2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ラスベガスの事件を受け、あの全ての銃規制に反対してきた全米ライフル協会がとうとう譲歩する

あの強烈な事件の後、多くのメディアが多くのことを語っています。アメリカだけではなく、日本も欧州諸国も。そんな中、とうとう全ての銃規制に反対してきた全米ライフル協会が規制に賛意を示しました。



銃規制強化に反対する団体、全米ライフル協会(NRA)は5日、ラスベガスで起きた銃乱射事件でスティーブン・パドック容疑者が使用した「バンプストック」と呼ばれる銃改造部品に対する新たな規制を求めた。

NRAは、「半自動小銃が自動小銃のように機能できるようにする装置に対しては、追加的な規制が設けられるべきだ」とし、「これらの装置が連邦法に合致しているか、すぐに検討されるべきだ」と述べた。

与党・共和党は長年にわたりあらゆる銃規制に反対してきたが、今回はバンプストックの禁止を検討すると表明している。

連邦議会ではバンプストック禁止法に関する公聴会が開かれる予定で、審議が進む見通し。

via: 全米ライフル協会、銃改造部品の新たな規制求める – BBCニュース

98162873 tv042192242 ラスベガスの事件を受け、あの全ての銃規制に反対してきた全米ライフル協会がとうとう譲歩する

 

全米ライフル協会とは

アメリカの政策を決めているのは誰でしょうか。大統領でしょうか、それとも議会のメンバーでしょうか。民主主義よろしく国民が決めているということも出来るかもしれません。しかし、民主主義のリアルを考えると政策を決めているのは国民であるというナイーブな意見をもつのは難しいでしょう。

 

なぜなら、人々は普段の生活で忙しくて政治のことをゆっくり考えることは難しいですし、一致団結して一緒に何かのロビイングをすることも難しいですし、当然ながら具体的な政策を設計する能力もありません。では議員や大統領などが決めているのでしょうか? そう考えるのも安易かもしれません。

 

世の中にはロビイング団体と言われるものがあります。それは、特定の集団の利益を反映するような政策を作るように政治家に対して交渉を行う団体のことです。例えばTPP交渉によってアメリカの農業に莫大なお金が入るのであれば、アメリカの一人ひとりの農民ではなく、それらをとりまとめる大きな農業団体が自由貿易を積極的に進めるように政治家に圧力をかけたりお金を供与したりするでしょう。

 

では、銃規制に関するもっとも重要なロビイング団体はどこでしょうか。銃規制が進むと売上が激減することが目に見えている、だからこそあらゆる銃規制に反対する団体、業界。それをとりまとめるのが、全米ライフル協会です。

 

銃火器に関する業界を代表している団体で、あらゆる銃規制に対して反発します。なぜなら、銃規制がされるとその業界が小さくなってしまうからです。なんとしても小さくさせないようにと政治家に働きかけ続けるのが全米ライフル協会なのです。例えば大量の人間がそこにいるので、選挙の時に集団票を入れることが出来るということもできるのです。

 

そんな全米ライフル協会ですら

そう、そんな風にあらゆる銃規制に反対してきたはずの全米ライフル協会がとうとう銃規制に対して歩み寄ることが出来ました。それが今回のラスベガスの襲撃事件による一つの、非常に大きな犠牲をともにしながら、唯一アメリカにとって良かったかもしれない結果でしょう。全米ライフル協会が妥協するなんて三ヶ月前だって想像がつかなかったはずです。

 

今回規制に乗り出したのはバンプストックという銃をカスタマイズするアイテムです。これまでは合法的に購入することが出来ました。それを使うと、一発一発引き金を引く必要がなくなり、立て続けに100発近くも打つことが出来るのです。しかし、アメリカの銃を所持する理由であるところの正当防衛のためには余りにも強力すぎる火力です。

 

それですらいままで合法で手に入るコトがあり得ないと言ってしまえばそれまでですが、とにかく全米ライフル協会もこのアイテムについては法律で取り締まるべきだと言うようになったのです。

 

しかし、気をつけなくてはならないことがあります。それは、全米ライフル協会が今回の事件を受けて「酷い事件だったが、この事件がアメリカ国民の持つ銃を所持する権利自体を否定するものではない」と述べていること。当然ながら彼らは、今後もあらゆる銃規制に基本的には反対することでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る