2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

賢いお金の使い方をするための「コンフォート原則」

コンフォート原則

賢いお金の使い方をできている自身はあるでしょうか?

 

ライフハッカーの「本当に賢いお金の使い方」についての記事がはてブで1000ブクマ以上を獲得していました。

 

 賢いお金の使い方をするための「コンフォート原則」 本当に賢いお金の使い方は「毎日長時間使うもの」にお金をかけること | ライフハッカー[日本版]

 

紹介されている方法はごくシンプルで、毎日長時間使うものにお金をかけるってだけ。1日に何にどれくらいの時間を費やしているかに注目し、割合に応じてお金を分配する「コンフォート原則」なる方法です。

 

たとえば、寝具やイス・PCなど毎日長時間使うものには「充分良い」ものを選ぶようにする。



充分良い

このコンフォート原則、非常に理に適っているように思えます。どうせお金を使うなら日常的に使っているものに…合理的ですね。

 

わたしも仕事道具であるPCやその関連用品(マウスなど)、寝具などはできるだけケチらないようにしています。

 

はてブコメントではあまり着目されていませんでしたが、「充分良い」って観点も非常に重要だと感じました。日頃使うからといって無駄に高いものを選ぶ必要はない。ほどほど良いもので十分恩恵を受けることができます。最上位のものよりも中位のものを選んだ方が使い勝手がいいなんてこともありますからねぇ。高ければいいってもんじゃなくて、使い勝手がいいかどうかってのが結局は重要w

 

あと、この値段でこれだけの質のものを手に入れたぞっていう安物買いの満足感ってのもあるんですよねぇwガジェットなんかは、安くてそこそこのものを入手できたら割と満足してしまいます。

 

浪費も必要

コンフォート原則は合理的で、正論です。この考え方には基本的に反論もありません。

 

 賢いお金の使い方をするための「コンフォート原則」

 

しかし、お金に余裕ができたときに、生活用品だけにお金を費やすってのはなんとも味気ないような気もします。人生にはムダも必要です。浪費も愚かとは談ずることはできない、と個人的には思っています。

 

たとえば、寝具・仕事用具など毎日長時間使うものの品質が現状で充分良いと感じているのであれば、わたしはそれらをより上位のものに買い替えるようなことはせず何か他のことに使いたいなぁと…普段やることはないけど、お金に余裕が出てきたからやってみようかなぁっていうような…

 

最近ではわたしは美術鑑賞や趣味のグッズ収集などにお金を使っています。コンフォート原則は趣味にも配慮したものとなっていますが、「贅沢は我慢する方が賢い」っていう価値判断です。

 

何を必要として何を贅沢とするかってのは個人の価値観によって線引きが異なってくるんでしょうけど…必要じゃない贅沢を楽しむ余裕も欲しいなぁ。

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • Taro
    • 2015年 6月 29日

    馬鹿だな「自分に投資する」が第一でしょう。
    自分に投資する観点で見ると、コンフォート原則もその要素の1つでしかない。
    美術鑑賞やちょっとした贅沢もその要素の1つでしかない。
    よって俺は食って寝る。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る