2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネット専業生活を長続きさせるための6つのコツ

ネットでギラギラ輝き続けること

オタク精神科医シロクマさんが、「ネットでギラギラ輝き続けること」についてのエッセイ記事を書いていました。ネットで輝くことはそう難しいことではありません。難しいのは継続すること…。

 

今回は、ネット専業をやり続けるためのコツなどについて書いてみたいと思います。



1.1日のノルマ記事数を決めておく

ネット専業で生きていこうとするからには、普通のブロガーのように1日1記事更新とかでは足りません。2ちゃんまとめサイトのように、1日10記事以上などと高めのノルマを設定しておくといいでしょう。

 

もちろん、最初は1日2~3記事でも構いません。徐々に書ける数を増やしていくようにしましょう…。

 

専業で生きていくためには、1日最低10記事は書けるようにならないと、と個人的には思っています。

 

2.ゼロから考えようとしない

1日10記事!そんなに書くことなんてない、と思う方も多いでしょう。確かに、何も土台がない状態でゼロから記事をひねり出そうとするのは至難の業です。

 

何かたたき台を探して、それを引用・参照しつつ、自らの意見を足していって記事を書けば、すらすらと書くことができます。

 

たとえば、キジトラ速報でわたしは、ブロゴスの記事を適当に探して、それをたたき台にして記事を書いています。

 

想定される反論・意見などを自分で考えなくてもいいですし、引用によって文章のボリュームを出すこともできます。

 

3.「思う」ことを書くのではなく、「思い出して」書く

「~だと思う…」 これだけで記事を書くのもまた難しいものです。感想とか意見って1行くらいで終わってしまうんですよねぇ…

 

オリジナルで人に読ませる文章ってのは、自らの経験や意見・印象などを織り交ぜた文章です。

 

「修学旅行」について「思う」ことを書けと言われたら、青春の一ページ、だとかそんな陳腐なことしか出てこないでしょう。

 

しかし、自らの経験を思い出して書いてみたらどうでしょうか?わたしは、好きな女の子と一緒に回るために四苦八苦した思い出がありますw(今では黒歴史w) 夜に友人と好きな人について語っていたら、まさかの同じ人でちょっと嫉妬心を抱いた、だとか…

 

どうでしょうか。こんな経験だけでも、もう少し引き延ばして具体的に書けば、一つのオリジナルコンテンツとして成立すると思いませんか?

 

4.息抜きは大事

ずっと書き続ける・仕事を続けるってのは苦痛です…ウェブ専業の場合、人と会うこともほとんどありませんから孤独で鬱になりやすい…。

 

ですから、意識的に友人と飲みに行ったり、ランニングなどの趣味を持つようにしたりするようにして、息抜きをするようにしましょう。

 

ネット専業で生き続けていくためには、メンタルコントロールも非常に重要となってきます。

 

5.輝く必要があるのか

ちょっとそもそも論ですが…ネット上では別にプロブロガー・イケダハヤトのように輝き続けなくても、十分稼いでいくことができます。

 

SEOの最近の流行は、ビッグワードを狙うのではなく、ロングテールでニッチな需要を攻めるというもの。大多数に注目されて、「ネットアイドル」にならなくても、月収50万円以上を稼ぐことは簡単です。

 

何百サイトも持っているアフィリエイターなんかは、輝いてなくて地味だけど、稼いでいる… 目立とうと必死にならなくても、地道にコンテンツやサイトを増やしていけば、実はどうにかなるんだってことも知っておきましょう。

 

6.輝き「続ける」必要があるのか

またまたそもそも論。輝き続けなくても、短い間だけ強く輝けば大金が手に入ってくることもあります。

 

去年流行った「進撃の巨人」に特化したまとめサイトなどは、コンテンツの寿命は長くはないですが、短期でガッツリ稼いでいます。

 

そういうものを狙っていくというのも戦術の一つです。

 

記事引用

インターネット上で注目を集め続けるのは難しい。

 

 これまでに、幾つものの人気サイトや人気ブログが興り、消えていった。ある者は消し炭も残さないほどの炎上によって爆発四散し、ある者は誰にも顧みられなくなって更新が途絶え、看取る人も少ないうちに消えていった。

 

 “インターネットの人”としてキラキラするのは、実はそれほど難しくない。今まで明かしたことのない遍歴や性癖をクソ度胸で書きまくったり、時事ネタ・社会ネタに対して極端なオピニオンをがなり立てれば、案外、人は集まってくる。はてなブログはてな匿名ダイアリーの場合は特にそうだ。過激な表現と誇大な気分、PVや承認欲求に対する執着さえあれば、かなり高い確率で“今をときめくインターネットの人”にはなれるだろう。

 

 けれども、“インターネットの人”として一年、二年とキラキラし続けるのは難しい。ネタの引き出しが無くなってくるし、PVやアフィリエイトに月並み感が伴ってくると、文章にあってしかるべき脂身がなくなってしまう。倦怠期に入ったブロガーの文章からは、舌なめずりしたくなるような神通力が失われてしまうことが多い。なにより、視聴者はどんどん飽きてしまう*1

 

 そんなわけで、どんなにキラキラしたブロガーでも、一年~二年程度で息が切れてくる人は多い。ネットウォッチ的には、そうやって息が切れてきてからのブロガーのあがきがひとつの見所で、必死にあがいた挙句にスキャンダラスな燃え方をする人もいれば、新境地を切り開いて大きく成長する人、生まれてくる季節を間違えた蝉のように動かなくなっていく人など、さまざまな転帰を眺めることができる。蝋燭の明るい輝きを眺めるのも素晴らしいが、風前の灯の運命を眺めるのも、それはそれで趣深い

 

via: ネットでギラギラ輝き続けるのは難しいものですね – シロクマの屑籠

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

3df4f6b47cc5d57d6ecaf05f1c8e7adb 600x338 ネット専業生活を長続きさせるための6つのコツ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 10月 06日

    ネトウヨに負けてしょうもない記事しか載せなくなったなw

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る