2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「美味しんぼ」 雁屋哲はネットリテラシーがなさすぎる 

美味しんぼ問題

小学館スピリッツで連載中のマンガ「美味しんぼ 福島の真実編」で、主人公たちに鼻血を出させるなどの描写をして問題になっている件について。 ネットヲチアルバイターいいんちょさんは、ブログで「美味しんぼは日本人の虎の尾を踏んだ」と指摘しています。





美味しんぼだから炎上した

「美味しんぼ」という普段から香ばしい扱いされている媒体が扱ったから炎上したのか、というとそうでもない。どんな作品でも、放射能に関して科学的見解に基づかない描写がなされればある程度は燃えていたはず。 というのが、「いいんちょ」さんの意見。

 

この意見に対しては、わたしも基本的に同意です。ただ、雁屋哲(美味しんぼの原作者)が書いている「美味しんぼ」というマンガだったから炎上が強くなったのも間違いないでしょう。

 

ネットの炎上を甘く見過ぎ

さらに致命的だったのは…雁屋哲さんが、ネット上の炎上という現象を甘く見ていた点。 2ちゃんニュー速で10スレ以上も消費するような事態にあっていたのに、雁屋哲氏はそれに対してあまりピンときていないような感じでした。「鼻血くらいで騒いでいる人は次回以降は発狂する」とブログに書いてしまう始末。

 

ヤバい…となったのは、もうしばらくたって、小学館やスピリッツなどにクレームが入り始めた時期でしょうか。この頃になると、「すべての責任はわたしにある。小学館などに抗議するのは筋違い」とちょっと強気な態度を軟化させています…。

 

雁屋哲さんはブログなんかもやってるけど、ネットは普段使っていないんじゃないかなぁと思います。ネットリテラシーがなさすぎる…。 炎上しかけたときにどうすればいいのか…これに正解はありませんが、今回雁屋氏がとった行動は、火に油を注ぎ続けるようなものでしたから。

 

炎上商法は成功

もちろん、ある程度炎上させたいって思惑はあったでしょう。炎上商法のかいあって、売り上げが低迷していたスピリッツも各地で売り切れる状態になっているようですし… ただ、炎上しすぎてしまった感は否めません。環境相がコメントを出す事態になっていますし、福島県での宿泊キャンセルなんかも実際に起きていて(数百人がキャンセルしたという話はデマ説もありますが)、各地から抗議が入っている状態。

 

わたしは、ここまできたら美味しんぼ打ち切りだけでは済まず、小学館というブランドイメージ全体にダメージがくわえられるんじゃないかなぁと予測しています。

 

虎の尾を踏んだだけではなく、グリグリと踏み潰して挑発してしまった。これが美味しんぼ鼻血騒動の実態なんでしょう。

 

記事引用

ブロゴス:「美味しんぼ」が踏んだ日本人の「虎の尾」 から引用

 

小学館のビッグコミックスピリッツ上で連載中の「美味しんぼ」福島の真実編での福島県などの描写が、物議をかもしている。

 

ことの発端である604話の「鼻血」などの描写を、続く12日発売号の605話内で、ついに実在する井戸川前双葉町長が被ばくと結びつけたことで、引き返しようがなくなってきた。山岡が「夢か」と一言こぼせば、オチがついていたのだが。

 

昨日、この騒動についての海外の反応を紹介した記事を読んだ。

 

ウォールストリート・ジャーナル紙は(中略)フィクションに過ぎない漫画の描写がここまで大きな問題になっているのは、30年以上続く『美味しんぼ』の強い影響力を示すとみている。 『美味しんぼ』描写に自治体が猛抗議 “フィクションなのに…”影響力の大きさに海外紙驚き | ニュースフィア

 

原文を読むとたしかにいっている。

 

And while the manga is clearly fictional, the controversy illustrates just how influential the medium is in Japan. Revolving around the world of cooking and food culture, Oishinbo has been running for some 30 years and is considered by some in Japan to be “the Bible of foodies.” Fukushima Watch: Long-Running Foodie Manga Touches Nerve – Japan Real Time – WSJ

 

ただ、すこし語弊があると思うのは、「美味しんぼ」だから騒動になった、ということではないということだ。おそらく放射線に関して、現行の科学的見解と著しくかけ離れた描写がなされれば、大手連載誌の作品はどれもある程度は燃えていただろう。日本においていま、放射線被ばくについて持論を述べるのは、「虎の尾を踏む」恐れがあるということだ。

 

けれど、「踏んではならない虎の尾」はどの国にだってある。それは文化圏によって姿が違うだけだ。もし、欧州でナチスを肯定する漫画が出版されたら、 「the manga is clearly fictional」なんていえるだろうか。アメリカでKKKをヒーローとして扱う漫画が公開されたら、そんな風にやり過ごせるのだろうか。

 

日本特有なのは踏んだ「足」の方でない、やはり踏まれた「虎の尾」の方だ。

 

放射線や被ばくについて、日本に住む人々がかつてなくセンシティブになっているのは、まちがいないだろう。「美味しんぼ」に向けられた免疫反応のような激烈な批判の数々は、放射線被ばくに関するできるだけ正しい知識を得たいという願いと表裏にある。「リンチ」はよくないが、それらはある程度は健全な反応だと、ぼくは思う。あとは、19日発売号のスピリッツが組むという特集記事を待つしかないだろう。

 

とりあえず、井戸川前町長には原因不明の鼻血について、病院を受診することを強く勧めたい。

 

関連記事

 

2d1af0d87a6ebe34ecc7891d5cf503e7 528x600 「美味しんぼ」 雁屋哲はネットリテラシーがなさすぎる 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (10)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 17日

    おまえもな

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 17日

    東スポのカッパ発見と同じやんけ
    野望の王国書いてたやつに何求めてんだよ

    • -
    • 2014年 5月 17日

    書籍部門もあるんだから、そっちで言いたいこと思い伊切、出版すれば良いのに。編集部が何の見識を持ってないのがあだとなりました。編集者が止めるのがふつう。マンガ編集部を教育しろ。新社屋が泣くぞ。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 17日

    相変わらず管理人クズだな。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 17日

    おーこら在日管理人、おまえオドオドビクビクコメント消すなや?

    どつきまわしたんどボンクラ

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    この件は珍しく管理人さんと同じ意見です(詳細詰めれば違うんでしょうけどw)。

    ただ作者のネットリテラシーがなかったというよりも、根本的な表現の自由について勘違いしていた節があります。2年間綿密に取材したと言いながらあまりにも無責任すぎる内容。根拠が乏しいので読者は納得もスルーも出来ない。ただ不安を感じるしかない表現。

    自由には責任が付いて回る。その基本的原則を忘れてしまってたんだと思います。

    今回のおいしんぼは完全にアウトです。言い逃れはできません。社会的制裁を加え同じような事が二度と起こらないようにする必要があります。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    美味しんぼっていつもそうじゃん

    • 甘く考えたね
    • 2014年 5月 19日

    この「福島放射能問題」は2011年に散々騒がれて、読者もマスコミ関係者もそれなりに賢くなっていますからね

    いつもの調子で、「危険だ危険だ、国が悪い、黙ってるマスコミが悪い」と騒げば、格好がつくと安易に考えてしまった

    今回の件を総括すれば、雁屋氏が国民に知的レベルで敗北したという事だと思う

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    雁屋氏は肝心なところではミスはしてないよ
    震災がれき処理で鼻血なら、大阪ではなく東京と書けばいいのだし
    書かなかったのは自制心がなぜか働いたんだろう

    なぜかは知らんが

    • 甘く考えたね
    • 2014年 5月 19日

    大筋で…東京で…って…、状況を撹乱するためのトンデモなのか、真性なのか…w

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る