2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

これから音楽聴取の形態はどのように変わっていくのか?

今後の音楽聴取の形態

音楽をどのように親しむか…ここ20年ほど、様々なメディアが生まれ廃れて音楽聴取形態は変化し続けてきました。iTunesでMP3を視聴するってのが、今ではメジャーな形になっていますが、今後さらに変化していく可能性は高いといわれています。

 

では、今後、音楽聴取の形態はどのように変わっていくのでしょうか。



定額聴き放題サービス

メディア論ブロガーの新井克弥氏は、Spotifyなどの定額聴き放題サービス(サブスクリプション・サービス)とiTunesが結びついて覇権を握るのではないかとの予想を立てています。

 

いつでもどこでも、音楽を購入(所有)していなくてもライブラリー(図書館)から本を借りてくるような感覚でDL・ストリーミングして聴くことができる…。で、「音楽を所有する」という考え方が終わってしまうのではないか、というのが新井氏の予想。

 

確かに需要は高まっていくでしょうけど、これが主流になるのは難しいんじゃないかなぁ…

 

dマガジン

サブスクリプションサービスで真っ先に思い浮かべたのがDoCoMoのdマガジン(定額で雑誌を電子書籍形式で購読できるサービス)です。dマガジンは月額400円で100種類以上の雑誌を読み放題という夢のようなサービスですが…いまいち評価されていない。UIがクソだって理由も大きいでしょうけど、評価されない理由はほかのところにもあるんじゃないかなぁと思います。

 

 これから音楽聴取の形態はどのように変わっていくのか? 雑誌読み放題サービスdマガジンのメリット、デメリット | キジトラ速報

所有欲

まず、「所有欲」が満たされない。なんだかんだで、所有しておきたいっていう欲求ってあると思うんですよねぇ。古い考えかもしれないけど、その曲を購入して所有していないといろんなデバイスで聞くことができないっていうデメリットもある(たとえば、ウォークマン・iPodだけじゃなくてカーオーディオでも聞きたい場合などに、サブスクリプションでは対応できない)。

 

通信制限

次に、通信制限にすぐひっかかってしまうって点。所有欲はなくても、いつでもどこでも音楽を聴きたいっていう欲求は多数の人が抱いているはずです。家でWi-FiでDLしてiPodで持ち出して聴くってのも面倒だし、サブスクリプションのメリットをかきけしてしまう気もする。dマガジンの場合、外でDLしていたらすぐに7GB制限にかかってしまいましたw

 

ハイレゾ

音楽所有のプレミアムな形が流行りつつあるってのも忘れてはならないでしょう。ハイレゾ音源です。新井氏ははやるかどうかわからないって言われていますが、2015年はスマホにもハイレゾが普通に搭載されるようになるし、需要が高まるかもしれない。ウォークマンも安いのが出たし、個人的には注目しています。

 

記事引用

2014年、今度はiTunesのダウンロード販売が頭打ちになり、下降線を辿っている。これはSpotify、Sony Music Unlimitedなどの定額聴き放題サービス、いわゆるサブスクリプション・サービスの普及に基づいている。これらでは1000万曲を超えるコレクション(最大のSpotifyは1600万曲)をストリーミング、あるいはダウンロードによって聴くことが可能になる。これに馴染んだリスナーたちは、遂に音楽をコレクションする、所有するという考え方自体を放棄しつつあるのだ(サブスクリプションは、いわば「図書館」。言い換えればコレクションはすでにそこにある)。80年代からCDのコピーを巡って繰り広げられてきた音楽受容の攻防は、iTunes=iPod/スマホによってCDそれ自体を駆逐、つまり消滅させようとしているが、今度はサブスクリプションが「音楽所有=コレクション」という概念を消滅させようとしているのだ。つまりレコード、カセット、CD、iPod(この場合ハードディスク、あるいはメモリー)という物理的なハードメディアを不要とし、音楽だけを純粋に楽しもうする習慣=音楽聴取スタイルの誕生の兆しが見えている。

こうなると、今度はデータであったとしても、あくまで音楽を「販売する」というビジネス形態を採っているiTunesの雲行きがあやしくなってくる。iTunesはデータのダウンロード販売といっても、そこには依然として音楽所有=コレクションという認識が前提(つまり「音楽を購入する=所有する」)されているのだから。いやはや「メディアの重層決定」、なんととどまることを知らないことか(ちなみにSONYが現在志向している高音質再生機器、いわゆるハイレゾ・マシーンだが、これがヒットするかどうかは未知数だ。もはやiPodレベルの音質で一般ユーザーはすっかり満足しているのだから。また、これも「所有」という概念にとらわれているのだから)。

Beats買収はiTunesの次の一手

もちろん、Appleも音楽受容の新たな変化に対して手をこまねいているわけではない。次世代の「コレクションの認識無き音楽視聴スタイル」への適応へ向けて次の一手を考えていることは、もうご存知の方も多いだろう。Appleは今年5月、そのデザインと音質(ドスドスと響く低音強調がウリ。分解能力を基調とするモニター音が好きな僕は一切魅力を感じないが)で若者に絶大な人気を誇るヘッドフォンメーカーのBeatsを30億ドルというAppleとしては過去最大の金額で買収した。だが、AppleがBeatsを買収したねらいはヘッドフォンではなくBeatsが所有するサブスクリプション・サービスのBeats Musicにあると考えた方がよい。つまりAppleはiTunesにBeats Musicを組み込み、サブスクリプションを始めようと画策しているのだ。

もし、現在圧倒的なシェアを誇るiTunesがサブスクリプションを始めたとしたら(一説には来年の5月と言われている)、恐らくサブスクリプションによる音楽聴取スタイルは一気に進んでしまうだろう。Appleのことだから、iTunesやiPhoneをリリースしたときと同様、ものすごく簡単にこれにアクセス可能になるようなインターフェイスを用意することは間違いない(ちなみに僕は現在、Sony Music Unlimitedのサブスクリプション・サービスを利用しているが、実に使いづらい。重いし)。そしてiTunesは現在覇権を握っている。ということは、つまり、あなたのスマホにインストールされているiTunesに、ある日、突然サブスクリプション・サービスの機能が加わり、チョコッとアカウント・サービスをいじることで、これまでと同じようにiTunesを操作しながら、膨大な音楽のコレクションの海に身を投げるという事態をとんでもなく膨大なユーザーたちが始めるのだ。で、これによって他のサブスクリプション・サービスが駆逐されていく。Appleとしてはこんなシナリオなのではなかろうか。

そうなれば、またもやここでわれわれの音楽聴取形態はさらに変容してしまうだろう。もちろん、それがどうなるかは未知数だ。ただし音楽のパーソナル化を何らかのかたちで一層進めること。これだけは間違いないだろう。

 

via: 音楽を所有するという考えの終わり~音楽メディアと音楽聴取形態の変容

 

関連記事

 

itunes これから音楽聴取の形態はどのように変わっていくのか?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2015年 1月 20日

    今は無料音楽アプリで聴く人結構いるみたいだ

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 21日

    まず定額っていうのがもはや時代遅れだと思います。
    ネットって無料じゃないとダメなんです。
    ユーザーが対価を支払うっていうビジネスモデルがネットじゃ古い。
    それじゃ覇権は握れません。

    ネットで聞かせるのなら無料が絶対条件。
    それが嫌なら販売という方法をとるしかない。

    最初は気にしなくてもいい音への欲求って高まってきます。
    だからハイレゾってそういう意味じゃビジネスチャンスだと思います。
    数少ない音楽ビジネスの可能性ですね。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る