2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

スマホユーザーの多くが、端末内に音楽を保存し、イヤホンを使って音楽を聴いているはず。しかし一般的にスマホにはイヤホンが付属されていません。市販品を買うのが普通で、多くの人がイヤホン選びを経験したに違いありません。

しかしどんなイヤホンがいいのでしょう。現在は価格やデザインはもちろんのこと、Bluetooth対応か、防水性を備えているかなどが重視されるはず。加えて耳へのフィット感も気にするべきでしょう。

では今回紹介するイヤホン「Parasom A1」は、どんな点を売りにしているのか。早速商品をレビューしてみましょう。





梱包品をチェック

送られてきた商品を開けてみましょう。

160918par 01 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

箱を開けると、中にはイヤホンを収納する専用のボックスが入っています。イヤホンは絡まりやすいもの。専用のボックスにしまえれば、絡まりにくくなり、カバンなどからすぐに出せるようになるでしょう。

160918par 02 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

専用ボックスを開けると、中にはイヤホンと充電用のUSBケーブル。そしてイヤーカバーの予備が2つ、耳に固定するリングの予備が入っていました。

160918par 03 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

イヤーカバーは大きさの異なるものが予備として入っています。自分の耳に合わせられるようです。

160918par 04 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

また、耳にかけるホールド用のリングも異なる種類のものが入っています。

160918par 05 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

ちなみに説明書は2枚。どちらも英語で書かれています。しかし、ボタンの説明などは図を見ればおよそ検討はつきます。

160918par 06 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

イヤホンをチェック

「Parasom A1」の売りとして、耳への装着方法が自分の好みで選べるようになっているのです。ホールドなしで直接耳に挿し込むか、柔らかい素材のホールドリングを使うか、固めのリングで固定するかを選べるようになっています。

160918par 07 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

実際の音はどうでしょう。あくまで個人的な感想ですが、耳へのフィット感がいいせいか、ずっしりとした音が響く感じです。高音域が物足りなく感じますが、総じていえば十分な音域をカバーできているのではないでしょうか。

160918par 08 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

 

160918par 09 Parasom Bluetoothイヤホン「Parasom A1」赤いケーブルが映えるデザインが売り

ちなみにメーカー公表の説明を見ると、「適度に高音域と低音域が落ちていて、中音域が厚く」と記されています。あえて高音/低音をある程度抑えて中音域をのばすようにしているようです。

使ってみた感想

イヤホン自体の重さはわずか15g。ノイズキャンセリングやBluetoothを採用し、運動時に装着することを想定したイヤホンと言えるでしょう。

それだけに防水機能だけはつけてほしかった。運動するときには汗や水がイヤホンにかかることがあるはず。もし水がかかって壊れてしまったら残念ですよね。

とはいえ、デザイン性はもとより、耳へのフィット感を高めるために装着方法を選べることができるのには感心。とても気が利いてますよね。

もしBluetooh対応イヤホンを探しているなら、フィット感重視で「Parasom A1」を試してみてはいかがでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る