2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ポーランド外務省、独立記念日の行進を極右扱いされて激怒 NGOを使ってフェイクに対抗か

最近、欧州に極右が力を強めているというニュースの例証として使われていたポーランドの独立記念日の行進に対して政府が怒りを示しているようです。



【12月1日 AFP】ポーランド外務省の支援を受けた非政府組織(NGO)が、ポーランドを中傷する外国メディアの報道を見つけた人が報告できるウェブサイトを開設した。

 ポーランド名誉毀損防止同盟(RDI)は今週、ポーランド語で「騎士(Rycerz)」と名付けられた計画を発表。同団体のミラ・フシャラカ(Mira Wszelaka)氏は、メディアが不正確で操られた情報に基づいて情報を発信する場合もあるとして、ポーランドについて「どのように言われ、書かれているのかについて対応する必要がある」と述べた。

 RDIのウェブサイトでフシャラカ氏はさらに、独立記念日の行進についての西欧諸国のメディアの発表した記事を見れば、このような活動が必要だと分かるだろうと付け加えた。

 11月11日の独立記念日に極右団体が企画した行進の参加者の中には外国人排斥のシュプレヒコールを上げた人たちもいたが、単に祝日を祝いたいだけの人たちもいた。右派政党「法と正義(PiS)」政権は、外国メディアの一部がこの独立記念日の行進を「ファシスト」と呼んだことに怒りを表明していた。

 フシャラカ氏によると、常勤の通信員とボランティアがシステムにログインし「中傷と思われる内容を含む情報」を報告する仕組みになっており、情報を発信したメディアや個人に連絡を取って訂正を求めるという。(c)AFP

via: メディアの中傷からポーランドを守れ、NGOが報告サイト開設 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

poland ポーランド外務省、独立記念日の行進を極右扱いされて激怒 NGOを使ってフェイクに対抗か

 

ポーランドと極右

ポーランドに国際主義者が集まっている、そしてそれは白人以外を排斥するものである。そんなニュースが流れたのはつい最近のことです。ポーランドはカトリックが強く、伝統主義が強い文化というのは往々にして極めて排斥的になりえる。そして独立記念日に行進をし「私達がポーランドだ、移民は受け入れない。ポーランドは白人の国だ」と行進していたことが話題となっていたのです。

 

が、ここで想定外の事態になっています。これは凄く面白いのですが、なんとポーランドの外務省が自らこのようなアクションに出るとは。彼らは上記のようなニュースはフェイクであり、真実ではないと言っています。独立記念日に国旗を持って行進するのは普通、一般市民も多く参加していたというのです。だとしたらあの掛け声はなんだったのか、疑問は残りますがとにかく外務省としては徹底してそのようなスタンスを取ることを決めたようです。

 

なんだか不思議なのは、政府がNGOを通して動いていること。NGOというのは非政府組織のことですから、なんだかもうむちゃくちゃなのですが一体なぜこんなやり方をしているのかよくわかりません。とにかく極右がポーランドにいるというのは相当の恥なのか、そういうニュースがあったら報告できるサイトを作ったというのです。なんだか過剰すぎて逆に怪しい感じもしますね。

 

メディアとフェイクニュース

しかし、もしもしもあの行進が普通の愛国者の行為だったとするなら、とんでもないフェイクニュースが世界中を駆け巡ったということが出来るでしょう。ポーランドという比較的穏やかな国家イメージを持っている国で、白人至上主義者達が移民排斥のために行動しているなんて噂は、面白がられこそすれ、疑われるものではまったくなかったからです。

 

もしこれがフェイク、あるいは異常なほど過激に報じられたことなのであれば、ポーランドが失った評価は小さなものではないはずです。外交や経済などあらゆる部分で、国家のイメージというのは重要です。例えばノルウェーは小国ですが人権問題に関して様々なところでリーダーシップを発揮しており、世界から非常に好印象を持たれている国になっています。

 

国家のイメージすら、世界中を駆け巡るニュースとSNSなどのメディアの力で捻じ曲げられてしまうのだとしたら、ポーランド外務省の焦りは尋常ではないでしょう。果たして本当に6万人の行進は無かったのか、それともそれを隠したいだけなのか。続報が待たれる非常に興味深いニュースですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る