2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本人初エボラ感染者か!? 「カワクボ ユウコ」さん、インドで隔離検査中

エボラ出血熱、致死性が極めて高く現在アフリカ大陸を中心に猛威を震っているウイルスです。日本人には現在のところ罹患者は発見されていませんでしたが、「カワクボ ユウコ」さんが感染の疑いありということでインドで隔離され、検査中であるとのニュースがThe Health Siteで報じられています。



A Japanese tourist in Manipur is suspected to have contracted the deadly Ebola virus infection. Kawakubo Yuko, 27-year-old, had already visited five countries and had stayed over in a hotel at Imphal. 

She had taken road-route from Myanmar to reach Manipur. Soon after reaching Imphal, she developed Ebola-like symptoms and was shifted to a private hospital in Imphal. According to the doctors, her blood samples are sent for testing at the National Institute of Virology, Pune.// //

//

 

For better medical care, she was then sent to in J.N. Institute of Medical Sciences in Imphal, where according to hospital staff, she was kept in isolation. They also mentioned that she might be shifted to Regional Institute of Medical Sciences, Imphal if the test results turn out to be positive.

All other local tests for some common ailments having similar symptoms were reported negative. Test results for Ebola are still awaited. Although it’s not known whether she had travelled to any of the Ebola-hit nations in West Africa earlier, until the Ebola test is reported negative nothing can be concluded. 

 

via: Ebola in India: Japanese tourist in Manipur suspected with Ebola | Health News | Health Research | Diet & Weight Loss Tips | Health Products | Medicines & Drugs | TheHealthSite.com

 

エボラ出血熱の危険性について

みなさん既にご存知のことかとは思いますが、このニュースについて踏み込む前にまずは基本的な情報を簡単に整理していきましょう。

 

WHO(世界保健機構)の発表によると、致死率は50-90%と非常に高く、初期症状は発熱、悪寒、下痢、嘔吐などです、進行するに従い口腔や歯茎などの粘膜からの出血、ならびに皮膚や消化器官どからも出血し死亡します。

 

また、エボラ出血熱感染症に対する有効な治療法は存在せず、死に至らなかったとしても後遺症が残るなど凶悪性が極めて高いといえます。しかし空気感染しないことから感染力はあまり高くなく、医師への感染なども医療器具の不足や十分な消毒の失敗などが理由と見られており、更に潜伏中は感染力が無いために、発症者を隔離することで感染をある程度防ぐことが可能です。潜伏期間は最長21日間、そして発症するまで感染力は発揮されません。

 

The incubation period, or the time interval from infection to onset of symptoms, is from 2 to 21 days. The patients become contagious once they begin to show symptoms. They are not contagious during the incubation period.

via: WHO | Frequently asked questions on Ebola virus disease

 

カワクボ ユウコさん

最新のニュースなのでまだ全てがわかったわけではありませんが、どうやら彼女はミャンマーから陸路でインドに移動した後、インドに着いてからすぐにエボラに似た症状に苦しんだようです。また、その前に5カ国ほどを旅していたということが記事に書かれてあります。

 

とはいえ、正確にはまだ「エボラウイルス」であると断定された状況ではありません。検査の結果を待っている状態のようです。しかし、他の近似した症状を発生させる病気の検査では全て陰性のようで、エボラ出血熱の可能性をぬぐい去ることも出来ない状態です。

 

5カ国の意味

とはいえ、こういったニュースには敏感になりすぎないことも大切です。2chやtwitterでは「もう5カ国でウイルスをまき散らしてきたのか」といったコメントがありますが、これは明確な間違いです。一番最初の段落でも説明した通り(WHOの英語記事の引用です)発症前は感染力がありませんのでそのような心配をする必要はありません。平均的な潜伏期間は7日程のようなので、その頃どこにいたのかを知ることのほうが重要でしょう。(もちろん現地スタッフの方はすでに聞いていると思いますが)

 

また、発症は突発的なものであるということから、24時間以内を発症開始のタイミングと言えるでしょうからインドでは直接接触した医療従事者などは十分な感染予防が必要だったでしょう。(アルコール消毒などで簡単に感染力を落とすことは可能)

 

まとめ

まず、「日本人での初の感染」ということに関して驚くべきことはありません。国外にいて感染すること(特に十分な医療的予防が行われていないような地域)は有りうることですし、それに国籍は関係ありません。また、彼女が数カ国を歩きながらウイルスをまき散らしたということも考えられません。とはいえショッキングなニュースであることは確かです。これから海外へ渡航しようと考えている方は、渡航情報をよく確認すること(こちらが安全情報の確認出来るサイトです)、そして出来るだけ人口密集地域には極力行かないように注意が必要でしょう。

 

これほど科学技術が発達しても今もなおウイルスの力というのは甚大です。昔、アメリカがエイズの薬における特許問題で国際問題になったことがぼんやりと思い浮かびますね。

 

関連記事

 

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2 日本人初エボラ感染者か!? 「カワクボ ユウコ」さん、インドで隔離検査中





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る