2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

監視したがる親、駅の移動もしっかりチェックの異常

子どもがどこにいるか知りたい。何をしているか知りたい。そんな欲求は当たり前のものかもしれません。しかし行き過ぎると強烈な抑圧として子どもに負担が掛かることもまた、間違いないでしょう。



JR東日本とセントラル警備保障は9月7日、見守りサービス「まもレール」の提供を10月に始めると発表した。子どもが「Suica」「PASMO」で駅の自動改札を通過すると、保護者のスマートフォンに利用駅、通過時刻、チャージ残額を記載したメールが届く。通知はJR東日本アプリ(iOS/Android)でも受け取れる。

kf jr 01 監視したがる親、駅の移動もしっかりチェックの異常

 小学生~高校生が対象。10月1日から山手線、中央線(東京駅~高尾駅)の57駅で導入し、2018年春までに首都圏244駅で使えるようにする。

 料金は子ども1人・通知先1件の場合、月額500円(税別、以下同)。子ども1人につき、通知先登録は最大2件まで(1件につき追加料金100円がかかる)。9月13日から公式サイトで申し込みを受け付ける。

via: JR東、子どもの改札通過を通知「まもレール」 「Suica」「PASMO」活用 – ITmedia NEWS

kf jr 04 監視したがる親、駅の移動もしっかりチェックの異常

子どもの安全のために

タイトルを見て最初に思うのは「気持ち悪い」である人は少なくないのではないでしょうか。子どもを心配する気持ちもわかりますが、いつ改札を通ったのか、どの駅にいるのかをすべて把握しようというのは薄ら寒い感じがします。

 

もちろん、小学生の子どもであれば話は全く別です。特に年少だとどこに行ってしまうかわかりませんし、迷ってしまった時に対応がしやすいことは悪いことなわけがありません。

 

しかし、このサービスの対象者に高校生が入っているとなると話は変わってきます。そこまでいくと、それは安全のためではありません。そこにある欲求は「すべてを把握したい」という歪んだ支配欲であると言わざるをえないでしょう。

 

どこにいるか知ること

文中ではまさしく「スマホを持っているのに、どこにいるか連絡がつかないときがある」などと言っていますがそれは当然でしょう。別に四六時中親に居場所を伝えなくてはならない理由なんてどこにもありません。

 

子どもには子どもの生活があり、その全てをコントロールしようとするのは大変危険な行為です。大体、子どもだというだけで人の生活に土足で入ることについての抵抗がなさすぎます。普通は人の居場所を正確に知りたいなんて言ったら明らかに異常なわけです。

 

逆に、この家族の人達に言いたい。あなたにGPSが付いた携帯を渡してもよいのかと、どこにいるかリアルタイムで把握されて嬉しいかと。もしも事故があったら心配だから、どこにいるかわからないと危ない目にあってるかもしれないと思うから、そんな理屈で納得するんですかと言いたい。殆どの人はしないでしょう。

 

にも関わらず、自分の子どもであればそんな無茶苦茶な要求も通ると思ってしまう。そんな親がたくさんいるのだとしたら、僕はその子達に心からの同情を示したいと思います。

 

監視社会

しかし、こうやって情報技術が発達すると本当に多くのことが出来るようになりますね。VR技術の発展に伴い、いまこんな技術が開発されようとしているそうです。

 

それは、そのレンズを通して人を見ると「顔を認識して個人を特定し、SNSやweb上の情報を見つけ出してくる」というものです。全く知らない他人をちらっと見ただけでその人のtwitterやfacebookを簡単に見つけられるようになるかもしれません。

 

これにはゾッとする人も多いハズ。こういう情報技術の発展には必ず社会の規制が必要になってきますが、こういうお守りレールなんて許している間にもっと怖いことが進んでいるかもしれませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る