2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

漫画家協会、違法アップロードサイトに怒り爆発

違法なデータをアップロードして広告を見させて利益を得ようとする人たち。彼らがやっているのはまさにそのコンテンツを生み出す人たちを殺す恐ろしい行為です。



 日本の漫画家でつくる団体・日本漫画家協会(ちばてつや理事長)は2月13日、海賊版サイトを批難する声明を発表した。「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実がある」と強く批判している。

 声明では、「作品がみなさんの心に届き、感動として実を結んだときに、作り手は充実感や達成感を感じ、次の創作に向けて頑張れる」とした上で、それには「作り手と、作品を利用するみなさんが、きちんとした『輪』のなかでつながっていることが大事」だと指摘する。

 「残念ながら最近、私たち作り手がその『輪』の外に追いやられてしまうことが増えている」「その代わりに、全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実がある」とし、「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまう」と危機感をあらわにしている。

via: 漫画家協会、海賊版サイトを批難する声明発表 「文化が滅びてしまう」 – ITmedia NEWS

Pirate Flag of Jack Rackham.svg  漫画家協会、違法アップロードサイトに怒り爆発

 

違法アップロードサイト

違法アップロードサイトというのをご存知でしょうか。今多くの人気漫画がその画像をインターネット上に勝手にアップロードされ一般人が無料で気軽に読んでいます。多くの有料サイトが漫画を提供している中、伸び悩んでいる市場です。一般読者からすれば無料で見れるサイトを使うのは経済合理性があります。

 

しかしその合理性には著しい限定性があります。それはそのような漫画の奴らを続けていては漫画家も出版社も生きていくことができず、この世界から漫画家も出版社もいなくなってしまうかもしれないということです。短期的な経済合理性はあれど、それはまさに毒薬です。小額でもお金は払い続けることができなければ、漫画家は生きていけないのですから。

 

違法アップロードサイトでは毎日数十冊という単位で新しい漫画がアップロードされていると言います。それらの情報は海外のサーバーに保存されており、日本の法律はそこでは適用されないと運営者は言っています。倫理的な意味ではもちろんアウトなサービスとはいえ法律的にはどうやらグレー。となれば法律を変更する他ないでしょう。一般読者のモラルに訴えるというのは基本的に悪手です。自分一人ぐらいが漫画無料で見たところで漫画市場に大きな影響を与えるなどと考える人は少ないでしょう。

 

貪る消費より応援へ

今そのような貪るような形の消費に対して、より応援に近い形で生産者に関わる人が増えてきています。クラウドファウンディングがその典型例ですがただ作られたものを消費するのではなくて、むしろその商品の生産や認知度向上に消費者が積極的に関わるということが増えてきているのです。単に使うだけではなくて応援するという文化ですね。

 

これはある意味で生産者にとっては究極のファンサービスであるとも言えるわけです。与える側と与えられる側という単純な二項対立を越えてより豊かで深い関係性を生み出しているのです。これはビジネスの世界でマーケティングと言われる領域が考えることだと思われますが、日進月歩でどんどん新しい形になってきています。

 

クリエイター支援ということがもっとあたりまえになるべきなのは間違いないでしょう。ただ作られた商品を一方的に搾取して消費するのではなくて、応援しともに育てながら作られたアウトプットをより多くを一人拡散シェアしたいと思うような人たちが得をしたり嬉しいことが発生するような時代が少しずつ近づいているはず。違法アップロードサイトに負けずに、このような文化を育てることが大事でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る