

 

まず「日本人捕虜尋問報告49号」の原文(リンクの129pから)と比較して抜け落ちてる部分が多いんですよ。テキサス親父が発表した資料には「RETREAT AND CAPTURE」や「PROPAGANDA」などの項目の日本語訳は掲載されているのに、英語文が掲載されていません。で、主張の大半は都合の良い部分だけトリミングして都合良く解釈するいつものネトウヨ論法です。

 

例えば

 

報酬および生活状態

これ は、慰安婦が普通の月で総額1500円程度の稼ぎを得ていたことを意味する。

 

この記述をもって慰安婦は高給取りであったと主張しているわけですが、当時のビルマではハイパーインフレが起きていたため、ルピー軍票の公式レートを元に出した「1500円程度」を高給と判断するのは無理があるわけです。当時の経済状況については吉見義明氏の「日本軍慰安婦制度とは何か」で詳しく解説されていますので読んで見てください。

 

つーか文書には

 

 「慰安所の楼主」は、それぞれの慰安婦 が、契約を結んだ時点でどの程度の債務額を負っていたかによって差はあるものの、慰安婦の稼ぎの総額の50ないし60パーセントを受け取っていた。これ は、慰安婦が普通の月で総額1500円程度の稼ぎを得ていたことを意味する。慰安婦は、「楼主」に750円を渡していたのである。多くの「楼主」は、食 料、その他の物品の代金として慰安婦たちに多額の請求をしていたため、彼女たちは生活困難に陥った。

 

と書かれているわけで。前借金で拘束して働かせていた証拠ですね。高給取りでも裕福でもありません。こんなこと言うと借金で拘束して何が悪いとかほざくアホが湧いてくるけど、100年以上前に違法と認定された行為(明治5年の遊女解放令、明治33年の大審院判決など)を中世の価値観で正当化しようと思っても無駄です。そういう奴に限って現代の価値観で当時を裁くなとか言い出すのはもうギャグでしかありません。

 

次に、聞き取りをした慰安婦の年齢。

 

以下はこの報告に用いられた情報を得るために尋問を受けた20人の朝鮮;人「慰安婦」と日本人民間人2人の名前である。朝鮮;人名は音読みで表記してい る。

  •    名  年齢   住 所
  • 1 「S」 21歳 慶尚南道晋州
  • 2 「K」 28歳 慶尚南道三千浦〔以下略〕
  • 3 「P」 26歳 慶尚南道晋州
  • 4 「C」 21歳 慶尚北道大邱
  • 5 「C」 27歳 慶尚南道晋州
  • 6 「K」 25歳 慶尚北道大邱
  • 7 「K」 19歳 慶尚北道大邱
  • 8 「K」 25歳 慶尚南道釜山
  • 9 「K」 21歳 慶尚南道クンボク
  •             (ママ)
  • 10 「K」 22歳 慶尚南道大邱
  • 11 「K」 26歳 慶尚南道晋州
  • 12 「P」 27歳 慶尚南道晋州
  •             (ママ)
  • 13 「C」 21歳 慶尚南道慶山郡〔以下略〕
  • 14 「K」 21歳 慶尚南道咸陽〔以下略〕
  • 15 「Y」 31歳 平安南道平壌
  • 16 「O」 20歳 平安南道平壌
  • 17 「K」 20歳 京畿道京城
  • 18 「H」 21歳 京畿道京城
  • 19 「O」 20歳 慶尚北道大邱
  • 20 「K」 21歳 全羅南道光州

 

記載されているのは調書を取った1944年時点での年齢ですが、慰安婦達がビルマの慰安所にいた1942年当時は未成年でありながら働かされていた女性がいたことが明らかになりました。言うまでもなく法律違反です。

 

次に、「慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた。」ですが、まずこの調書は20人の慰安婦と「2名の日本人業者」への聞き取りを元に作成されたので、「慰安婦達の証言」と断定するのは明らかなミスリードです。そして調書にはこう書かれています。

 

1942年5月初旬、日本の周旋業者たちが、日本軍によって新たに征服された東南 アジア諸地域における「慰安役務」に就く朝鮮;人女性を徴集するため、朝鮮に到着した。この「役務」の性格は明示されなかったが、それは病院にいる負傷兵 を見舞い、包帯を巻いてやり、そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事であると考えられていた。これらの周旋業者が用いる誘いのことば は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、それに、楽な仕事と新天地――シンガポール――における新生活という将来性であった。このような偽りの説明 を信じて、多くの女性が海外勤務に応募し、2、3百円の前渡金を受け取った。

 

どこが「志願」なんだよw どうみても河野談話に書かれている「甘言、強圧によるなど本人たちの意思に反して集められた事例」そのものじゃねぇかw

 

国連はネトウヨじゃねんだよ

あのね。国連はネトウヨじゃないんですよ。「反日マスゴミが隠したがる証拠」と言っとけば中身を読まずに絶賛してくれるバカじゃないんですよ。テキサス親父はマジで「日本人捕虜尋問報告49号」を元に国連の委員に慰安婦=高給売春婦と主張してきたんですかね?日本を擁護すると見せかけて逆に戦争犯罪を立証してしまうこのハイセンスな自爆芸。もう笑うしかないですね。

 

で、テキサス親父事務局のFacebookを見たらまた香ばしいこと言ってんですよ。

 

 

いつローマ法王が日本の戦犯を「自国の為に戦った兵士は犯罪者ではない」と言ったんだよw そんなこと言うわけねぇだろw

 

上記のFacebookのコメントに貼られたリンクがこちら。

 

昭和殉難者のミサ

ヴァチカン宮に祀られた昭和の殉難者

「昭和の戦争記念館」第3巻 大東亜戦争の秘話という本の中に、昭和の殉難者のために荘厳なミサがヴァチカン・サンピエトロ寺院で行われたこと(1980年5月21日)が載っていますので、ご紹介します。
tower 【慰安婦問題】テキサス親父、在特会、幸福の科学などネトウヨの教祖達が国連で華麗な自爆芸を披露する tower2 【慰安婦問題】テキサス親父、在特会、幸福の科学などネトウヨの教祖達が国連で華麗な自爆芸を披露する 

これらと他の拡大写真はこちらでご覧下さい。

引用開始
 ローマ法王庁・ヴァチカンには、昭和の殉難者1068柱の霊が祀られている。連合国の手で「戦犯」として裁かれたABC級すべての日本人「法務死」者の霊が、世界のキリスト教カトリックの総本山ヴァチカンに、他ならぬローマ法王によって祀られたのである。
 その多くはキリスト教信者であった連合国側にとって、これほどの皮肉はない。皮肉というよりは、勝者の驕りに対する「神の戒め」であるとも言えよう。

 時のローマ法王・パウロ六世に、日本人殉難者のためにミサを、と訴えたのは仏教徒の仲田順和師であった。
 昭和五十(1975)年にヴァチカンを訪れた折に、かねてより心を痛めていた「戦犯とされた人々」の鎮魂と慰霊のために、宗教の違いを超えて願い出たのである。

 順和師の父であり先代座主でもあった順海大僧正は、学徒兵や殉難者の法要を欠かさず、「七戦犯の鐘」など慰霊の鐘も護持している。
 先代座主の遺志をついだ真言宗醍醐寺派別格本山品川寺(ほんせんじ)の仲田順和師の願いを、パウロ六世は快く承諾した。しかし、喜んで帰国した順和師にその後届けられたのは、法王の訃報であった。その後を襲ったパウロ一世も急逝し、異教徒の願いは空しく閉ざされたと思われた。

 その順和師のもとに、ヨハネ・パウロ二世から親書が届けられたのは五年後の昭和五十五年四月、内容は「五年前の約束を果たしたい」との思いもかけぬものであった。
 
 ローマ法王庁は、異教徒の願いを忘れてはいなかったのである。
 パウロ六世の真心に応えようと、帰国直後から作製を依頼していた五重塔に殉難者千六十八柱の位牌を納め、ヴァチカンに奉納されたのは、同年五月のことである。醍醐寺五重塔を精巧に模した塔は、「戦犯」慰霊に共鳴した栃木県大田原市の木工芸家星野皓穂氏が、三年の歳月をかけ無料奉仕で完成させたもの。
 五月二十一日には仲田・星野両氏も参列し、法王パウロ二世のもと昭和殉難者のための荘厳なミサがヴァチカンでとり行われた。
引用終わり

 以下は現地の報道記事です。
 東京の品川寺座主である仲田順和師に案内され、日本から訪れた真言宗の仏教徒たちが昨日の一般拝謁に参加していた。
 先の戦争で亡くなられた戦没者のための、唱導師(使徒・伝道師)として日本で有名な仲田師は、「聖年」の間にパウロ6世に謁見している。

 世界的な戦いを通じて戦死した日本の13万人の学生たちの霊のために、特別の恵み(祝福と加護)を依頼し、また法王に「まことの鐘」を差し出していた。
 今年、終戦の35周年に際し、パウロ6世の継承者であるヨハネ・パウロ2世に会うため再びローマにやってくることを欲したのである。
 そして戦いの責任者として宣告された10681名の霊の冥福のため、特別の「瞬間」を法王にお願いした。
 尊敬と感謝の念の印として、仲田師は彫刻家である星野皓穂氏が造りあげた、日本の仏教の象徴を再生したひとつの塔を、ヨハネ・パウロ2世に贈った。日本からの訪問者たちに法王は次のように挨拶した。

 「日本から来た仏教徒の訪問者たちを、特別なやり方で、あたたかく歓迎します。あなた方に平和の祝福を希望します。われわれ自身についての真実の受容と、われわれの生存の目的がその内部に存する平和を。すべての人間の威厳に対する尊重が存する他人との平和を。神がその恩恵をあなた方にお示しにならんことを、祈ります。」・・・・
 芸術的に再生産されたひとつの塔を、法王に寄贈するために日本から訪れた仏教徒の集団に、ヨハネ・パウロ2世が挨拶した。

 今の日本で靖国にA級がどうのこうの言ってますが、世界のヴァチカンは、国のために力を尽くして亡くなった方に対して、このように扱っているのです。特殊なのは日本だけでしょうか、いや日本に巣食う反日、左翼、媚中、媚韓の非常識人だけでしょうか。

 

via: 昭和殉難者のミサ: 反日ワクチン

 

キリスト教に死者を祀る概念はねぇよw サン・ピエトロ大聖堂には歴代教皇の墓以外何もねぇよw いつ日本の戦犯が聖人認定されたんだよw ただ慰霊のためミサを行っただけなのに話ふくらませすぎだろうがw キリスト教徒がこれ聞いたらブチ切れるぞw

 

ネトウヨ得意の権威主義というか脳内バチカン様が認めてくれた事をおかずにホルホルしたいんだろうけど、神道やキリスト教の概念をまったく理解せずに話盛ってるので何もかも無茶苦茶なわけ。何なんでしょうね、このネトウヨがドヤ顔でオ○ニー姿を晒してくる異様な光景は。慰安婦でも戦犯でも脳内妄想に浸るのは勝手だけど、それを公の場で口に出した瞬間、日本の国益を激しく損なう行為になるってことを理解しようね。オ○ニーは自分の部屋でやれ。SNSでやんな。国連でやんな。

 

関連記事

 

7c43d2c2d06088d8824df7a427d67de4 600x325 【慰安婦問題】テキサス親父、在特会、幸福の科学などネトウヨの教祖達が国連で華麗な自爆芸を披露する 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (136)
    • 山田
    • 2014年 7月 23日

    どーし鮮人。何か都合わるいのか?www

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    儲かるといいね

    •  
    • 2014年 7月 23日

    流石キジトラwwwww

    未だに「ネトウヨ」連呼してる日本人差別主義者は、もう徴兵の準備ができたのかな?ww
    あっはっはwww

    •  
    • 2014年 7月 23日

    あぁww下っ端はまだ知らされてないのねwwww
    まぁwせいぜい日本人に嫌われてればいいよw
    このまとめって在テョンを嫌いにならせるためのまとめでしょ?wwww
    管理人のやってることもりっぱなネトウヨだね☆☆(ゝω・)vキャピ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    結局、日本軍主導だったの?
    日本軍が直接ヤクザ的な手口で借金背負わせて女買ってたの?
    斡旋業者のしわざみたいなのは書いてるけど。

    業者のしわざだから日本が悪くないとはいいづらいが、
    そういう悪行を取引相手の斡旋業者がやらかしてたから日本が悪いとも言えないでしょう。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    何がそんなに悔しいの?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    これが火病か…頑張れよ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    ネトウヨ発狂してるなーwww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    本当に日本人捕虜尋問報告第49号広めてきたんだw本当ネトウヨって知能足りてないよな。資料ひとつまともに理解できない連中。

    •  
    • 2014年 7月 23日

    ネトウヨ怒りの即反応連投モードww

    ※を真っ先に書き込むのはいつもネトウヨ
    反ネトウヨブログを常に監視してるのが笑えるw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    金銭もらってたら売春婦だろwww
    奴隷になんで金をあげんだよwww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    騒げば騒ぐほどキ印スタンプ押されてくね

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    記事にしてもコメにしても反ネトウヨのネトウヨ罵倒ばかりだけど、この人達は自分が気持ちよくなりたいだけが目的でやってるのかな?

    自分達の意見を広めて理解してもらう為にやってるのなら、表現が下品だし、普通の日本人には反発されてしまうんじゃないか?本末転倒してる様に思えるなあ。

    汚い言葉の口喧嘩は、周囲の人間を不快にさせ、自分達の信用度を下げるだけなんだがなあ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    もうすぐ在韓米軍が巻き込まれるから
    その後の見解の変化が見もの。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    朝鮮人www

    • あのね
    • 2014年 7月 23日

    満州生まれのばあちゃんが言うには慰安する人達は高級取りだったんだって。
    兵隊が無理矢理連れて行ったなんてのはなくて、借金取りなどの業者に連れてかれた人は居たそうだよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    どうした?
    墨入れたお仲間がパクられたから寂しくなったのか?
    ヤクザなのはこいつ等の事なんじゃねえのか?
    朝鮮人の墨はいい墨ってか?
    やかましいわwwww

    てか、都合のいいフィルター外して現実みろよボクちゃん

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    「高給」に噛みついて慰安婦が給与をもらっていた売春婦であることを全肯定。
    1944年に20代なら1942年には18歳以上で現在でも合法で風俗嬢できるのに「違法」?
    慰安の仕事に金銭目当てで「応募」したのに「強圧により」「本人の意思に反して」集められた?

    彼は道化サヨクを演じてネトウヨとやらの援護射撃に必死なのか?
    ただのホームラン級のバカなのか?

    • スザンヌゥ
    • 2014年 7月 23日

    自分で書いてて矛盾してるのに気づかないのがすごい。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    売春婦だったかどうかはおいといて、日韓基本条約で賠償は終わったんじゃないの?
    終わってないと主張する理由がわからない。いったい日本には何について謝ればいいの?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 23日

    ネトウヨは記事の内容を批判ができないと朝鮮人認定するよね
    あとは論点理解できないやつ(※5)か日本語読めないやつ(※18)
    普通教育を受けた日本人とは思えない頭の悪さだわ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨの執拗な日本破壊工作もここまでくると全く笑えないな

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    慰安婦募集は「甘言、強圧による等、 総じて本人たちの意思に反して」行われた!
    慰安婦は性奴隷じゃない!

    ナイジェルロドリー委員「何言ってんだこいつ?」

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    調べるうちに慰安婦ってホントにいたんだなーとは思うようになったけどネトウヨが認めるの無いだろ
    だってあいつらが一番嫌いなのってそれを使って金をせしめようとしてる連中が多いから韓国が嫌いなんだろ

    そっち向けで何か記事まとめてよー

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    金もらってたから奴隷じゃないとかwww
    黒人奴隷も白人様から給金もらってたんだけどなw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    >>ID: NDI5OTAyN
    ハイハイ、分かったからさっさと国に帰れよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    >自分達の意見を広めて理解してもらう為にやってるのなら、表現が下品だし、普通の日本人には反発されてしまうんじゃないか?本末転倒してる様に思えるなあ

    どブーメランじゃないか
    ネトウヨちゃんは口が悪すぎる

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    長い

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨ認定で思考停止かよ。
    そうでないなら「ネトウヨ」って言葉使わずに綺麗な日本語だけで議論してみろよ。
    そもそも右翼右翼って右翼は別に悪かねーだろ。
    日本好きの日本人の何が気に食わないんだよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※29
    日本好きの日本人なら国連で日本の恥ばらまく反日行為をやめてくれよネトウヨくん

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    慰安婦=高級売春婦じゃなかったとして、それがどうかしたの?問題は日本軍が強制したかどうかでしょ?売春婦を軍人にあてがって儲けてたあんたらの
    おじいちゃんらの犯罪を日本がかぶる意味が分からない。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※30
    それしてるのが韓国だから嫌いなやつが多いんだよな

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    まー長々と従軍慰安婦に対しての反論しているようだけど、
    批判しているつもりで、自分自身も都合のいい情報をただ羅列してるだけ。
    真実は何も変わらない。
    今まで日本が何も反論しなかったことをいいことに韓国の一方的な意見が
    まかり通っていたように錯覚しているだけ。
    これから日本は、正確な資料を基に韓国のウソを一つ一つ確実に論破していくだけ。
    人は初めて自分が信じたものを信じたいと思う生き物。だから一度は信じた韓国のウソを否定することは、自分自身の否定にもつながると錯覚して思考が停止していしまっているだけ。
    日本が資料を基に懇切丁寧きちんと説明すれば、常識的な頭を持っている人なら日本の主張は十分理解できる。
    まー最後まで、かたくなにウソを信じる頭の固い奴もいるだろうが、日本の主張がこれから広がっていることは間違いない。
    韓国は自分たちが広げた大風呂敷が、これからいかに自分たちを苦しめるかってことを十分覚悟しておいた方がいい。
    人の良心に付け込んで、とんでもないウソで散々人をだましてきたんだから、その反動での批判ていうのは想像をはるかに超えた大きなものになる。
    そうならないためにもこれからも一生懸命韓国はウソを吐き続ければいい。
    そうやってさらに騙して信じさせた人たちが、反対に側に回っていく。
    韓国は、今後ウソをウソでごまかして、それによってさらに世界から見放されていくという負のスパイラルから抜け出せなくなっていく。
    日本でだけなんて、高をくくっていた嫌韓がこれからますます世界を席巻していくから。善良な日本人を激怒させた韓国は本当に覚悟しておいた方がいい。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    朝鮮好きの日本人だったら朝鮮の恥をこれ以上世界中にばらまくのをやめさせたら?本当に朝鮮人のことを心底想ってるならね

    • 名無し
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨっていえば全て解決した気になってる人たちは、一つ一つの問題に対してどういう抗議や対応の仕方をするのかな。まさか、そんなまじになるなよとか、無責任な中学生みたいなこといわないよね。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    また神戸で在日が日本人の少女をヤク漬けにして売春させてたって逮捕されてるじゃねえか。
    この在日ヤクザってキジドラ管理人の親戚じゃねえのか!?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    福島瑞穂の旦那でもう顔中草まみれや

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    吉見さんがソースな時点でねぇ…。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    金もらってたら契約が成立している。
    ワープアだったにせよ、奴隷とは違うだろう。
    白人様がやっていた奴隷とは違いますよね?
    違いが理解できない?したくない?ん?

    • よし
    • 2014年 7月 24日

    吉見義明の著書を反論の根拠にしてる時点で何にも信用出来んわ!!

    • 不味い飯
    • 2014年 7月 24日

    ゴミみてぇなサイトだな

    こんなので銭稼ぎしないでさっさと働けゴミ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    この件に関しては韓国は何も言えんだろう、ソースもいまいちだし決定打に欠けるわ。

    ※35
    まあそれを言うならネトウヨも同じじゃん
    日本人は朝鮮人と呼ばれるのが一番嫌がるとか言っておきながら、ネットで少しでも意見が違えば根拠も無い在日認定して勝手に解決した気でいるじゃん
    十分無責任だろう

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    >この記述をもって慰安婦は高給取りであったと主張しているわけですが、当時のビルマではハイパーインフレが起きていたため、

    質問です。
    ビルマでハイパーインフレが起きたと効いたことはありません。エビデンスの提示をお願いします。
    これまで全世界でハイパーインフレが起きたのはドイツとジンバブレとあと1国だと認識しています。
    でも、ビルマじゃなかっと思います。

    あと慰安婦が円建てで1500円もらっていたとすればハイパーインフレは関係ありません。
    ハイパーインフレは自国通貨の価値が激減することで起こります。
    自国通貨では1年前に1ジンバブエドルで買えたものが1年後は1万3000ジンバブエドル出さないと買えない。つまり円の価値は普遍なのです。1年前も1年後も同じ商品に出す円は同じです。

    わかりますか?ここ大事なところです。

    だから慰安婦が円建てで1500円貰っていたら自国内の物価に影響受けず大金を貰っていたとなります。
    慰安婦は大変恵まれた環境にいたということですね。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    >どこが「志願」なんだよw どうみても河野談話に書かれている「甘言、強圧によるなど本人たちの意思に反して集められた事例」そのものじゃねぇかw

    これ日本の斡旋業って書いてありますよね?
    その事例は軍の意思ではないって証明じゃん。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨ「金上げてたから性奴隷じゃない」
    国連「何言ってんだおまえ」

    ※43
    アホだろおまえ。ルピー軍票って書いてるだろ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨ「日本軍に雇われた日本人の業者が軍役で慰安婦集めてきたけど日本軍の意志ではない(キリッ」

    wwwwwwwwwwwwwwwwwww

    • J-NSCさん
    • 2014年 7月 24日

    >これ日本の斡旋業って書いてありますよね?
    >その事例は軍の意思ではないって証明じゃん。

    直進、直進、みな直進!
    牟田口閣下と日本男児は後退など知らぬのじゃ~!
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨってほんと知能低いわ。円建てで1500円貰っていたら~() ルピー軍票って書いてあるだろw
    ハイパーインフレも戦時金融統計要覧などで明らかになってますから。聞いたことない~() あなたが無知なだけです。
    あと「志願」かどうかを論点にしてるのに、軍が直接やったものじゃないじゃないか~とかあほ?受け答えもまともに出来ない連中ばっか。

    • テキサス親父を潰す会
    • 2014年 7月 24日

    あーあ。よくも日本を国連で貶めたなあのテキサス親父。
    頭つかって論理で説得しろ。あのやろ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨネトウヨウザイな。普通の日本人はネトウヨなんて言葉使わないから。ネトウヨって朝鮮語か?

    • 2014年 7月 24日

    ネトウヨネトウヨウザイな。普通の日本人はネトウヨなんて言葉使わないから。ネトウヨって朝鮮語か?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    キモいわ、キジトラ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    面白い記事だな
    コメント欄は予想通りネトウヨの発狂で埋まってるけど

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    在日くっさ wwwネトウヨ連呼しか出来ないバカはファビョって死んでろよww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    管理人さん日本語お上手ですね。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    在日とネトウヨ認定合戦、なんと無意味なサイト。。。
    みんな自分で見て聞いて調べたことだけを信じるように心がけようや。

    • J-NSCさん
    • 2014年 7月 24日

    これがホントのウリハッキョwwwwwwwwwww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    真実をつきとめたいんじゃなくて嫌いな相手をイジメたいだけなんだってはっきり分かるね
    まぁ確かに自分の言い分を聞いてくれないからイラッとするのは分かるけどさ、記事もコメントもなんでこんなに罵詈雑言で溢れているのさ
    左翼の人にも右翼の人にもついていけない

    • あららw
    • 2014年 7月 24日

    うん? なに? ヒトモドキなのに文字書けるのか?
    それにしても長すぎるw 必死に書いたら人に昇格できるとでも思ってるの? 無理だよw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    テキサス親父VSキジトラ?
    相手にされないよ?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    本文が英語だと、いつもの的はずれな引用を繰り返す糖質ウヨちゃんが現れないってのがネトウヨの知的レベルを示していて興味深いな

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    キジトラ?もっとわかりやすい名前にした方がいいですよ。
    オススメは左翼速報です。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    キジトラ?もっとわかりやすい名前にした方がいいですよ。
    オススメは左翼速報です。

    • \(^o^)/
    • 2014年 7月 24日

    日本嫌いならお金あげるから国に帰らない?
    1500円くらいならあげるよ(^-^)

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    キムチ食ってろエラ

    • ゴキブ李
    • 2014年 7月 24日

    慰安婦?
    ああ、勝手について来て売春してたくせに、被害者ヅラしてる詐欺師のことか
    詐欺師の嘘はこれからもガンガン暴いて声をあげていくから覚悟しとけよ?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    いい加減ネトウヨって言葉使うのやめろよwww
    判りやすすぎるだろwwwwww

    • キジトラ
    • 2014年 7月 24日

    なんでコメント消されるの?
    自分の都合の良い意見しか受け付けないって最低だな

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※46
    >アホだろおまえ。ルピー軍票って書いてるだろ。

    だから1500円分でしょ?
    円建てでルビー渡してるなら慰安婦の収入に影響はないですよ。
    例えば1500ルビーが3000000ルビーになって渡されるだけですからね。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※48
    壊れないで~

    •  
    • 2014年 7月 24日

    単芝に草不可避

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※47
    発狂しないで~
    主語の意味を理解しないと文章の意味は理解できませんよw

    • sage
    • 2014年 7月 24日

    奴隷ではなく売春婦だって書いてあるのに
    強制的に奴隷にさせられたって一体どっちなんだろう?
    売春は当時は合法だったハズだけど。
    強制に関しては国連ですらキチっとした強制があったという証拠明示してないよなぁ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※70
    ネトウヨ「ルピー軍票は円建てで支払われた」

    wwwwwwwwwwwwwwwwwww

    企業物価指数から計算すると当時の1500円は約400万円か。
    日本軍のどこにそんな金があったんですかねえ。
    常識で考えてわかんない?バカなの?算数できないの?何を根拠に円建てで払われたと思ったの?脳内ソース?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※74
    >奴隷ではなく売春婦だって書いてあるのに

    テキサス親父の捏造だよ。
    調書よめばわかるがアメリカには”ianhu”の言葉がなかったから”comfort girl”と書いただけ。
    性奴隷的だった事実を否定するものではないよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 24日

    ※70
    ここまで頭悪いと流石にひくわ…日を追う毎にハイパーインフレが進行していたのに、その都度内地換算に計算して渡してたの?w
    「1500円程の稼ぎ」ってのは、物価変動激しい中でも内地との為替差を的確に捉え、価格に反映することで内地換算で安定した稼ぎを実現してたってこと?w
    こんなこと本気で出来たと思ってるの?w

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ワンランク上のトンスラーを目指すために今出来る事と言えば?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    政治家の方はそこそこいい落とし所に持ち込もうとしてんだから迷惑かけんなよ・・・

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    おっネトウヨ発狂しとるなー
    いつも支離滅裂な長文書いてるウヨにゃんはきてねーの?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※32がお見事な返しでワロタ
    朝鮮人は自分らに都合のいいことばっかり主張するから矛盾に気づけない

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※75
    >企業物価指数から計算すると当時の1500円は約400万円か。
    日本軍のどこにそんな金があったんですかねえ。
    常識で考えてわかんない?バカなの?算数できないの?何を根拠に円建てで払われたと思ったの?脳内ソース?

    ほんと頭悪いなあ。だって1500円って書いてるでしょ。
    だから1500円もらったんだよ。で、円は日本の通貨。
    だから他国のハイパーインフレ関係ない。結論。

    それと韓国の元慰安婦がもらった金を郵便局に貯金したって90年代前半に
    ニュースになったけど、知ってる?
    その慰安婦は2年間働いて郵便局に10回ほど貯金して今の貨幣価値で1億円貯金してた。

    まったく妄想でがんばるのはいいかげんにしてほしいわ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※77
    ここまで頭悪いとひくわw
    ハイパーインフレになったというエビデンス、ね。
    それと日本円で1500円なんだから他国の物価は関係ないの。

    >「1500円程の稼ぎ」ってのは、物価変動激しい中でも内地との為替差を的確に捉え、価格に反映することで内地換算で安定した稼ぎを実現してたってこと?w
    こんなこと本気で出来たと思ってるの?w

    え?1500円の意味わかってる?
    子供銀行じゃないのよ?
    ソースが1500円程度ってかかれていれば日本円で1500円程度。
    それは他国のハイパーインフレwwwは関係しないって意味わからない?
    今1500円程度もらっていて1年前も1500円程度もらっていたら
    当然他国での貨幣価値は変動する。わかる?

    経済の勉強しなよ。
    ムリな論理でしか戦えないってミジメだねw
    じゃ一体いくら慰安婦がもらっていたのか言ってくれよ。

    今はお前の妄想でしかない。
    オレは管理人の書いた文章を引用してるんだよ。

    ふう。ブサヨの発狂って目に見えて面白いなあ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    キジトラ冷えてるか〜?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※83
    だから戦時金融統計要覧を挙げたんだが。
    あんた本当にアホだな。他国で生活してて、使ってるルピー軍票がハイパーインフレ起こしてるのになんで無関係なんて思えるのか。経済オンチ過ぎるわ。
    公式レートは1円=1ルピー、だから慰安所の料金表やなんやも分かりやすいように全部円表記なんだよ。ソースが円表記でも使っていたのはルピー軍票です。無知乙。
    あんたの挙げてる文玉珠さんの貯金残高も全部ルピー軍票で貯めたもの。貯金約26000円(ルピー)のうち、20860円は最後の半年で稼いでるわけだが何の違和感も感じないのかな?今の貨幣価値で一億だ~なんてほんと単純な頭してるわ、笑えるw
    内地換算で月1500円程を稼いでいたんだったら、前借金約300円なんて一月で二倍強返済してしまうんだが、そこにも何の違和感も感じないのかな?身体拘束の為の契約として意味をなしてないんだけど。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※82
    つまりインフレと貧困が進み軍人ですら貧しい生活を余儀無くされていたビルマで、なぜか慰安婦だけ軍票が内地換算で1500円。女衒に半額徴収されても750円。現代の額で月収200万の高給取り。にも関わらずなぜか慰安婦は生活困難に陥り前借金を返せるあてもなく2年近く働いていたのか。

    ネトウヨは算数も国語も出来ない子なんだねwww

    で慰安婦だけ給金が円建てで支払われてたソースは?
    調書に「1500円程度」と書かれていることは円建ての証明にはならないよ
    妄想ではなくて論理と整合性を持って説明したまえ。

    • 人権問題を解決してほしい
    • 2014年 7月 25日

    本人たちの意思に反して甘言や暴力で集めた女衒たち。犯人:呉正渙、犯人:朴命同、李姓女、犯人:田斗漢、朝鮮人のモラルがなさすぎて、戦前、逮捕できたのは一部だけでした。韓国さん、慰安婦のおばあさんから、女衒の実名をききだして公表してください。早く、この問題解決しましょう。慰安婦問題の幕引きを宣言した金泳三のたわごと、つられた河野のたわごと。閣議決定しないで、たわごとにしておけば、河野のたわごとで終わりだった。早期の日韓友好などという夢をみたファンタジスタ河野、韓国のペースで発表。日本人としては、理解できるが、国際的には資料を十分検証せず発表したのは責められて当然。本人の意思に反して売春している女性は、今だって世界にたくさんいる。身分階級や貧困、国連は、それを改善するためにがんばってほしい。それと暗躍する売春ブローカー、まじめに何とかしてほしい。先日、日本で保護された韓国女性、韓国のブローカーの被害にあっていて、地獄のような生活から、ぬけだせなかったらしい、まさに性奴隷。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ネトウヨちゃんはデータ無しでものを語るというよりは、データの読み方を知らないで無理筋通してるんだってのがよく分かるな。
    データを読むってことはデータの真偽を確かめるのと同じぐらい丁寧にやらなきゃいけないなんてことは学問の世界じゃ常識なんだよなぁ。

    • ショウ
    • 2014年 7月 25日

    「日本人捕虜尋問報告49号」は否定派への罠なんだと思います。
    バカな人達がこれを持って「世界の皆さんこれに真実が書いてあります!」と
    世界に宣伝しまくるだろう、という事を見越した「罠」として定期的に「大発見」とエサを巻いているんだと思う。

    実際は「慰安婦とは『騙されて連れて来られて、売春婦として働かされている人の事』」って
    書いてあるんだからね。
    ネトウヨの人達がこの「49号」を「証言だけで何の証拠にもならない」といつ言い出すか、楽しみです。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    テキサス親父の後日談を見てどうしてこの記事になるのか理解に苦しむ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ネトウヨはまず自分たちの選んだ自民党があらぬ方向に行ってることを気にした方がいいんじゃね?

    自民党に政権交代した時に「景気回復!」とか「日本の夜明けだ!」とか「強い日本きた!」とか言ってた奴らは何処いったんですかね?

    ん?ネトウヨの定義がなんだって? そんなことでしか反論できないのか!(笑)まずは感情論抜きでこの記事に対して論理的な反論いってみろよ(笑)

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※85
    >だから戦時金融統計要覧を挙げたんだが。

    それじゃわからん。
    ハイパーインフレの定義と誰がそう主張しているのか説明してよ。

    >あんた本当にアホだな。他国で生活してて、使ってるルピー軍票がハイパーインフレ起こしてるのになんで無関係なんて思えるのか。経済オンチ過ぎるわ。

    基本的なことわかってないのね。
    仮にハイパーインフレを起こしていたとしてもそれで慰安婦の収入が低いとかの理屈にはならない。
    だって他の国民だって苦しんでいる訳で慰安婦だけの不幸じゃないしそもそも日本のせいじゃない。
    つか確実に他の国民の所得を上回ってるはずだからやっぱり相対的に裕福なわけよ。慰安婦は。
    それに、なんでハイパーインフレの責任まで日本におっかぶせるのかがわからん。

    >公式レートは1円=1ルピー、だから慰安所の料金表やなんやも分かりやすいように全部円表記なんだよ。ソースが円表記でも使っていたのはルピー軍票です。無知乙。

    だから仮にそうだとしても何でそれが日本のせいになるの?
    その円表記とかは知らないけど、だったら慰安婦の収入は円で言うべきじゃないね。
    ルビーで説明しないとダメ。それが同じだって言うのは甘えだよ。
    説明が下手すぎるわ。

    >あんたの挙げてる文玉珠さんの貯金残高も全部ルピー軍票で貯めたもの。貯金約26000円(ルピー)のうち、20860円は最後の半年で稼いでるわけだが何の違和感も感じないのかな?今の貨幣価値で一億だ~なんてほんと単純な頭してるわ、笑えるw

    いや、ニュースでは1億円相当って書いてたぞ。
    最後に稼いでいるというのとは違うだろ?
    貯金した貯金額はイコールその時稼いだ額とはいえない。それミスリードだよね。
    貯金した時期に貯金した額は必ず稼いでいるはずだって単純すぎない?
    それとも何か根拠あるのかよ?w

    >内地換算で月1500円程を稼いでいたんだったら、前借金約300円なんて一月で二倍強返済してしまうんだが、そこにも何の違和感も感じないのかな?身体拘束の為の契約として意味をなしてないんだけど。

    だから好きで働いていたとか考えられないの?
    慰安婦はどんなバカな女でも大金稼げる職業だった。
    特に当時の朝鮮は貧乏で他にカネを稼ぐ手段のない女も沢山いただろう。
    そういう状況であればイヤだけど働く、という選択肢だってある。
    ブラック企業でもそこでしか働けない奴ははたらくわけよ。
    全部がお前の価値観どおりに生きてるわけじゃない。
    まず想像力を鍛えろよ。お前の考えはシンプルすぎる。
    もっというと単純すぎるんだよ。結果ありきの誘導ありきで。

    頼むからもうちょっと考えようよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※86
    >つまりインフレと貧困が進み軍人ですら貧しい生活を余儀無くされていたビルマで、

    わはは。ハイパーのけたね!www

    >なぜか慰安婦だけ軍票が内地換算で1500円。女衒に半額徴収されても750円。現代の額で月収200万の高給取り。にも関わらずなぜか慰安婦は生活困難に陥り前借金を返せるあてもなく2年近く働いていたのか。

    働くのと借金って必ずしもイコールじゃないでしょ?
    風俗に働いてるコは皆借金返すため働いてる?ちゃうでしょ?
    稼げる手段が風俗だってこと。それは慰安婦にも言える。
    慰安婦が慰安婦を辞めたら生活困窮とおりこして死んじゃってるだろうに。
    生活困窮してたと仮定してだけどねw

    >ネトウヨは算数も国語も出来ない子なんだねwww

    まあ、がんばって勝利せんげんしなさいよ。
    楽しい?よかったねw

    >で慰安婦だけ給金が円建てで支払われてたソースは?
    調書に「1500円程度」と書かれていることは円建ての証明にはならないよ
    妄想ではなくて論理と整合性を持って説明したまえ。

    いやそれが証拠。通貨の単位をわざわざ円で使ってる。
    1500円?はいルビーですね!わかりました!
    って思うバカってマジバカだと思うんだけど。
    妄想じゃなくて文章の論理性の問題だ。
    これを無視するのがブサヨ大好きみたいでマジ困るけどね。
    妄想妄想、また妄想で。

    逆なんだよ。
    文章で1500円と書いてある。
    なのに書いてないルビーで渡したと主張するならその根拠を説明しないとね。

    お前の説明でハイハイ納得してる奴がいればそれはマジもんのバカだぞ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※90
    テキサス親父の後日談や資料についての発言に対する重要な指摘そっちのけでそんなコメントしてる方が理解に苦しむわ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 25日

    ※93
    >働くのと借金って必ずしもイコールじゃないでしょ?風俗に働いてるコは皆借金返すため働いてる?ちゃうでしょ?稼げる手段が風俗だってこと。それは慰安婦にも言える。慰安婦が慰安婦を辞めたら生活困窮とおりこして死んじゃってるだろうに。

    アホなの?日本語できない子なの?わかりやすく聞いてあげるね。
    「円建て」で月収750円の富豪がどうして生活困難に陥るの?どうして借金返せなくて慰安所で2年も働いてるの?

    >生活困窮してたと仮定してだけどねw

    ネトウヨはソースが読めないの?
    もしかして証言は証拠にならない?

    >いやそれが証拠。通貨の単位をわざわざ円で使ってる。1500円?はいルビーですね!わかりました!って思うバカってマジバカだと思うんだけど。

    わはははははwww

    ネトウヨ「僕はビルマでルピー軍票使われてた事しらないし、調書にその説明が無いから円建てで支払われてたもん!!!」

    なんで慰安婦への聞き取り書に全然関係ない貨幣状況が書かれてると思うの?調書はネトウヨの知的レベルに合わせて作られるものじゃないよ?

    おまえの脳内では当時の軍人の初任給が1350円。現代の額で11万円の中、慰安婦だけは特別に「円建て」で750円、現代の額で200万円もらっていたわけだがどこからそんな金が出てきたの?軍人ですら貧困に苦しむ中日本軍は慰安所にそんな大金注ぎ込んでたの?常識で理解できないの?もしかして頭がアレな子なの?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    >それじゃわからん。ハイパーインフレの定義と誰がそう主張しているのか説明してよ。

    は?証拠出せって言うから提示したのに何この返答w定義だのなんだのなんて自分で調べりゃ一発だろw物価上昇率が100%超えるようなレベルになったら間違いなくハイパーインフレだろ。

    >仮にハイパーインフレを起こしていたとしてもそれで慰安婦の収入が低いとかの理屈にはならない。
    だって他の国民だって苦しんでいる訳で慰安婦だけの不幸じゃないしそもそも日本のせいじゃない。
    つか確実に他の国民の所得を上回ってるはずだからやっぱり相対的に裕福なわけよ。慰安婦は。
    それに、なんでハイパーインフレの責任まで日本におっかぶせるのかがわからん。

    軍票刷りまくってインフレ起こした日本に責任無いの?ほんと、こんな知識で講釈垂れて恥ずかしくないの?それにハイパーインフレの責任についての議論なんてしてないから、論点ずらすな。高級売春婦ってレッテル貼りに対しての反論だ低能。他の国民の所得上回ってたって証拠出せや。まあそもそも給料の額なんて慰安婦問題において大した論点でも無いんだけどな。まあ証拠きっちりだしてね。

    >いや、ニュースでは1億円相当って書いてたぞ。
    最後に稼いでいるというのとは違うだろ?
    貯金した貯金額はイコールその時稼いだ額とはいえない。それミスリードだよね。
    貯金した時期に貯金した額は必ず稼いでいるはずだって単純すぎない?
    それとも何か根拠あるのかよ?w

    取り敢えずそのニュースか記事かのソース頂戴よ。2万を裸で持ってたと?それ以前も細かく貯金してたのに?ミスリードってのは、ルピー軍票での額と内地での円の額を混同して使ってるお前らみたいな低能の主張のことを言うんだよ。

    >だから好きで働いていたとか考えられないの?

    契約として成立してないって言ってんだけど。ほんと話が通じないなあんた。

    稼いだ軍票の大半を裸で持ってたかもしれない。内地換算1500円分かもしれない。稼げるから好きで働いてたかもしれない。あんたの言ってることって全部何の論理性もない只の屁理屈だよ。
    最終的には「証拠出せ」って言葉で煙に巻こうとする。でも実際に提示されると読みもしない。おこちゃまの相手って疲れるわ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    ※92
    >だから仮にそうだとしても何でそれが日本のせいになるの?
    その円表記とかは知らないけど、だったら慰安婦の収入は円で言うべきじゃないね。
    ルビーで説明しないとダメ。それが同じだって言うのは甘えだよ。
    説明が下手すぎるわ。

    なにこれ?釣り?日本のせいって何の話してるの?説明が下手すぎるーwwww使っていた通貨単位の呼称は円だが、実際はルピー軍票を用いていたって話を、米軍が捕虜の尋問報告書で説明しないといけないの?バカじゃね?お前の無知を資料のせいにするなwwwwwwwルピーで説明しないとダメとか言っても、慰安婦本人たちは普段から円という単位を使っていたんだから何もおかしくないわ。

    • J-NSCさん
    • 2014年 7月 26日

    >つまりインフレと貧困が進み軍人ですら貧しい生活を余儀無くされていたビルマで、なぜか慰安婦だけ軍票が内地換算で1500円。女衒に半額徴収されても750円。現代の額で月収200万の高給取り。にも関わらずなぜか慰安婦は生活困難に陥り前借金を返せるあてもなく2年近く働いていたのか。

    >ネトウヨは算数も国語も出来ない子なんだねwww

    自民党には理論派で有名な鈴木章浩都議会議員がおります。
    女はすみやかに股を開いて若くして子供を産んで働き三指をついて男に仕えておればいいのであります!!!!!!!!!

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    ネトウヨ論破されすぎwww
    ネトウヨは「悪いのはなんでもかんでも日本のせいにされてる!!!」
    っていう感情論から出発してるから議論が成り立たないんだよなww

    だから論破されそうになると、日本だけじゃない!なんで日本のせいにするんだ!
    ってなことを何の脈絡もなく喚きだして発狂しちまうんだろうなあ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    ここのネトウヨは自爆死が大好きなんですねw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    難しくてよくわかんなーい

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    ガレー船の奴隷もローマ奴隷剣闘士も報酬は出てたんだよなあ・・・

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    根拠も論理性もない屁理屈並べて、指摘されたらわかんなーいでトンズラか。ほんと無責任な輩だな。大した知識も無いのに適当なこと言ってすみませんでした、位言ってから消えろってんだ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    ネトウヨの手のひら返しまだー?
    日本人捕虜尋問報告49号は証言しか載ってないから証拠にはならない!!!!
    テキサス親父は在日の自作自演!!!!

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    ネトウヨは本当にバカだなあ。
    軍票なんて日本が負けたら紙クズ。敗戦濃厚になったらダダ下がり。
    そもそもルピーや円ではなくルピー軍票で払っていた時点で
    たいした価値がないことぐらい、いくらバカでもわかろうぜ?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    2013年11月24日1:07 ID: NDQ4NTk0M
    ※1みたいな猫キチって自分勝手な発想をしている自覚すら無いよな
    大事に育てた庭を野良猫に荒らされる人の気持ちとかを全く考えないで里親を探す負担すら押し付けようとしてやがる

    完全同意

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    ttps://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=ID%3A+NTA0NjY4N&safe=off

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    6: 名前: VIPCLE名無しさん :2013/2/25(月) 01:24:34 ID:NDY3Mjg1N
    31は自殺する直前の、覚悟の上の記念撮影的な写真だったと記憶してる。
    確か台湾の子じゃなかったかな。昔オカ板でよく見た。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 29日

    2014.7.25 10:33
    (NzY3NDc1M)
    むしろ暗殺は大人向けだと思うけどな。
    タイトルから想像される過激さを抑えて人間の良さとか希望が明るく爽やかに描かれてる。
    刺激が好きな少年には受けにくいと思う。

    2014/7/25(金) 14:54:53 ID:NzY3NDc1M
    おでんのマフラーつけてる

    2014/7/25(金) 15:06:59 ID:NzY3NDc1M
    トールさん神話で一応女装してるけどこれはひどいw

    2014/6/25(水) 02:07:30 ID:NzY3NDc1M
    ついでにトメさんの脳みそのシワも伸ばしたらさっぱり良トメになるんじゃないかしら

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 30日

    >>99
    >ネトウヨは「悪いのはなんでもかんでも日本のせいにされてる!!!」
    >っていう感情論から出発してるから議論が成り立たないんだよなww

    ほんとこれ。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 02日

    ネトウヨきしょい

    ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0004658188

    ttp://matome.naver.jp/odai/2134697600971557801

    ttp://news.livedoor.com/article/detail/7912281/

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 03日

    ※欄で必死にネトウヨ連呼しててワロタ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 03日

    ネトウヨネトウヨって連呼してる人ID真っ赤だけど大丈夫?
    もっとお友達とかに協力してもらわないと一人で主張してるみたいで寂しそうだよぉ。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    >>112
    >>113
    おっ自民党ネットサポーターズクラブからお越しですかwww動員掛かったんすかwwww

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    2013/10/4(金) 23:10:47 ID:MTQ5OTk5N
    地味にLSいいな

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    ネトウヨがいるんだから、ネトウヨって呼ぶことは当たり前じゃんww
    中立馬鹿が沸いてんなあww

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 07日

    ネトウヨってマジきもいよね
    ttp://oboega-01.blog.jp/archives/1006743857.html

    ttp://oboega-01.blog.jp/archives/1006896515.html

    ttps://www.youtube.com/watch?v=3hVrMAoMc1c

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 09日

    歴史修正主義者に連なる歴史観を並べ立ててるのを見てると、
    純粋にさ、戦中に何処へ進軍したとか、その地域をどう扱ったとか、戦後はどうしたかとか。
    中高生の教科書か、その年代でも判る基本的な所が抜け落ちてたら、慰安婦の話を否定する人には通用しないんじゃないのかな。
    粗雑に情報を拾って、在日とか、○○人辺りが何だという文体を安易に用いる人が多いし。
    コメントにある金額の事にしても、森鴎外辺りの年代の人の書いた本を読んでると、一円とか一銭の記述が出てくるけど、
    現代と当時の価値の違いって、知らなかったり教えなかったりするのかな。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 09日

    歴史捏造主義者はとにかく捏造したいだけなんだよね。
    悪いとこの拡大解釈ばかり。

    それが例のアサヒの捏造報道と全くおなじなんだよ。

    まあブサヨはもう終わりだ。社会的に抹殺されるのも時間の問題だね。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 09日

    この※欄みてると、ネトウヨ連呼するしか自分を正当化できないバカにはなりたくないって思うねw

    • naoki1333
    • 2014年 8月 10日

    戦後マッカーサーが靖国焼却をやめたのは駐日ローマ法王庁・バチカン公使代理が止めたからなのだよ。こう書くとおバカさんは「バチカンにそんな権限はありません。」と喜んで言い出すだろうが、そのぐらいの影響力はあったのだよ。
    バチカン公使代理は「いかなる国家も、その国家のために死んだ人びとに対して、敬意をはらう権利と義務があるといえる。」「靖国神社を焼却する事は、米軍の占領政策と相容れない犯罪行為である。」とまで言い切っている。
    この戦争の本質について明らかに米国と違う見解を持っている。ミサはその関連で意味を考えるべきだな。
    こんな香ばしいblog久しぶりに見たw

    • ネトウヨに対する整合性のある反論が見たかったけど
    • 2014年 8月 27日

    ぜんぜん反論になってないな
    バチカンのなんか、ホルホルすんな、きもいって言ってるだけじゃん

      

    • 韓国人をとりしまれ
    • 2014年 8月 27日

    今も、昔も、人権侵害の実行犯は、朝鮮人ブローカー。日本の責任などにせず、きちんと売春ブローカーをとりしまる体制をつくるべき。フィリピンやモンゴル、日本の女性も被害にあっている。タレントにしますという甘言で売春を強要している。もはや韓国の国内問題ではない。国連の責任。

    • ななし
    • 2014年 8月 29日

    日本が人道上の被害者だとして、名誉を保護しようとしても、歴史を韓国がねつ造しようとするので
    解決できません。There is proof of being fraud. There is no proof of being a fact. 歴史上の事実としては、親に売られ、女衒にだまされ、経営者に契約の履行を求められた売春婦なのです。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 30日

    まあ、これから韓国は孤立の一途を辿るだろうね。
    日本は韓国の孤立化を推し進めないといけない。

    • キジトラさん
    • 2014年 9月 05日

    南朝鮮は終わりました

    • キジトラさん
    • 2014年 9月 05日

    南朝鮮が潰れる前に未払いODA(13兆円)の回収に走りましょう

    • なす
    • 2014年 9月 05日

    怪しい在日を見かけたら110番

    在日による生活保護受給詐欺事件の摘発がさら進行中。
    各都道府県警察の刑事部捜査二課と警備部外事課の連携でかなりの内定が急加速。
    摘発後は入管による7年の特別永住権の更新は却下する方向で検討中。

    • キジトラさん
    • 2014年 9月 07日

    国連人権委員会とやらと国連ってどんな関係なの?

    • キジトラさん
    • 2014年 9月 09日

    ネトウヨ発狂お疲れ

    • おーるじゃんるな名無しさん
    • 2014年 10月 04日

    ネトウヨ連呼厨マジうぜえ!

    • 名無し
    • 2014年 11月 07日

    一生ネットで吠えてろ低学歴の社会のゴミ

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    日本統治下の朝鮮における公娼は17歳から。
    これは朝鮮で公娼制を決める際、それまでは朝鮮人芸妓が16歳から、日本人娼婦は18歳からだったのでその間をとって17歳からになったらしい。
    当時の朝鮮人が年齢制限守ってるなんて驚きですな。

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    ネトウヨはキモいけど、なんかこの人もネトウヨと表裏一体というか、まあ同族嫌悪なんだろうな
    仲良くやってくれ

    • キジトラさん
    • 2015年 8月 05日

    ネトウヨは日本の恥

    • アホ草
    • 2016年 1月 20日

    ネトウヨとか言葉は半島が持ち込んで騒ぎ立ててる言葉だろ
    ネトウヨの文字見るたびキモイじゃ
    Up主、お前がネトウヨのいい見本だぜ”気づけよ

    慰安婦のことでほえてる暇あったらライダイハンの説明くらいできるよにしとかないとw
    人事気にしてる場合じゃないと思うがね

    せいぜい頑張れ 

    ひとつ教えとくことがあった。「頑張れ」って言葉が放送禁止用語になりそうだって知ったか?
    これもどこぞの国の影響らしい、 いい迷惑

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る