2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

オーストラリアの若者が幸せになるには同性婚が必要だ

先進諸国の中でも同性婚への動きが遅れているオーストラリアでは、同性愛者の精神状態が非常に悪い。同性婚を認めることが国民の幸福に繋がるとなれば、その法制化も当然か。



 オーストラリアはいまだに同性結婚を合法的に認めていない先進国の一つである。 今度の郵便調査で結婚平等が公に支持されていることがわかれば、自由投票が議会で開催される。 そうでなければ、現政権が続く限り、同性カップルは結婚することはできないだろう。  同性カップルは異性カップルよりも精神障害になりやすく、自殺のリスクも高い。もし結婚平等が支持されなければ、彼らの健康にとって非常に有害な結果になるだろう。 これは、同性愛者たちが日常的に晒されている汚名や差別が直接的要因である。  調査によると、同性結婚を合法化した国や地域では、同性愛者と異性愛者の精神衛生上の差ははるかに小さい。 これは、自殺率が何十年にもわたって国家の重大な懸念となってきた若者の場合には特に顕著である。  今週のAustralian Institute of Family Studies(オーストラリア家庭研究所)の全国調査によると、14-15歳のうち10%が過去12ヶ月の間に自傷行為を行い、5%が自殺を試みた。 同性結婚を合法化すれば、同性愛者の間だけでなく、社会全体の自殺率も下がるだろう。

 

同性結婚を合法化すればオーストラリアの若者の自殺率は下がる

Untitled design 11 オーストラリアの若者が幸せになるには同性婚が必要だ

 

同性愛を禁じるのは国民の幸福を奪うのと同じ

法が機能しているのはなぜか? それは国家が国民を処罰する権限を持っているからだ。ではなぜ国家はその権限を持っているのか? それは法が機能しなくては国民の生活を向上させることが出来ないからだ。つまり、法とは国民の生活向上、すなわち幸福に結びつかなくてはいけない。

 

そのような観点から見てみると、オーストラリアにおいて同性婚が認められていないのは明らかに国家の怠慢であることは間違いない。なぜなら、同性婚が認められていないせいで多くの若者が精神的に落ち込んでおり、自殺率も高く、また自傷行為にまで進んでしまうことがあるからだ。

 

同性愛者はそうでない人達と比べると精神的に落ち込んでいる傾向がある。それは同性愛者がネガティブな人間だからではない。同性愛であることを否定的に見る人達によって、不当に精神を攻撃されているからである。

 

同性婚を合法にすることで多くの若者が幸せになることは間違いないことだが、一体なぜオーストラリアはそのために行動しないのか? 今回の投票次第ではその重い腰を上げることになるかもしれない。

 

人は幸せになるために生まれてきた

このように見てみると、改めて同性婚を受け入れない人達が沢山いることが不思議でなりませんし、同性婚を採用していない国があることも不思議に思えますね。だってみんなハッピーになる法制度があるのに採用しないとか国家失格ですよね。国民のために動かない国家にはなんの価値もありません。

 

中には同性婚反対と大声を出している人達がいますが、同性婚を合法にしたところで一体彼らの幸福に何かしらマイナスなことがあるのでしょうか? いいえ、ありません。彼らはただなんとなく気に食わないから同性婚に反対しているだけで、別にそれが合法化されたって困ったりはしないのです。

 

同性婚を認めたら少子化が進むという人もいますが、それって「仕方なく」結婚している人達が減るだけで、それは誰にとってもハッピーなことだし、そもそも少子化問題が語られる時に問題になるのは長時間労働であって同性愛の問題など取り上げられる試しがありません。

 

このように書き連ねてみると、そもそも日本でも同性婚が採用されない理由がさっぱりわからなくなってきましたが、果たして日本は国家としての責任を果たしていないダメな国家なのかもしれませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る