2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

小池と安倍は似た者同士-差別化は難しいので「一発印象勝負」と化した

政策の違いが小さい中で、一騎打ちとなりそうな安倍総理と小池知事。こうなってしまっては最早政策の戦いではなく印象論の勝負になりそうですが、一体どうなることやら。



新党「希望の党」を立ち上げ、衆院選に挑む小池百合子東京都知事が、海外メディアでも注目されている。米大統領選のドナルド・トランプ氏の当選は、大衆の支持を得た「ポピュリズム」の勝利だという見方が強いが、小池氏についても、早くも「日本のポピュリスト」だと表現するメディアが目立っている。  先のドイツの総選挙でも極右政党が台頭し社会民主主義が衰退したように、世界の政治トレンドは、従来の左右のイデオロギー対立から、支配者層VS一般大衆という上下の階層対立に移行したと言えよう。今度の衆院選の海外報道からは、日本でもそのパラダイムシフトが起きているという視点が伺える。 ◆ポピュリスト・小池氏は選挙の「ワイルドカード」  英字アジアニュースサイト「アジア・タイムズ」は、小池氏の動きをズバリ『日本のポピュリズムか?』という見出しで報じている。ロイターも、『日本で新たな政党がポピュリスト・スローガンを掲げて安倍に挑戦』と題した記事を出している。  ポピュリズムとは、体制側の権力や知識人によるエリート主義と対立する、一般大衆の利益や願望に寄り添った政治信条だと説明されることが多い。この場合の大衆は「純粋な普通の人たち」、エリートは「既得権を手放さない腐敗した人たち」と位置づけられる。

koike abe 小池と安倍は似た者同士 差別化は難しいので「一発印象勝負」と化した

 

劇場型政治が始まる

いよいよ火蓋が切って落とされた日本の総選挙。どう考えても政策に大した違いは無いのにわざわざ別の党を立てて戦いに挑んだ小池百合子氏の作戦は果たしてうまくいくのでしょうか。安倍総理もこんなシチュエーションは予想していなかったはずなので、中々国民としては見ていて楽しい戦いになりそうです。

 

元々、今回の選挙自体が非常に戦略的に決断されたものであることは自明です。安倍総理としては、改憲や軍事国家化に繋げるために北朝鮮による外圧が強い時期での選挙を選んだわけですよね。これで無事に過半数が取れたらいよいよ国民の意思を受けて改憲へという風に考えていたのでしょう。

 

野党はそれに対して全然準備が出来ていなかったこともあり大義がない選挙だなどと言っていますが、政治というのは極めて権力闘争としての側面を持っており、そんな言い訳を言っている場合ではありません。このままいくと安倍総理率いる自民党が大勝するかのように思われていた選挙ですからワクワクせざるをえません。

 

政策に違いなし。後はパーソナリティ次第

色んなところで書かれていることではありますが、正直この二人ってそんなに考えているところは変わらないというのが正直なところ。要するに右寄りな人達であり、最大の焦点になるはずだった改憲に関する部分も歩みをともにすることが可能な人たち。

 

となると、この選挙において重要なことは政策での戦いではありません。とにかく大事なのは印象を良くしていくこと、それに尽きます。政策的な違いがないのなら人気を獲得したほうが勝つというのはシンプルな仕組みですよね。

 

そこで問題になってくるのがやはり小池知事がテキトーなことばかり言っているというところ。責任感もあまり感じないですし、さんざん都知事として頑張ると言っていましたがまず間違いなく今回の国政に出てくるでしょう。

 

そういうやりたい放題なところというか、前に言っていたことを簡単に翻すところが国民からどう受け取られるかと言えば、当然なんとなく怪しい、その場その場で適当なことを言っていると受け取られるに決まっています。

 

その印象を拭うことが出来るか、はたまた拭えずに予定通り安倍総理が勝つのか。選挙はシンプルなショーと化しました。ここからが本番ですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る