2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

鬱病の人は「自分のことしか見えない絶対主義者」であることが判明

今の時代、コンピューターを使えばどんな属性の人がどんな言葉を使うのかも簡単にわかります。鬱病の人たちは、否定的な言葉以上に一人称を多く使うことが判明しました。



うつ病と言語の関係を調査する方法として、これまで取られていたアプローチは、研究者が実際の被験者のノートを読み、メモを取ったりすることでした。当然、人の手による調査となるため、研究を前に進めるのに時間がかかっていたとのこと。テキストの自動解析と機械学習を用いて分析してみたところ、これまで知られていなかった「うつ病」の人たちがよく使う言葉や表現が明らかになってきています。

Depression warning signs: Pay attention to the words they use — Quartz
https://qz.com/1198671/depression-warning-signs-pay-attention-to-the-words-they-use/

うつ病の症状を訴える人の多くが「孤独な」「悲しい」「悲惨な」など、否定的な感情を示す「形容詞」や「副詞」を多用する傾向にあります。しかし、最も興味深いものは代名詞の使用方法にあり、「自分」「自分自身」「」など一人称の代名詞を多用することが判明したとのこと。

逆に「彼ら」「彼女」など三人称の代名詞はほとんど使用されないことが明らかになりました。この結果から、うつ病の人々は自分自身に強く重きを置いており、他者とのつながりが少ないことを示しているとのこと。研究によると、「うつ」を特定するには「否定的な感情を表す言葉」よりも「代名詞の使い方」を調べる方がより効果的であると報告されています。

01 m 鬱病の人は「自分のことしか見えない絶対主義者」であることが判明

By Thomas Leuthard (2008-2017)

次に、64のオンラインメンタルヘルスフォーラムを対象に合計で6400人以上を調査した結果、代名詞や否定的な感情表現とは異なり、「常に」「何もない」「完全に」など、絶対的な大きさや確率を表現する「絶対主義的な言葉」を多用することがわかりました。

研究者によると、うつ病の人は白と黒をはっきりさせたい思考を強く持っていると考えられ、「絶対主義的な言葉」を使っている人の有病率は「不安とうつ病のフォーラム」では約50%、「自殺念慮フォーラム」では約80%とかなり高い値となっていたとのこと。「代名詞の使い方」はフォーラム全体で「絶対主義的な言葉」と似た分布となることは確認できたものの、ここまで高い有病率とはなっていないようです。また、「否定的な感情を表す言葉」で調査すると「自殺念慮フォーラム」よりも「不安とうつ病のフォーラム」の方が高い結果となったことが明らかになっています。

02 m 鬱病の人は「自分のことしか見えない絶対主義者」であることが判明

By Steve Snodgrass

調査対象のフォーラムには、うつ状態から回復したエピソードなどの書き込みをする「回復フォーラム」も含まれており、回復フォーラムに投稿された内容は「否定的な感情を表す言葉」が大部分を占めており、またポジティブな表現も約70%と高い割合で存在したことがわかりました。しかし、「絶対主義的な言葉」の出現率は「不安とうつ病フォーラム」よりもわずかに低い値にとどまりつつも、存在しているとのことです。以前にうつ病を経験した人は現時点で何も問題がなくても、「絶対主義的な言葉」の多用が見られるときは、「うつ」を再発させる兆候であると指摘されています。

via: 機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明 – GIGAZINE

00 m 鬱病の人は「自分のことしか見えない絶対主義者」であることが判明

 

シングルフォーカス

シングルフォーカスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは人間の精神的な視野が著しく狭まった状態のことを指します。例えばお金の事しか考えられなくなってしまったり、あるいは記事にもあるように自分のことしか考えられなくなるような状態のことを指します。

 

そして自殺者やうつ病にはこのようなシングルフォーカスの状態になってる人が多いと言われています。他にも発達障害を持っている人が一時的に他のことに注意を払えなくなるような状態のこともをシングルフォーカスと呼ばれることがあるようです。往々にしてシングルフォーカスになっている状態では精神的に不健康な状態になっていると言われています。

 

悲しい時に雲の形が変わっているのを見続けていれば楽になる、という発達障害の方の言葉がありますがそれが意味していることは、外界に目を向ける重要性でしょう。自分の内側に注意が向き続けているといつまでたっても思考の枠から飛び出すことができません。苦しい時に自分と向き合っても苦しいだけなのです。そうではなくて自分以外の誰か、自分以外の何かに目を向けてみると少し気が楽になることがあるということです。

 

自分だけ見てる人たち

すごく嫌な言い方になってしまうかもしれませんがこのような人たちは自分のことしか見ることができなくなってしまっています。自分の苦しみや悲しみで精一杯で他のことを考えてる余裕がなかったり、外を見ていないからこそ自分のことばかり考えてしまって負のループに入り込んでしまっているのが多いのでしょう。

 

それにしても人間の病気の状況をテキストから分析するというのは非常に面白いことですね。その人たちの日記を読めばその人たちがうつ病になりやすいかどうかということも簡単にわかるのでしょう。これは企業におけるメンタルヘルスにおいても有用な結果のように思います。

 

病気になること自体大きな問題ではありません。できることならそれを未然に防ぎあるいは症状ができるだけ小さくなるようにしていけることのためにこの研究結果が使われることを祈ります。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る