2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

なぜオランダでは複数の担任がクラスを受け持つのか? ワークシェアリングと最先端教育

なんとオランダのクラスには複数の担任がつくといいます。仕事量を調整出来るのに加え、ハズレの先生に当たりづらく、産休が起きても急な変化が起きないなどメリットが多く見られます。



「娘さんが転入するクラスは、月曜日と火曜日がA先生、水曜日から金曜日がB先生の受け持ちになります。どちらも素晴らしい先生なので、きっとすぐ慣れますよ」

筆者の娘が移民のためのオランダ語補習校から一般の小学校に転入するとき、校長先生は娘のクラスに複数の担任の教師がいるのだと教えてくれた。オランダはワークシェアリング(またはジョブシェアリングやワーキングシェア)という、仕事を雇用者同士で分け合うことで各々の労働時間を短くするシステムを積極的に推進してきた国。そのシステムは学校の先生たちの仕事にまで浸透してきているのだ。

当時の筆者は「これが噂に聞くワークシェアリングか」というくらいに受け止めていたが、娘の転入から数週間後に、あることに気が付いた。B先生が担当するはずの週の後半の水曜日でも、前半担当のA先生が学校に来ていたのだ。しかし奇妙なことに、娘のクラスではなく別のクラスの生徒たちとあいさつを交わしている。

疑問に感じた筆者が娘にそのことをつぶやくと、彼女は意外な言葉を口にした。

「A先生は、水曜日から金曜日も学校に来てるよ。でもその日は、うちのクラスじゃなくて隣の2組を教えているんだよ」

この言葉に筆者は、頭を殴られたほどの衝撃を受けた。

月曜日から金曜日まで同じクラスを受け持つこともできるのに、あえて複数のクラスを受け持つ。つまり、あえて生徒たちに複数の教師をあてがっているということだ。

そしてその複数担任制の恩恵を、筆者自身も後に受けることになる。

そんな奥深い、オランダの「小学校教師」という職業について詳しく見ていきたい。

via: 世界一の教育国・オランダが実践する「まったく新しい小学校担任制」(倉田 直子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

449fd89bae039f796d7055f3d7f807d1 なぜオランダでは複数の担任がクラスを受け持つのか? ワークシェアリングと最先端教育

 

ワークシェアリングという考え方

今回の記事でまず一番に取り上げたいのはワークシェアリングという考え方です。日本の現状を考えてみても、非常に良いものだと思います。その名の通り、ワークシェアリングとは一つの仕事を複数名が受け持つことで1人1人の労働量を減らすというものです。

 

これはもっとマクロな目線で言うなら、「一部の人は長時間労働でボロボロになる一方、非正規雇用の人やもっと働きたいのに仕事にありつけない人達が仕事を分担しあう」ということになります。収入が減ってしまうケースもありますが、その場合も労働時間が随分減るので必ずしも悪い話ではありません。

 

しかも、1人じゃなく複数に分担することによって、集中力が減ったりすることで効率が悪くなるようなこともありません。マネジメントが上手ければ、分担しているのに成果は上がり、それによって収入が担保されるようなケースもあります。

 

学校の担任もワークシェアリング

これも驚きの制度ですが、なんと学校の担任もワークシェアリングするというのですね。メリットは2つ。担任をしている人間の労働時間が過重になりすぎないこと。いま日本の先生の働き方は完全におかしくなっており、残業時間も尋常ではありません。一時的なものではなく恒常的で、かつ解決の兆しが全く見えないのが現状です。

 

そしてもう一つのメリットは、生徒が触れる大人の数が増えることです。子どもたちにとって、学校の担任というのは非常に強い支配力を持った権力者です。その人が意地悪をしようと思えばいくらでも意地悪が出来、通信簿などに影響を与えることも容易です。

 

親と先生くらいしか触れる大人が少ないと、価値観は狭まり自分に与えられたルールが絶対だと思ってしまいます。少しでも多くの大人に触れ、様々な価値観の中で自分に合うものを取捨選択していくような文化が育つというのも大事なことでしょう。要するに、ハズレの先生に当る可能性が減るということですね。すごく大事なことだと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る