2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

外人から見た日本のネットコミュニケーションの独特な点 

日本のネットコミュニケーションについて

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の中村伊知哉氏が、NHKの「クールジャパン」という番組の議事録・メモ書きを公開していました。お題は、日本のネットコミュニケーションについて。いろいろ面白い論点も含まれていたので、ちょっとピックアップ。

 

まず、匿名文化の日本って点。日本人の95%は匿名かハンドルネームでネット書き込みをしているそうです。

 

日本人は匿名が好き。これは、フェイスブックやググタス(Google+)が日本でいまいち活発化しない理由の一つかもしれません。LINEが浸透したのは、SNSというよりコミュニケーション手段の一つとして定着したからなんだろうなぁと(場というより道具)。



匿名で発現する理由

匿名で発言する理由について、ブロゴスに興味深いコメントがありました。実名で書いてしまうと、「厄介な人間」から攻撃を受けてしまうから…というようなもの。確かに、これは大きい。建前・本音という側面よりも、こちらを恐れている人が多いかもしれません。2ちゃん界隈なんかは特にそうですねぇ。

 

日本ではいまだにネットとリアルをはっきり区別する傾向にあります。で、リアルなら逮捕されてしまうような言動であっても、ネットならOKみたいな勘違いをしている人が割と多い。名誉棄損にあたるようなことを書き込んでしまっても、匿名だし大丈夫的な…w割と簡単に足をつかむことできるんですけどねぇ。まぁ、このあたりについては、以前にも似たようなエントリを書いたので、これくらいで…

 

高齢者のSNS利用

次に、高齢者とSNSについて。60代・70代のSNS利用率は35%にも及ぶらしいです。携帯電話すら使わない祖母を持つわたしからすると、非常に意外な数字。

 

時間が余っていて、誰かの役に立ちたいという願望が強い高齢者…これからもこのような人はどんどん増えていくでしょうから、そういう人たちのためのメディアを作っていくってのも、意外と将来性があるのかもしれません。文字を見やすく、操作方法をシンプルにして…など工夫しなければならない点は多いでしょうけど。

 

知恵袋というとYahoo!知恵袋みたいな感じになっていますが、お年寄りたちの経験・知恵を集めた本当の知恵袋サイトを作るってのも面白そうな気がします。調べてないけど、もうすでにこんな媒体ってたくさん作られてそうな気もw

 

何かとガラパゴス化してしまう日本ですが、いい方向で独自性を伸ばしていきたいものです。

 

記事引用

9年目を迎えたNHKの番組「クールジャパン」。ぼくはご意見番の一人なのですが、日本に住む外国人たちが鋭い切り口で日本を語るその討論に、いつもぼくのほうがスタジオで勉強させられています。
 先日のテーマは「ネットコミュニケーション」。ぼくの本業でありながら、外国人の多角的な議論を受けつつ、誰にでもわかるようにコメントするのは至難でした。これまであまりこの番組のことは語ってこなかったのですが、せっかくなのでメモしておきます。◯はクールジャパン(CJ)での討論、●はぼくのコメント。

◯CJ:日本のネットのコミュニケーションって?

●今でこそスマホで世界の人はケータイでネット使ってますけど、日本でケータイとネットがくっついたのは15年前のことで、圧倒的に早かったんです。それからずっと世界をリードするネットの使い方を育ててきているんですよ。

◯CJ:アンケートを取ってみると、Twitterは学生の90%、facebookは社会人の75%が利用。よく使っています。ただ、外国人は、日本のこんな点が不思議だといいます。
・日本人は食べ物の写真をよく投稿する。3食投稿する。
・Twitterを通じて友だちを作る。相手を信頼して実際に会う。
・ニックネーム・匿名で投稿する。
・面と向かっては話さないのに、ネットでは積極的だ。
・なんでもかんでも「いいね!」を押す。
・自分の意見じゃなくて、人の役に立つ情報を書く。

●総務省によると、ネットで実名で書いてる日本人は5%。95%の人は匿名かハンドルネームで書いているんです。
 日本人の匿名好きには2つの要素があると思います。まず自己主張が苦手、ということ。知識や情報をひけらかしたり、相手を理屈でへこましたりするのが美徳に反します。
 もう一つは、本音と建前を使い分けること。建前の世界で生きてきたんです。ネットだと本音が言えるんだけど、それはまだ自分を隠してでないと言えない。
 でも大事なことは、ようやくネットという、匿名であれば本音を発信できる手段を得た。すると世界一の情報を発信するようになった。建前の世界だったからこそ、日本はネットで発信するインセンティブが高かったんだと思います。

◯CJ: LINEに注目。親子や友だちとスタンプでコミュニケーションを取り合っています。漢字文化、マンガ・アニメ文化が背景にあるのでしょう。

●スマホ以前の携帯電話の時代にも、日本ではデコメというメールに絵を載せるのが好きだったし、絵文字や顔文字も世界に類のない発達をみせていました。
 日本は文字情報以外の表現が豊かな国なんです。家紋のようなマークで表したり、擬音語や擬態語で伝えたり、非論理的なコミュニケーションが得意。言葉を補完するものとしてスタンプや絵文字を使いたがるんです。
 その補完的なものがコミュニケーションの主役になったというのがLINEです。こうした日本人的なコミュニケーションは想像力も必要なんですが、アジア圏でLINEが流行ってるというのは、その楽しさが外国人にもだんだん理解されてきたということだと思います。

◯CJ:シニア向けSNSがすばらしい。リタイアしたひとがこれで生き生きと交流しています。海外ではシニア世代はあまりSNSを使いません。
 
●ある生命保険会社の調査では、日本の60代70代でSNSを利用する割合は35%なんですって。3人に一人はやってる計算。
 会社をリタイアしたシニア層は、特に人の役に立ちたい、他人に認めてほしいという考えが強いんでしょうね。しかも時間はたっぷりある。人と人を結びつけて、その絆を再生するSNSは、そういうシニア層にこそ適していると思うんです。どんどん使いこなしてほしいですね。

◯CJ:改めて、日本のネットは?

●ネットが普及したことで、日本のコミュニケーションの特徴が際立ってきたと思います。匿名好きとか、絵文字とか、シニアが熱いことだとか。でもネットの普及ってせいぜい10数年ですから、まだまだこれから発展していきます。
 ネットのコミュニケーションで日本を元気にしましょう。

 

via: 日本のネットコミュニケーションはクールか? | 中村伊知哉

 

関連記事

 

be7f3045020bb84ff225e44f64758a8c 外人から見た日本のネットコミュニケーションの独特な点 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る