2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

メダルよりも安全第一…北朝鮮がスポーツ文化も壊す:欧州は平昌五輪への選手派遣を再検討

北朝鮮というならず者国家は、ただ武力によってアメリカと緊張関係を作っているだけではありません。周辺国家の安全性、治安の悪化にも一役買っているのです。



 【パリ=三井美奈、ベルリン=宮下日出男】北朝鮮の核・ミサイル危機を受け、欧州では平昌五輪への選手派遣を再検討する動きが出ている。

 発端は、フランスのフレセル・スポーツ相が9月21日、ラジオで「状況が悪化し、安全が確保されなければ、フランス選手団は国内にとどまる」と発言し、派遣見送りの可能性を示唆したことだ。フレセル氏は翌日、ボイコットするわけではないと強調したうえで「私の役割は選手を守ることだ」と述べた。

 フレセル氏自身が金メダルを獲得した元五輪フェンシング選手だったため、選手団の間には「家族は心配しており、危険を見極める必要はある。今は練習するだけ」(アルペンスキー選手)などの動揺が広がった。10月には仏五輪選手団が発表され、現在までに派遣差し止めの動きはない。

 北朝鮮情勢への動揺が広がっていることに配慮し、IOCは9月22日、「関係国や国連と連携している。開催準備は予定通り進める」とする声明を発表した。「選手の安全は最重要課題。朝鮮半島情勢を注視していく」との立場を示した。

via: 【平昌五輪】欧州不安「メダルより子供大切」、選手派遣再検討も IOC「朝鮮半島情勢注視」(1/2ページ) – 産経ニュース

160705 2 メダルよりも安全第一…北朝鮮がスポーツ文化も壊す:欧州は平昌五輪への選手派遣を再検討

 

北朝鮮という世界の膿

世界が北朝鮮をならず者国家と呼ぶのは決して間違いではないということをこういうニュースでよくよくわかります。彼らはただやりたい放題やって、韓国やアメリカとの緊張関係を作っているだけではまったくない。そうではなくて、世界全体の治安や安心感みたいなものも奪い取っているのです。テロリズムと同じように普通の人たちの生活を著しく乱すわけですね。

 

そういう意味では、やはり世界の問題っていうのはどの国も同時に考えなくてはならないということですね。放置している間に、こうやってスポーツや文化が破壊されたり妨害されたりするようなことが起きるわけですから。日本だって世界の難民問題など自分たちとは関係ないような顔でいますが、前にもベルギーの日本代表サッカーチームが行った時にスタジアムに爆破予告がされたこともありました。

 

もしもその時に爆弾が実際に仕掛けられていたら、日本代表チームのメンバーが殺されたり怪我をしていた可能性は十分にあります。それを今までは難民やらテロは関係ないと放置していて起きたのだとしたら、やはり日本にも出来ることがあった、それを為す責任があったという話になるでしょう。

 

文化やスポーツを人質にするな

そしてその上で、私は改めて北朝鮮が韓国の五輪を人質にするような形で外交していることに嫌悪感を抱きます。また、先程例に出したサッカースタジアムへの攻撃も軽蔑に値します。スポーツや文化のようなもの、人類の喜びみたいなもの、参加者も誰も罪を負っていないものを攻撃の対象にして、人が死ぬかもしれないようなことをするというのは絶対に許されないことでしょう。

 

徹底的なリアリズムの観点からすればもちろん狙い所であるというのはわかった上で、最低限のラインを乗り越えてしまったら後は混乱だけが待っているはずです。北朝鮮ももしも五輪で何か事件を起こしたり、もしも選手の命に危険が及べば世界中から攻撃されることは確実でしょう。変なことはせずにこの大会に関しては邪魔しないで頂きたいものです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る