2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「すごい」「やばい」は下品な言葉 大人の女性は美しい日本語を使おう 

大人の女性がつかうべき美しい日本語

作家で作詞家の吉元由美さんが、「大人の女性がつかうべき美しい日本語」についての解説をしている記事を発見しました。「美しい日本語」を身に着けるべきなのは男女共通…ということで、吉元さんの説明を紹介しつつ、美しい日本語や日本語の乱れについて論考してみます。





「やばい」とか「すごい」は上品じゃないらしい

吉元氏は、「『やばい』は、江戸時代には泥棒が使っていた隠語だった」と紹介しています。「やばい」とか「すごい」というのは、あんまり上品じゃない言葉だってのは良く聞く話です。 ※「やば」は、「具合の悪いさま」「不都合」などを意味する形容動詞だったそうです。

 

響きを美しくするコツ

響きを美しくするためのコツは、音読して確認することだそうです。音読しても「汚い」だとか「美しい」だとか感じることができない感性の持ち主だったら、元から矯正しないといけないので難しいですが…

 

「やばい」といえば、「やばいうまい」「すごい良い」などの言い回しが最近にわかに気になりだしました。「すごい」ってのは形容詞であって、形容動詞ではない…本来は、「すごく」と表現すべきなんですよねぇ。「やばく」って言葉はない…のかな?

 

敷居が高い、煮詰まる

「すごい良い」などのケースは、まだ通じるのでそこまで支障はないですが…「敷居が高い」や「煮詰まる」などの誤用・乱れに関しては、コミュニケーションに齟齬が生まれるレベル。日本語の乱れの本当の問題は、乱れることによってその言葉が使えなくなってしまうってことにあるんじゃないのかなぁと思っています。

 

  • ※敷居が高い:不義理をしてしまって行きづらい
  • ※煮詰まる:十分に検討がなされて、結論が出る段階に近づいた状態

汚い言葉を使うと心まで

吉元氏は、言霊の話から引き起こして、日本語の重要性を伝えています。汚い言葉を使い続けていると、心まで汚くなってしまう…ここまで言うと、なんだか胡散臭く感じてしまうかもしれませんが、実際にそんなことってあるんだよなぁと私は思っています。

 

「ちょい悪」なんて言葉が流行った時期もありますが、女性も「言葉遣いの汚い男性は受け付けない」という意見の人結構いるそうですよ…美しい日本語は、大人の女性だけではなく大人の男性のたしなみでもあるのかもしれません。

 

ウェブライティングではカジュアルな文体の方が好まれている現状があるように思えますが、カジュアルな中でも最低限の品位を保つような文章を書いていけるようにしたいなぁと思う限りです。吉元さんからすると拙くて、汚い日本語なのかもしれないけどw

 

記事引用

――吉元さんが考える「美しい日本語」とはどんな言葉でしょうか?

吉元由美さん(以下、吉元):まず「投げないで手渡す」ことが大前提ですね。大切な人に贈り物を渡す時、ポーンって放り投げたりしませんよね? 言葉も同じで、例えば、誰かと会う約束をする時にも、「あなたに会えることが嬉しいです」という心を乗せて、相手に手渡す感覚を持つことが大切です。

万葉集に山上憶良が「言霊によって栄える国」、柿本人麻呂が「言霊が幸をもたらす国」と詠んだように、今から千年以上も前から、日本の超先人たちはすでに言葉の大切さを熟知していました。その言霊の宿った日本語を、私たちは今、ふつうに使っているんです。凄いことだと思いませんか?

――その反面、女性の間でも、略語や極度に語尾を伸ばすなど、言葉の乱れが目立つと言われることもあります。

吉元:「言霊なんて、何のことだかよくわからない」という人にはまず、自分のDNAに、それがすでに刻まれていることに気づいてほしいですね。例えば、「いってらっしゃい」という日頃の挨拶ひとつにさえ、「どうぞ無事に帰ってきてください」という祈りが込められていますし、尊敬語や丁寧語、謙譲語といったものが確立されたのは、字面や形が先にあったのではなく、いにしえの人々がそれらの気持ちを大事にしてきた心から生まれたものだと、私は思っています。

上司の前ではどれだけスマートに振舞っていたとしても、「~じゃね?」と10代の女の子たちのように、化粧室で鏡越しに同僚と話している姿が、果たして、美しいかどうかということを客観的に考えてみてほしいですね。それが大人の女性なら、おそらく見ている方が恥ずかしい気持ちになるでしょう。そう、言葉は、その人自身の美意識の問題なのです。

――どれほどうわべを取り繕っても、ふとした時に素の顔が出てしまうということでしょうか?

吉元:その通りです。自分の発した言葉は、必ず自分に返ってくるものです。外見をどれだけ美しく整えていても、陰で「やばいよね」といった“よろしくない言葉”を使っていたら、同じように「やばい」言葉遣いをしている人たちと引き合ってしまいます。「やばい」とは、元々、江戸時代のドロボウたちが使っていた隠語ですので、これほどの市民権を得てしまう今の日本のあり方も問題ですが、自分が使う言葉の意味をきちんと理解しておくことも大事でしょう。大人の女性には、日本語をもっと大切に扱うことを考えてほしいですね。

 

via: “やばい”は江戸時代のドロボウの隠語 作詞家・吉元由美さんに聞く、大人の女性が使うべき「美しい日本語」|ウートピ

 

関連記事

 

3ed0e27192321ac3c366f19d7e40b352 600x450 「すごい」「やばい」は下品な言葉 大人の女性は美しい日本語を使おう 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (8)
    • ちん ぽこ
    • 2014年 8月 11日

    ちん ぽこ

    • ちん ぽこ
    • 2014年 8月 11日

    ついにネトウヨにも相手にされなくなったな。しこって寝るか。

    • カス
    • 2014年 8月 11日

    バイナリオプションのキモいサイトに誘導すんなボケ
    てめえがカネもらえたら他人がバクチで人生狂おうがどうでもええんやろうがよ

    • 名無し
    • 2014年 8月 11日

    言葉の乱れについて指摘しても「言葉は変化するもの」だの何だの言われて聞いてはもらえない場合も多々あったからな。
    今となっちゃ、勝手にしろって感じかな。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 11日

    知恵遅れまとめブログの管理人なんて賤人そのものが「美しい日本語」とかwwwwwww
    ちょっとお前その首の上に載ってる置物少しは使ってみろよwwwwwwwwwwwwwww

    ※2
    どこにネトウヨ関係あんだよ
    死ねよ糞食民族

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 11日

    AKBを初めとする10代の女ってマジで見下してるわ。
    言葉が汚すぎるって女以前に人としてダメだと思うんだよね。
    中には綺麗なコもいるけど言葉が汚いだけで幻滅だし好きにはなれない。

    やっぱ女に求めるものは知性と教養と礼儀作法なんだよ。
    これが抜けてる女はガンチュウにないね。今までも。これからも。

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 10日

    汚い言葉って言うけど、
    それって関東弁じゃないですか。

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 19日

    「すごい」は下品→紫式部「え?」

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る