2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

民主党・岡田克也氏が集団的自衛権の解釈改憲に反対 「国民不在で内閣が勝手に決めるのはおかしい」 

民主党・岡田克也氏の語る解釈改憲

衆議院議員で民主党最高顧問の岡田克也氏が、「集団的自衛権行使についての解釈を国民不在で内閣が勝手に変えるのはけしからん」といった主張をしています。

 

岡田克也氏のブログの中には、他にも論点となりえる部分がたくさんありますし、安倍総理や安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)についての解釈にもツッコミどころはあるのですが… ここでは、「国民不在で内閣が勝手に憲法解釈を変えるのは間違いだ」という主張に絞って論考してみたいと思います。





政府の憲法解釈とはなにか?

政府・内閣の憲法解釈とはそもそも何なのでしょうか? この出発点が実はよく分かっておらず、軽く調べてみました。法的に根拠のあるものではなく、閣議案件の対象ともならない。内閣法制局が決めることが多い…ということのようです。

 

南部義典氏のブログに詳細が書いてありますので、詳しく知りたい方はそちらを…

 

法的な建前としては、国会を拘束するようなものではないようなのですが、自民党が法律を通すことができるような現状では、内閣(や総理大臣)の解釈変更は大きな意味を持っています。 「解釈変更の前に議論して、歯止めをかけておきたい」というのが野党として当然の立場・考えでしょう。 このような意味では、岡田克也氏が主張していることは何ら不自然なことではありません。

 

「国民不在」

ただ、国民不在で云々という言い方をしてしまうと、「国民を巻き込んでしっかり議論して結論が出れば問題なく解釈変更できてしまうのか」、というようなことにもなりかねません。

 

「国民の多くが自民党を支持して、集団的自衛権行使も支持しているんだから問題ないでしょ?」というようなことにもなりかねない。 果たしてそれでいいのでしょうか。わたしはこのような発言は賛同できません。

 

これまでの歴代政権が、「集団的自衛権行使は認められない」という憲法解釈を変更せずに貫いてきている事実。そして、憲法学者の多くが反対しているということ。 これを正当化するだけの理由が必要だと感じます。

 

国会で議論・追及などして明らかにしてもらわなければならないというのは当然ですが、それは国民不在の中で決めるのは云々って話じゃないってこと。「憲法解釈のスジ・あるべき姿」という観点から攻めるのが有効なんじゃないかと思っています。

 

国民不在云々という聞こえの良いマジックワードで逃げて議論すべきことがおろそかにならないことを祈るばかりです。

 

記事引用

ブロゴス:集団的自衛権―国民不在で一内閣が勝手に解釈変更するのは間違い から

 

集団的自衛権などをめぐり、総理の私的諮問機関「安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)」が結論を出しました。

 

あわせて、安倍総理は記者会見で総理としての考え方も述べられました。このことについては、これからしっかり国会などで議論していきたいと思いますが、まず、私が感じたことをいくつか申し上げたいと思います。

 

安保法制懇の結論と総理の見解には開きがあります。1つは、集団安全保障について、憲法9条の対象外であるという安保法制懇の結論を総理は退けました。

 

そして、集団的自衛権についても、個別的自衛権、集団的自衛権、いずれも憲法9条は認めているという考え方は採らず、限定されたものだけ集団的自衛権を認めているという考え方を示されました。

 

これは、安保法制懇とはかなり開きのあることで、それならなぜこんなに時間をかけて安保法制懇で議論してきたのか、という率直な思いは拭(ぬぐ)えません。

 

いずれにしても、安保法制懇と総理の考え方が示されましたが、いくつかの疑問があります。

 

1つは、集団的自衛権を認めることで、抑止力が高まるということを総理は強調されました。いま議論されている具体的な事例に則して考えたときに、果たして抑止力が高まることになるのかどうか。もう少し踏み込んだ説明が必要だと思います。

 

日本がアメリカに集団的自衛権を行使できることになれば、日米同盟がより強固になり、アメリカの日本に対する集団的自衛権の行使もより保障が厚くなり、確実性が高まる、という議論はあるかもしれません。

 

しかし、日米同盟のために日本の集団的自衛権を認めるというのは、ある意味では歯止めがない。日米同盟を強めるという理由だけで、集団的自衛権の範囲がどんどん広がりかねない問題をはらんでいると思います。

 

集団的自衛権の行使というのは、日本が行使する場合、関係の深い国が攻撃を受け、それに対して日本が一緒に武力行使をするというものです。

 

したがって、どういうケースで日本自身の安全が担保されるのか、つまり、攻撃に対する抑止力が高まるのかということを具体的ケースに則して考えたときに、よく分からないわけです。

 

もう1つ、安倍総理は、「武力行使の目的を持って日本が他国での戦闘に参加をするということはない」と言われました。

 

しかし、集団的自衛権の行使というのは、自らが武力攻撃を受けていないにもかかわらず、関係の深い国が武力行使を受けているときに、日本もともに武力行使をするというものです。

 

「そういうことは絶対ない」と言われると、総理の考えておられる集団的自衛権の行使というのは、一体何なんだろうか。武力行使を伴わない集団的自衛権の行使というのは、そもそも論理矛盾だと思います。この辺が、総理の説明で非常に分かりにくかった点です。

 

他にもいろいろと議論したいことはありますが、国会でも多少議論できる機会はあると思います。

 

最後に私が申し上げておきたいことは、やはり国会での議論は徹底的に行うということです。それなくして閣議決定をするということは、国民不在のまま一内閣が勝手に決めるということになるわけで、そういうやり方を憲法について行うことは、大きな間違いです。

 

多くの政党が納得をし、国民も理解をする。そういう中で、安定性を持って解釈を変えるということでない限り、また違う内閣ができれば、また全く違う解釈がされる。憲法の安定性が損なわれるということについて、しっかり考えてもらいたいものだと思っています。

 

関連記事

 

a2d5360c605ca66c388e85b5a1b7ed86 600x337 民主党・岡田克也氏が集団的自衛権の解釈改憲に反対 「国民不在で内閣が勝手に決めるのはおかしい」 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (8)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    岡田ってまだいたの?って感じだな。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    岡田(笑)

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    岡田ってほんとわかりやすいやつだなw

    • 名無し
    • 2014年 5月 18日

    以前・反日新聞TVに踊らされ、投票した自分が情けない、お前等が反対々で騒ぐ程、逆と受け取る日本人、朝鮮民主党2度目はないんだよ、 韓国人の生活保護率・日本人の5倍以上、中国人の生活保護申請急増・入国直後の申請で・明かに生活保護目当ての入国・本国で集りの教示まで、こ・れ・が・現実、税金で支那朝鮮人の生活援助、こんな事許しちゃいけない、在日支那朝鮮人・反日新聞TV・反日企業・反日偽員・抹消するには選挙、時間が係るがこれしかない、無理・無駄と諦めるなよ今の若者、、、爺婆も>ペコリ

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 21日

    それをお前ら民主党が言う資格は無い。
    何故なら、選挙せずに首相を3回変えたから。
    (もちろん、自民党も言う資格は無いが)

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 12日

    意味がわからん。
    フランケン、人間に分かる言葉で話してくれ!

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 19日

    政治家全般に言えることかもしれんが、民主の棚上げブーメランはキレっキレやな

    • キジトラさん
    • 2015年 2月 19日

    子ども手当てとかほとんど審議せず強行採決して通してたような…
    でもその時自らを律するような真似民主党がしてたとは思えんな

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る