キジトラ速報

ネットの発達で情報、物流のタイムラグは少なくなったのか?
2016/03/25 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 現代人の暮らすテンポは早い?

    半日ちょっとでAmazonから品物が届く社会は狂っている。

     

    …とオタク精神科医のシロクマ氏が主張しています。Amazonなどを否定しているわけではなく、それだけ早いテンポで暮らしている現代社会の人間がどこかおかしいんじゃないかっていう意見。

     

     ネットの発達で情報、物流のタイムラグは少なくなったのか? 半日ちょっとでAmazonから荷物が届く社会は狂っている

     

    うーん、なんとなく言わんとしていることは分かるんだけど、果たしてそんなにおかしいことなんだろうか、と思う部分も。そもそも、物の取引ってのは即時引き渡しが原則だったわけで…



    別に違和感はない

    若いころには通販などあまり使っていなかったし、自分でネット通販で買物をする習慣がついたころにはAmazonがすでにあったような世代としては違和感はそんなに覚えない。欲しいものはすぐ手に入れたいって衝動が強かったマキシマリストな私としては、好ましい状態に近づいてきているなって感じです。

     

    ただ、私が住んでいる地域では、プライム会員でも半日では届かないので、本当にすぐ欲しいものは近くの店に行って買う(とは言っても、地方なので入手できないことも多いのだが…)。

     

    Amazon 21 ネットの発達で情報、物流のタイムラグは少なくなったのか?

     

    地方は遅れることが多い

    狂っているといえば…少し余談となりますが…東京在住の方でしたら、週刊少年ジャンプの発売日は月曜日(日曜に入手できることもあるとかなんとか…)ってのが常識でしょう。しかし、地方、九州とか北海道・沖縄とかだと、数日遅れて本屋に並ぶ地域もあります。

     

    Amazonが東京でプライムナウとか始めて、コンビニの物流網が整備されている現在でも、数日遅れ。週刊誌なんかも数日遅れる。ネット上では週刊誌の発売日にすでに内容についての話で盛り上がっているのに、地方では発売すらされていない。こんな状況もあるんですよねぇ。

     

    半日で注文の品を届けるAmazonが狂っているのか、数日遅れで本屋に雑誌が並ぶ地方が狂っているのか、なんだかよく分からなくなってきますw

     

    テレビなんかも、地方だと数日遅れとかは珍しくはない。特に深夜アニメとかだと、地方民はツイッターの実況に乗れず、東京・関西圏のネタバレにおびえながら暮らすことにも…w(ツイッターやっている地方民の割合が人口比を考慮しても少ないってのもある)

     

    Amazonやネットの発展によって、情報・商品のタイムラグは少なくなってきているけど、それでもまだまだラグはあるもんです。流行に関しても、地方は東京の数年遅れでやってくるってことがママあるし。わたしは、シロクマ氏が言うほど、社会の時間は早くなっていないんじゃないかなぁとも感じるんですよねぇ。



    カテゴリー ネット全般 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ