2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

アメリカの研究グループ「もしも北朝鮮が核兵器を使ったら200万人以上が死ぬだろう」

韓国と日本で甚大な被害が出るであろう-そんな恐ろしい研究成果をアメリカのジョンズ・ホプキンス大学がレポートを提出しました。最近ニュースが減っている北朝鮮問題、どうなっているのでしょうか。



 【ワシントン=海谷道隆】米ジョンズ・ホプキンス大の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は4日、北朝鮮が複数の核搭載ミサイルで東京と韓国の首都ソウルを攻撃した場合、死者が最大約210万人に達するとの試算を発表した。

 爆発威力がTNT火薬換算で15~25キロ・トンの25発の核ミサイルを2都市に発射したと仮定。東京で約20万~約94万人、ソウルで約22万~約116万人の死者が出るとした。ミサイル防衛による迎撃などを想定し、爆発成功率を20~80%として被害を見積もった。

 北朝鮮が9月に行った核実験の爆発威力は、日本政府推定で約160キロ・トンで、広島に投下された原爆(15キロ・トン)の10倍以上。

via: 北の核攻撃、東京・ソウルで死者210万人試算 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

00 アメリカの研究グループ「もしも北朝鮮が核兵器を使ったら200万人以上が死ぬだろう」

 

<h3最近減ってる報道 あれだけ騒ぎ立てられていた北朝鮮問題も、すっかり国内の政治問題に持って行かれてしまった感じが否めません。北朝鮮からしたら「おいおい、外圧をもう少し気にしろよ」と言いたくなるくらいのものではないでしょうか。

 

日本に限ったことではありませんが、やはり国内の政治が騒ぎ出すとどうしても世界の問題について見る目が失われてしまいます。とはいえバングラデシュや中東の難民問題から目を離してしまうならわかるのですが、北朝鮮という日本と直結した問題ですら明らかにトーンが落ちていることには驚きを禁じえません。

 

国内の政治劇、小池百合子氏の動向や誰々が排除されただのオレオレ詐欺みたいになっているだの色々騒ぎ立てていますが、そもそも大事なのは政策と政策を考えるための外部の情報ではないかと思うのですが、こういう正論は日本では本当に何の力も持てないのが悲しいところですね。

 

さて、研究の内容を考えると

ジョンズ・ホプキンス大学に対北朝鮮問題専門の研究グループがあることにも少し驚きですが、その研究内容はかなりわかりやすいもの。韓国と日本に核兵器が打ち込まれる可能性の検討と、その成功確率と、その場合の死亡者数を出してくれたようです。物凄い数ですね、210万人。

 

それぞれ最大100万人以上が死ぬというのですからとんでもない試算ですし、何より私が驚いたのは「日本が攻撃される可能性も、韓国と同様に考えているのだ」ということでした。私は北朝鮮が攻撃するなら韓国に徹底的に行うだろうと考えていたからです。

 

アメリカが攻撃する際の最大の障害になっているのは、韓国です。北朝鮮を一撃で葬れない場合は、北朝鮮は韓国に向けている大量のミサイルやロケットを一斉に放つでしょう。そうすれば、アメリカは韓国の被害が起きることをわかっていたのに攻撃したということで国際社会に大変非難されるわけです。

 

そういう意味で、北朝鮮がわざわざ日本に攻撃するのは補給線などを断ち切る目的で行うのかなとは思うのですがそんな風に戦力分割出来るほど軍事力があるのかはよくわかりません。むしろ長い戦争状態にある韓国を攻撃するのではないかと思うのです。

 

どうなっていくのかもちろんまだまだわかりませんが、今回の選挙騒ぎで沸き立つよりも、今回の選挙を生み出した北朝鮮の現状を伺うのは間違った姿勢ではないでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る