2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

年金支給年齢、今度は68歳まで上げるとの方針を財務省が出して大炎上、でも…

上がり続ける年金支給年齢、恐らく今後もっと上がっていくことでしょう。人生にアガリが無くなる時代がやってきます。



財務省が厚生年金の支給開始年齢を引き上げるべきだとする主張を展開し、波紋が広がっている。現在は65歳へ段階的に上げているところだが、さらに68歳まで延ばす案を提示。高齢化で社会保障費が増える中、年金制度の持続可能性を確保する狙いだが、インターネットユーザーらは「勘弁してほしい」「絶望しか感じない」と猛反発。財務省は目下、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改竄(かいざん)や、福田淳一事務次官(4月24日に辞任)のセクハラ疑惑に揺れているが、「年金問題」が新たな火種となる可能性も出てきた。

 ことの発端は、4月11日に開かれた財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会。この日のテーマは社会保障制度改革で、財務省の担当者は、65歳に引き上げつつある支給開始年齢について「さらに引き上げていくべきではないか」と提言した。

 財務省の主張はこうだ。今後「人生100年時代」がやってくる中、年金財政が悪化することにより、将来世代の給付水準が低下。平成47(2035)年以降に団塊ジュニア世代が65歳になることなどを踏まえると、早期の支給開始年齢引き上げが望ましいというのだ。

 その上で、欧米の主要国が67、68歳としている現状を踏まえ、日本でも68歳へ引き上げる案を提示。平均寿命は伸びているため、高齢就労が促進され、納付保険料が増えて受給水準が上昇すると強調した。ただ、どのくらい上昇するかには触れなかった。

via: 【経済インサイド】「年金支給68歳」案に非難囂々 財務省に新たな火種(1/3ページ) – 産経ニュース

prm1804240001 n1 年金支給年齢、今度は68歳まで上げるとの方針を財務省が出して大炎上、でも…

 

年金受給年齢は絶対に上がる

非常に残念なことですが、年金受給の年齢が引き上がることは最早不可避でしょう。どう考えても受給年齢は上げるしかない。問題は、どのタイミングで上げるかという、ただその一点に就きます。しかも、なんとも悲しいことですが、既に現状が完全にジリ貧であること、更に今後も上向きになる可能性が全然無いことを考えると、一刻もはやく受給年齢を引き上げるのが道理だと思われます。

 

なぜならば、待っていても状況は全く好転しない状況にあるからです。現状を維持していても問題は解決されません。というか、なんなら68歳に支給年齢を挙げたところで問題が解決されるわけではありません。現役世代がお金を出すことを前提とした制度ですが、もう現役世代はボロボロですから当たり前です。

 

このままいくと辛い、でもいま支給が上がって辛くなる人たちも当然いる。じゃあどうしたら良いかというと、どうしようもないんです。そもそも日本国家全体に無理が来ているというのに、ポジティブなことしか起きないわけがない。基本的にこれからの日本はネガティブなことばかりが待っています。消費税の増税も必ず行われるでしょう。

 

働くしか無い

悲しい現実ですが、最早人生にアガリはありません。定年退職して後はのんびり老後を楽しむ、という生き方は事実上不可能になっていきます。年金がもらえるタイミングはどんどん遅くなるからです。そのため、行きていくためには働くしかなくなるのです。もちろん、その仕事というのもいまいる企業に再雇用されるようなケースはかなりマシで、そうじゃないものも当然想像出来ます。

 

人生100年時代なんて聞くと良い時代になったように思うかもしれませんが、現実はそんなにきれいなものではありません。むしろ働かなくてはならない年数はどんどん伸びていくことが想定されます。となれば、冗談ではなく80歳でも90歳でも生きるために働かなくてはならず、しかしスキルが無ければどんどん低賃金になっていくわけです。本当につらいですね。

 

しかし、一番辛いのは若者です。現状を生み出しているのは若者ではなくていまのミドルエイジからシルバーエイジに掛けて、日本を成長させることができなかった世代だからです。いまの政治意思決定に関わっているのも当然ながら若者ではなく長いことこの世代だったわけですから、日本社会に不平不満を言ってもそれは天に唾するように自分に返ってくるかもしれないというのが現代社会の辛いところです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る