2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

貧困と健康の関係…人並みに生きることが難しい時代、雇用制度の闇は深い

貧困強制社会、そんな強烈なキーワードで東洋経済オンラインが連載をしています。普通に生きてきた、普通に生きたいだけたった人達がどうしてそんな風に生きていけなくなってしまうのか。貧困は健康に、そして人生に暗い影を落とす。



時々、どうにも言葉が聞き取りづらい。一緒に入ったファミレスで出されたハンバーグも半分以上が残ったままだ。なぜだろう――。不思議に思っていると、キイチさん(56歳、仮名)が教えてくれた。上あごの歯は奥歯数本を残してすべて抜け落ちてしまったことと、数年前に胃がんの手術を受けて胃の3分の2を摘出したことを。

「歯医者は高いから。虫歯を放っておいたら、抜けてしまいました。(口腔内を)見られたくなくて、最近はあまり笑わなくなりましたね。胃がんのときもおカネがなくて。医者から“このままだったら、死にますよ”と言われ、消費者金融で30万円ほど借金をして手術を受けました。以来、一度に食べられる量が減ってしまったんです」

貧困は健康格差を招く――。キイチさんの体がそれを物語っていた。

経済的な事情などで高校を中退。正社員として就職した地元の中小企業の月給は、わずか十数万円ほどだった。もともと車好きだったこともあり、よりよい待遇を求めて長距離トラックの運転手へと転職。稼ぎは倍増したが、労働条件にはさまざまな問題があった。

運送会社の管理の下で出勤時刻も乗車する車両も決められていたのに、雇用形態は個人事業主。走行距離は1回の乗務で往復約1000キロに上ったが、会社側からは経費節減のためにできるだけ高速道路を使わないよう命じられ、やむをえず、睡眠時間を削って一般道路を走った。バブルの崩壊とともに復路は積み荷がないことが増え、それにつれ給与もダウン。20年近く勤めた頃に腰痛が悪化し、退職を余儀なくされた。もちろん退職金はゼロ。

via: 正社員になれなかった56歳男性の厳しい貧困 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

d8d3da34f569cec4c9c1981279522614 貧困と健康の関係…人並みに生きることが難しい時代、雇用制度の闇は深い

 

何も悪いことはしていない

貧困強制社会という連載タイトルにしたのは完全に正解でしょう。この人の体験を読めば読むほど、この人に一体どんな落ち度があったのかと思わされるものがあります。個人の能力や性質に大きな瑕疵がないにも関わらず、こんな貧困にまで追い込まれてしまうというのは政府の制度に問題があるとせざるを得ません。

 

正直者が馬鹿を見るとまでは言いませんが、普通に暮らしていて、普通に働いている人間がこんなふうになってしまうことはどう考えてもおかしいでしょう。貧困は自己責任だという全ての人達にこの連載を読んでみて欲しいと思います。だって、あなただってこんな立場になってしまったら果たして貧困から抜け出せるのか? ということなんです。

 

一度正社員になれなかったら、なった後に会社が無くなってしまったら、もう次があるかなんて誰にもわからない。一度非正規雇用になったら生活は不安定になり、常に生活が崩壊するリスクを抱えて生きていかなくちゃいけない。そしてそれはその個人の人生だけの問題には収まりません。

 

彼らは高齢者になる

そう、彼らはいずれ高齢者になって社会的に扶養する必要が出てくるのです。こういうギリギリの生活をしていたら当然貯金だって出来ないし、老後のための蓄えなどつくれるわけがありません。非正規雇用と正規雇用の平均収入の違いは実に300万円以上です。これは物凄い金額です。

 

こういう人達を全部取り残したままどんな政策をしたところで、日本全体のパワーを維持することは不可能でしょう。少子化問題が騒がれていますが、その1つは間違いなくこれでしょう。この世代の、この雇用を許容したことが全ての誤りなのです。

 

非正規雇用がこれだけ当たり前のものになってしまったということの罪は本当に本当に重たい。なんとしてでも制度を設計し直していく必要があるでしょう。もしも日本がこれからも維持されるべきだと考えているのなら、これは急務であり緊急の最も重要な論点の1つだと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る