2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【PC遠隔操作事件】”真犯人”からのメールを受け検察側は保釈取消しを検討、片山祐輔氏は失踪… 

真犯人を名乗る人物からのメール

PC遠隔操作事件が大きく動き始めました。

 

先日、落合弁護士の他、マスコミ関係者などに真犯人を名乗る人物からのメールが送信されました。裁判中の片山祐輔被告人の無実が証明されるかっと思われたのですが… 検察側は裁判所に対して保釈取り消しの申請を検討しているようです。

 

というのも、片山祐輔氏が河川敷で不審な行動をしているのを捜査側は目撃。で、その場所からはメール送信に使われたと思われるスマホが発見された、というのです。 片山氏が河川敷にスマホを埋めて、予約送信機能でも使って不審メールを送信したというのが合理的な解釈のように思われる事態…。





片山氏は失踪

片山氏本人は、5月19日の午前中から弁護士などと連絡が取れない状態になっているようです。19日午後に行われた弁護側の記者会見にも欠席。実質的に行方不明となっているんじゃないかなぁ。

 

捜査側の情報を信じるのであれば、片山祐輔氏が自作自演をしたのはほぼ間違いないでしょう。問題は、河川敷で不審な行動をしていたっていう証拠を確保しているのかどうかってことだけ。

 

弁護士側もこのような事態には戸惑っているんじゃないかなぁ。正直、そのまま裁判が進んでいたら本当に証拠不十分で無罪判決を勝ち取っていた可能性があった。

 

捜査側の陰謀だとか捏造だ、とかいうことはあまり言いたくありませんが、片山氏がこのタイミングでこのような行動を取るメリットがよく分からない。本当に逃亡していたとしたら、保釈取り消しはまず免れないでしょう。 もしかしたら、自殺している可能性もあるかもしれないので、警察などは迅速に身柄を確保してもらいたいところ。

 

操作側の発表が本当なら有罪はほぼ確定

ちょっとリアルタイムでことが大きく動いているので、軽はずみなことは言えませんが… 一連の経緯で、裁判の勝負はほぼ決着してしまうんじゃないかなぁという予感がします。推定無罪の原則に従って、まだ無罪の可能性が高いと考えてきたわたしですが…今の段階での情報を総合すると、有罪の証拠がほぼ固まってしまったんじゃないかなぁという印象。まだ捜査側の証拠などと見てみないとわかりませんが…

 

事件自体とは直接関係がありませんが、弁護団が一番かわいそう…。それなりに刑事事件では有名で「最強弁護団」といっても過言ではない布陣でした。歴史的な冤罪事件となる可能性もあっただけに、弁護側は落胆の色は隠せないでしょうし、経歴に傷がついてしまうのも避けられないかと思われます。 うーん、事件の推移、どうなっていくのか注視していきたいとおもいます。

 

記事引用

NHKニュース:「真犯人」メール 元会社員自身が送信か から引用

 

パソコンを遠隔操作して殺害の予告などを書き込んだとして元会社員が起訴された事件で、先週、報道各社などに届いた自分が真犯人と主張するメールについて、捜査当局が元会社員自身が送信したという見方を強め、調べを進めていることが分かりました。 東京地方検察庁は元会社員の保釈取り消しの請求を検討するものとみられます。

 

パソコンの遠隔操作事件では、インターネットの掲示板などに殺害や爆破の予告を書き込んだとして、インターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(32)が威力業務妨害などの罪に問われ、ことし3月に保釈されています。

 

この事件について、先週、報道各社などに自分が真犯人だと主張する人物からメールが届き、「自分が、片山被告のパソコンをウイルスに感染させたうえで、他人のパソコンを遠隔操作したのが事件の真相だ」として詳しい経緯を記していました。

 

このメールについて保釈後の片山被告の行動や送信に使われた疑いのある携帯電話の調べなどから捜査当局が、片山被告自身が送信したという見方を強め、調べを進めていることが分かりました。

 

東京地検は片山被告の保釈取り消しを裁判所に請求することを検討するものとみられます。

 

片山被告はメールについて先週の会見で、「犯人しか知りえないような内容が書かれており、信ぴょう性は高いのではないか。捜査には協力するつもりだし、これをもって裁判を終わりにしてほしい」と話していました。

 

ライブドアニュース:自作自演「あり得ない」と弁護士 片山被告とは連絡取れず から引用

 

 パソコン遠隔操作事件で、元会社員片山祐輔被告(32)の主任弁護人佐藤博史弁護士は19日、片山被告が午前に胃の検査を受ける予定の病院に姿を見せず、午前10時20分ごろからは電話連絡が取れない状態が続いていることを明らかにした。

 

 真犯人を名乗るメールを片山被告自身が送った疑いがあるとの報道には「あり得ない。送られたメールを一緒に見たときも不審な点はなかった」と話した。

 

 河川敷からスマートフォンが見つかったことには「被告が河川敷に行くことを知った真犯人が埋めた可能性もあるし、警察のでっち上げかもしれない」と指摘した。

 

関連記事

 

613c537b10dc4fb64e972f0e0f067080 600x398 【PC遠隔操作事件】真犯人からのメールを受け検察側は保釈取消しを検討、片山祐輔氏は失踪... 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    予想外の展開になってきたな
    なんでわざわざ墓穴掘るような真似したのやら

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    ゆうちゃんが死体で発見されたりしたら、それは怖すぎる。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 20日

    そういえば「犯人しか知り得ない事実」ってどこに隠してたんだ?
    元々持ってたパソコンなりHDなり全て警察に押収されてたんだろ?
    まさか一字一句暗記してた訳じゃあるまいし

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る