2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

折り鶴は善意で出来たゴミ、もっといい方法を探そう

子どもの頃からよく聞いていたことではありました。折り鶴って誰のために折っているのか? それって犠牲者に届いているのか、ただのエゴじゃないのか? 少しずつこういった言明が許される時代になったように感じます。



平和への願いを込め、ひとつひとつ作られた “折り鶴” 。

広島のNPO「おりづる広島」のサイトによると、広島平和記念公園には日々、世界中から折り鶴が送られてくるのだそうで、その数はなんと年間約10トン! これまで広島市は年4回、1億円をかけてこれらを焼却してきたそうです。し、知らなかった。

 

【誰も悪くない、けど……】

平和を願う象徴の折り鶴が、皮肉なことに、結果的に環境問題としてのゴミを生み出しているという現実。そして多くの税金が処理のために費やされていること。人々の気持ちが、行き場の無いまま燃やされてしまうこと。

「おりづる再生プロジェクト」は、こういった現状を少しでもよくしていくためのプロジェクトです。

 

【折り鶴を再生紙に → 名刺へ】

「おりづる再生プロジェクト」のサイトによると、このプロジェクトのおおまかな流れは下の通りです。

1. 日本や世界各地から届いた折り鶴を「NPOおりづる広島」が回収し、授産施設へに委託
2. そこで選別されたものが、製紙会社で『おりづる再生紙』としてリサイクル
3. それを「株式会社文華堂」が名刺用紙として再利用し、この名刺を販売した利益の一部が「広島市原爆ドーム保存事業基金」へ寄付

 

【問題を解消し、社会貢献にも】

このプロジェクトによって、焼却に関係する問題が解決するほか、売上金が広島市原爆ドーム保存事業基金に寄付され、平和活動にも貢献できます。

また、折り鶴の選別を請け負うのは、身体障がい者や精神障がい者、家庭の事情で就業や技能取得が困難な人に対し、就労の場や技能取得を手助けする施設とのこと。施設にとっては、このプロジェクトに参加することで、自立支援や社会参加にもつながっています。

via: 広島に送られる千羽鶴は1億円かけて焼却されていた! 資源と人々の善意を無駄にしない「おりづる再生プロジェクト」とは? | mixiニュース

 折り鶴は善意で出来たゴミ、もっといい方法を探そう

 

ゴミになっているという厳然たる事実

私たちは一般に、自分たちの善意がゴミになるということを中々受け入れたがらないものです。善意からの贈り物がまさか迷惑になっているなんて考えたくもないし、そう言われたら感情的に反発したくなるものです。 しかし、事実はこうです。年間10tもの折り鶴が届き、置き場所もないので処理をしなくてはならない。そのために掛かる費用は実に1億円。1億円って、ちょっと想像もつかない額ですよね。人の善意を燃やすためにこれだけの巨額を掛けているんですよ。もうやめましょう、こういうことは。 ご存知の方も多いとは思いますが、今回の九州の震災でも同様のことが起きていました。災害直後に必要なものはなんなのか、twitterやfacebookで繰り返し記事がシェアされていました。住むところも不安定で、余震に怯えている時に、折り鶴が何をしてくれるのか。 食品、衣類、寝具、生理用品、生活水などなどもっと現実的で有効な贈り物はあるはずなのに、善意で出来たゴミを贈ってしまう。これは大変な問題です。折り鶴を作る時間でバイトでもして、そのお金を災害支援をしている組織に寄付したほうがよっぽど良いでしょう。

 

それでも、そのゴミは善意で出来ている

しかし、そのゴミが善意で出来ていることはやはり無視出来ない事実でしょう。行き場の無い悲しみや怒りや、祈っていますという気持ちを伝えるための方法として折り鶴が選ばれているだけのことです。人によっては物を送ったり寄付をすることでそれを伝えています。 ということは、折り鶴はゴミであるということをきちんと周知した上で、それ以外の方法をその人達に提示するのが最も生産的な行為であると言えるでしょう。冷笑的に、折り鶴なんかゴミになるよと言うくらいなら、寄付のためのサイトや口座を伝える方が意味のある行為です。 あるいは、ゴミにならない形で祈りを届けるということも1つの方法でしょう。それはミュージシャンが公演をしに行くことかもしれませんし、お笑い芸人がコントをやりにいくこともそうかもしれません。折り鶴との最大の違いは、それがゴミにならないということです。受け取る側に負担を強いるような形ではない、祈りの伝え方はあるはずですよね。

 

まとめ

折り鶴はゴミになる。けれども、その善意をゴミにしない方法はきっと存在する。というか現に、物資の提供や寄付という形が確かに存在しています。理想は折り鶴を折っている時間を何かお金に替えて送ることでしょうが、子どもには中々難しいかもしれません。 それにしても、フリーマーケットを開いて現金化するなど子どもと大人が一緒になって考えれば出来ることはたくさんあるはずです。祈りを届ける形は、折り鶴だけではない。そして折り鶴はゴミになるのだから、違う形のほうが望ましいということを、私たちはいい加減学ぶ必要がありそうです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2016年 5月 27日

    その折鶴、名刺にするんじゃなくてひと束10円で回収してくれないかな。
    で、次に災害が起こった時にひと束100円で売り出す。利益は被災地に寄付。
    被災地には金が入って、折鶴を折る方も手間が省けて被災地には実益を送れる。
    しかもこれを繰り返していけば被災地に送られる折鶴も減りそう。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る