2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本人はニュースを受動的に読むだけ 

日本人は、ネットニュースに対して、能働的に行動しない

在英ジャーナリストの小林恭子氏が、英ロイタージャーナリズム研究所のデジタルニュースリポート最新版のデータを紹介する記事を書いています。日本人は、ネットニュース(デジタルニュース)に対して、能働的に行動しない傾向があるようです。 具体的には、SNSでシェアしない、サイトにコメントしないなどなど…。

 

2ちゃんのニュー速系のスレを普段見ているわたしからすると、にわかには納得しがたいデータです…。 ツイッターなんかでも、ニュース記事をRTしたりツイートしたりしている人をよく見かけますし… この調査って本当なんだろうか、と思ってしまうw





確かにコメントするのは極一部

ツイッターでの拡散・共有については、一部の人に限定されているのに気付いていないだけだ、と説明できるかもしれません。 2ちゃんもかなりのレスがついていますが、書き込みしているのはほんの一部だけだ、という推測が可能です。 まとめサイトのコメントは、1000人に1人くらいしかやらないって話を聞いたことがあります。ブロゴスにしたって、数万人読んでいるはずなのに意見(コメント)を書くのはほんの一握りです。同じ人ばかり見かけるしw

 

このように考えていくと、ほとんどの人はコメントせずに、情報を受け取るだけって姿勢を貫いている… これは事実なのかもしれません。

 

それが悪いことかどうかは別

ニュースに対して受働的なのが日本の国民性だとして…それが何か悪いことなのかどうかは、また別問題。

 

確かに、メディア側からすると厄介ですし、盛り上がりづらいなどいろんな問題もあるでしょう。これからのニュースサイトにとって重要なのは、「いかに利用者に参加してもらえたか」だ、という分析は事実だと思います。

 

しかし、身近な人たちに対して公的な問題を語らないってのは、日本人なりの処世術でもあります。 「政治と野球、宗教の話は公の場ではできるだけしない」ってのがありますよね。これでいいんじゃないかなぁと思う部分もあります。 わたしだって、個人のブログなんかでは政治の話はほとんどしないだろうなぁと思います(ブログは持っていませんが)。

 

ニュースに対して積極的・能動的じゃないからといって、悪いとは言いきれない。

 

実名だとなかなかコメントしないけど、匿名なら比較的活発になるって側面もあるんじゃないかなぁと思われます。 このあたりについては、日本についての詳細な検討などはなされていないみたいなので、憶測でしか語れない部分なんですが…。

 

記事引用

ニュースをどのように利用しているかについて調べたところ、「ニュースの参加度」という点では日本の数字が極端に低い。これは前年もそうだった。以下はリポートの中の「国別参加度」の表である(上記リポートの73ページ目)。

c0016826 14452553 日本人はニュースを受動的に読むだけ 

 左から、米国、英国、ドイツ、フランス、デンマーク、フィンランド、スペイン、イタリア、ブラジル都市部、日本の順だ。

 項目は、上から「ソーシャルメディアでシェアする」、「電子メールでシェアする」、「記事を評価する・いいねをつける」、「ソーシャルメディアでコメントする」、「ニュースサイト上でコメントする」、「ニュースについてブログ記事を書く」、「ソーシャルメディアに写真をアップロードする」、「ニュースサイトに写真をアップロードする」、「オンライン投票をする」、「キャンペーンをオンラインで行う」、「オンライン上で友人にニュースについて話す」、「誰かと会った時にニュースについて話す」だ。

 日本の項目を眺めると、ほとんどが一ケタ台で、「ニュースサイトにコメントを書く」は3%のみ。二ケタ台(14%)になったのは、「誰かと会った時にニュースについて話す」のみ。

 逆に、非常に活発にオンライン上で活動をするのがブラジル都市部の市民だ(会った時にニュースについて話す人は44%、ソーシャルメディアで共有は42%、ソーシャルメディアでコメントが33%)。イタリア、スペイン、米国の市民たちもネット上でニュースについて盛んに会話を行っている。

 リポートはなぜ日本で「ニュースの参加度」が低いのかについて、分析していない。ロイター研究所にはぜひこの点を解明していただきたいものだ。

 自分自身の体験から言えば、自分あるいは自分の友人たちあるいはフォロワー同士の反応を見ると、面白い、興味深いトピックがあれば、すぐにシェアがあるので、こうした結果は必ずしもぴんとは来なかった。ただ、「一部の人が盛んにシェアしている・ニュースを広めている」という状況にある可能性もある。ほとんどの人が、いわばニュースを受動的につまり、ただ読むだけという場合が圧倒的なのかもしれない。少なくとも、このリポートはそんな読み手の姿を浮き彫りにしている。

英国とスペインを比較

 日本の状況の分析はないのだが、その代わり、英国とスペインとの比較が出ている。

 そのきっかけは、米国と英国のニュースの参加度を見たときに、母語が同じ英語であり、ネットの接続度も同様であるのに、米国市民のほうが参加度が非常に高いことだった。これはもしかして、「プライバシーやネット上の透明性について、異なる感覚を持っているからではないか」と思ったそうだ。
 
 「英国人は自分の意見を表明したがらない傾向が(米国に比べて)強いのではないか」という仮説を立てた。そして、米国よりもいくつかの項目で参加度が高いスペインと英国とを比較した。
 
 「ニューサイトにコメントを残したときに、実名を使ったか」では、英国が9%、スペインが21%。

 「ソーシャルメディアで使うユーザーネームを使った(これで実名が分かる」は英国で8%、スペインが16%。

 分析の結果、スペインの市民と比べたとき、英国市民は「実名を使うよりも匿名を好む」傾向があったという。

 また、ニュースサイトにコメントを書き込むのは「若い男性」が主だという。英国の21-24歳の47%が、スペインの25-34歳の75%がコメントを書き込んだことがあると答えている。

 リポートは、結論として、米バズフィートのようなサイトはどれだけトピックが広がるかで成功の度合いを測っているけれども、これからのニュースサイトにとって重要になるのは「いかに利用者に参加してもらえたか」だろう、と書く。

 競争が激化する中で、「単にリーチや頻度で計測するのではなく、意味のあるエンゲージメント(従事度・没頭度)が鍵を握るだろう、と。エンゲージメントを高めるのは「コンテンツとブランドへの忠誠心」だという。平たく言えば、面白い・興味深い中身があることと、「このブランド=媒体=なら読みたい」と思う人を増やすことだろう。

 

via: ニュースを受動的に読む人が多いのが日本? 英ロイタージャーナリズム研究所のリポートから

 

関連記事

 

aa4f4edeebac59a0972f40bc1bc8a41c 日本人はニュースを受動的に読むだけ 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 21日

    ロイターで在英ジャーナリスト女からすれば、白人様は全て正しいのです

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 21日

    広告貼りすぎでしょ
    そんなに金が欲しいんですか?

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る