2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

大津市市長、待機児童を0にする秘訣は「覚悟」:高齢者に冷たいと言われても

非常に明確なメッセージを持って市を動かしている大津市の市長の記事です。高齢者に冷たいと言われようとも改革を続ける彼女の姿には覚悟の美しさがあります。



 「待機児童の解消」が叫ばれて久しいですが、昨年4月の全国の待機児童は約2万6千人。大津市では、平成27年4月から3年連続で、年度当初の待機児童ゼロを達成しています。「待機児童ゼロにするには、どうすればいいか」とよく聞かれます。

 まず、保育園のニーズをしっかり見積もること。大津市では、私が市長になった直後の平成24年4月の待機児童は、約150人でした。そこで、1年間でほぼ同数の保育園の整備をしましたが、待機児童の数は減らず。

 これは、保育園の申し込みをしていないので待機児童としてカウントされていないが、実際に保育園ができたら入園させたい-という潜在的なニーズが大きかったためです。結局、待機児童がゼロになるまでに整備した保育園の定員は、約1500人。待機児童の10倍になります。

 待機児童をゼロにするには、保育士の不足、保育園をつくる場所がない、など多くの問題があります。しかし、何よりも一番大切なのが、市長の覚悟です。待機児童ゼロ達成後も、毎年、保育園を増やし、これまでに約2千人分の保育園を整備しました。そのための予算は約28億円。市も、お金のある時代ではありません。結局、何か別の予算を削って、保育園に回すことになります。

 大津市でも、高齢者のマッサージ券や敬老祝い金などをなくしてきました。当然、「高齢者につめたい」と言われます。しかし、子育てにお金を使わなければ、高齢者を支える若者もいなくなってしまいます。批判があっても、税金の使い方を決めるのは一番大切な市長の仕事。覚悟が問われます。

via: 【越直美の市長のお仕事(2)】「待機児童ゼロ」に必要なもの(1/2ページ) – 産経WEST

wst1801290063 p1 大津市市長、待機児童を0にする秘訣は「覚悟」:高齢者に冷たいと言われても

 

シンプルな解決策

あらゆる社会課題を解決する最もシンプルな方法を大津市市長が明確に示してくれています。それはビジョンを明確に持つこと、資金などリソースをしっかり投入すること、具体的な施策を打つことです。この3つが出来ればどんな問題も解決することが出来るのです。

 

市長のビジョンは明確です。それは待機児童を無くすというもの。非常にシンプルで、明確かつ共感されやすいものになっていますよね。そして資金やリソースの投入。このプロジェクトのために何人もの人が専業で従事したはずですし、予算もしっかり使っている。更に、具体的な数字目標を立ててそのために必要なものを誘致したり作ったりしている。これで成功しないわけがない。

 

世の中にある多くの問題についてもこのような手法で取り組めば随分違うはずです。ハーバードのロースクールを出ているだけあって、課題に対する解決アプローチが非常に明瞭で素晴らしい市長ですね。

 

そして一番の秘訣は覚悟

記事の中にもありましたが、結局どれだけ口でいったところで最後の最後は実行出来るかどうか。嫌われようとも覚悟を持ってそれを遂行することが出来るかどうかです。その点において、このプロジェクトが成功に終わった一番の理由はこの市長の強い覚悟でしょう。

 

高齢者向けの予算を結構引っ張ってきたようですし、敵も増えたはず。市長も選挙によって選ばれるわけですから市民の一部を敵に回すと言っても過言ではありません。しかし、その甲斐あって出生率が1.3から1.5へ。この時代にしっかり出生率が上がるところまで改善し続けたということは経緯に値します。凄い。

 

これから若手の市長などもどんどん増えてくるでしょう。その時に、なんらかの覚悟を持って最後まで遂行し続ける力があることを祈っています。社会は変えられる、というわかりやすいメッセージが大津市市長から得られました。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る