2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

自撮りを撮ったら兄に殺されるパキスタン

自撮りをする。それが兄に殺される原因になってしまう国もあるということを、私たちは心に留めておかなくてはならないでしょう。そしてもっと覚えておかなくてはいけないことは、それが正義の名の下に正当化されることがあるということです。

 

【7月17日 AFP】保守的なイスラム教国のパキスタンで15日、セルフィー(自撮り)写真をソーシャルメディア上で公開して賛否両論を巻き起こし、有名人となっていた女性が、実の兄弟によって殺害された。警察当局は17日、逃走していた容疑者は逮捕され、犯行を自供したと発表した。

 殺害されたのはカンディール・バローチ(Qandeel Baloch、本名:ファウジア・アジーム、Fauzia Azeem)さんで、年齢は20歳代とみられている。バローチさんは、社会的なタブーを果敢に打破することで、同国の多くの若者たちから称賛されていた一方、保守派からは非難を浴びていた。

 警察当局によると、バローチさんはパンジャブ(Punjab)州ムルタン(Multan)近郊の村ムザファラバード(Muzzafarabad)で絞殺された。

 ムルタンの警察幹部はAFPの取材に対し、「カンディール・バローチさんは殺害された。彼女の兄弟によって絞殺された。名誉殺人とみられる」と語った。

 バローチさんは家族とともに、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」明けを祝う祭り「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」のため、ムザファラバードを訪れていた。

 警察はバローチさんの父親の訴状に基づきバローチさんの兄弟のワシーム容疑者に対する捜査を開始した。父親は訴状の中で、「息子は娘に芸能活動を止めて欲しいと思っていた」ため、ワシーム容疑者がバローチさんを名誉のために殺害したとしている。

 ムルタンの警察幹部はAFPの取材に対し、ワシーム容疑者は16日夜に逮捕され、バローチさんを「名誉」のために殺害したと自供していることを明らかにし、「ワシーム容疑者は、きょうだいが主にフェイスブック(Facebook)に最近いかがわしい動画を投稿したことで、名誉のために殺害したと供述しており、罪を認めている」と述べた。(c)AFP

via: パキスタンのSNS有名人、実の兄弟に「名誉のため」殺害される 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News





状況の整理

まずは簡単にこのニュースの肝を説明しておきましょう。殺された女性は、SNSなどで自撮り写真を公開していました。それは保守的なイスラム国家にとってはショッキングなことでした。

 

それに対し、兄は名誉を守るためとしてこの女性を絞殺しました。果たして、守られた名誉とは誰のものだったのでしょうか。

 

1つ安心したいのは、この容疑者は逃走した後、無事に逮捕されているということです。これが圧倒的な正しさを持って、むしろ「よくやった」と褒められないような環境であることに一安心します。

 

誰の名誉なのか

名誉殺人って時々聞いたことがあるかと思いますが、これって誰の名誉かご存知ですか? 決して女性の名誉ではありません。父や家族の名誉なのです。

 

名誉殺人は、最悪の場合女性がレイプされた場合にすら適用されます。レイプされた女性は、悲しみの中更に家族によって殺されるというのです。本当に、絶句します。

 

正義の裏の顔

しかし、私たちは同時に考えなければいけないことがあります。それは、このような名誉殺人が認められていたという事実と、そのような慣習が当然のように認められていたということです。

 

いわゆる西欧的な価値観に基づくと当然ながら許されるものではありません。しかし、みだりに女性が肌を晒すこと自体が許されないような場所ではこれがまかり通っていたのです。

 

少し別の視点を取ってみましょう。イスラーム国家においては、女性専用の銀行があったりします。それは当然ながら国によっても認められています。

 

それに対して、日本にも女性専用車両というものがありますよね。これも国によって認められつつも、同時にそれに対して反対する人達が沢山います。

 

ここで仮に権利という言葉を持ちだしたときに「権利が尊重されている」のはどっちなのでしょうか。何の迷いもなく、どちらかだと断定出来るでしょうか。

 

ここに、1つの難しさがあるわけですね。正義というのは何かということだけではありません。良いこと、悪いこと、望まれること、望まれないこと、それらは一言で述べられる程シンプルな構造にはなっていません。

 

それをも同時に自覚する必要があるのです。

 

まとめ

名誉殺人という言葉が持つショッキングさと、そしてその言葉に隠されてはいけない暴力性と、そしてその暴力を暴力と認識する自分の認知構造とに自覚的になるということ。

 

これは簡単なことではありませんが、決して忘れてはいけないことです。最近の相次ぐテロ、怖くてニュースを聞くのも嫌になってしまいますが、果たして世界に広がり続けている暴力と、それを迎え撃つ西欧的な正義とを直視していますか?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る