2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

オバマ元大統領夫人「女性でトランプに投票した人は何考えてたの?」

オバマ元大統領の夫人であるミシェル・オバマがトランプ大統領の暴走に対して苦言を呈すると共に、「女性であの人に投票した人がいることが信じられない」といった旨のスピーチをしています。



Former First Lady Michelle Obama has taken a rare, post-White-House dive into politics, telling women who voted against Hillary Clinton that they “voted against their own voice”.

“What does it mean for us, as women, that we look at those two candidates… and many of us said, ‘That guy? He’s better for me. His voice is more true to me’,” she asked, referring to President Donald Trump.

She added: “To me that just says, you don’t like your voice. You like the thing you’re told to like.”

 

ミシェル夫人の言ってること

かなり語気強いスピーチです。トランプ大統領を支持する女性に対してかなり批判的な内容となっています。「お互いに助け合えない社会に向かっている」「あなた達は誰かに好きになれと言われたものを好きになっている」「自分たちの代弁者じゃない人に投票した」と言っています。

 

実際、トランプ大統領の女性蔑視はかなりのものです。女性だけじゃない、なんなら白人男性以外のあらゆる人達に対する蔑視すら感じるレベルですが、女性に対しても相当なものがあります。

 

自分は金持ちだから女はなんでも言うことを聞く、といった旨の発言を選挙中に言ってみて物凄いスキャンダルになってみたり、それに対して「運動部がロッカールームで話すようなちょっとした冗談だ」とうそぶくとプロスポーツ選手に「そんなことロッカールームで聞いたことはない」と痛烈に皮肉られたりしていますから。

 

そんなトランプ大統領を支持した女性がいることに、ミシェル夫人は最早がっかりしているというか怒ってすらいるのではないかなと思わされるような発言でした。

 

言ってることはわからないでもないけど

ミシェル夫人が言っていることがものすごく的外れだとは思いません。実際トランプ大統領を支持してから後悔している人もいるかもしれません。でも、こういう風に安易に「女性」という括りで非難することが果たして正当化可能なものなのかは疑問が残るというのが正直なところじゃないでしょうか。

 

大体、トランプ大統領じゃなかった場合は一体誰に投票することが出来たのか。それはヒラリーただ一人です。トランプ大統領には投票したくない、じゃあヒラリーに投票するかというと必ずしもそうじゃないのが選挙の難しいところ。

 

ヒラリーもトランプもそれぞれの政策があり、強力なメッセージを持っていました。もちろん女性の多くがトランプ大統領に対して不快感があったかもしれませんが、不快感だけで政治家を判断するわけにはいきません。あらゆる政策的観点から政治家が選出されるべきであることは誰にだって明らかなことです。

 

私個人としては、正直トランプ大統領に対して共感出来ない部分も大量にありますが、しかし今回のミシェル夫人の発言は軽率で敵を作るようなものだったのではないかと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る