2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

東大教授陣の抱える差別構造:学部ごとに権力が物凄く違うらしいがなんか気持ち悪い

なんともうんざりするような記事です。まるで白い巨塔よろしく、巨大な権力を持った人間たちが醜い争いをしているという印象。アカデミックってなんなんだ。



日本の最難関大学、東大。そこで教授になるには、運、才能、努力、様々なものが必要とされる。しかし、教授になれても安心はできない。そこでは、さらなる競争と選抜が待っている。究極の偏差値エリート集団・東大教授の「凄まじい階級社会」の裏側とは……?

医学部が君臨

「普段はほかの学部との接点が少ないので、それほど意識することはありませんが、学部間のヒエラルキーを突きつけられる瞬間があります。

入試問題やカリキュラムの検討を行う『委員会』です。各学部の教授がそれぞれの利害を背負って出席し、主張するからです」

薬学部の元教授は民間の研究所の一室でこう述懐し始めた。元教授が続ける。

「会議室に居並ぶ教授たちの発言を見ていると、学部間の『階級』は明らかです。所帯(学生数や教授数)の小さな学部の主張は通らないし、そもそも発言するのもはばかられる空気がある。

私も入試問題の決定に際して『求める学生像』を主張する機会がありましたが、工学部や医学部の教授にやんわり否定される。理屈はつけられるのですが、『所詮、薬学部だろう』という思いが透けて見えたものです」

東大教授といえども、その内部に序列があることは第1部で見た通り。それに加えて、東大という組織には、所属する「学部」によってもヒエラルキーが厳然として存在し、弱小学部の教授は学内政治において口を開くことすら許されない。

では、どの学部が発言権を持っているのか。医学部の元教授が言う。

「ある種の特別な地位を保っているのが医学部です。東大が’04年に独立行政法人になって以来、国からの補助金は削られ続けている。附属病院を抱え、カネを稼ぐことのできる医学部の教授がどんどん発言権を強めています。

’12年の発表では、附属病院の収入は約412億円で、これは大学全体の収入の17.5%です。加えて、意外と影響力を持つのが、医学部教授たちの『患者』のステータス。皇族や政治家を患者に抱えている教授もいる。それが独特の権威に繋がっていくのです」

そうした医学部の教授にとって、文系の学部の教授は完全に「格下」として認識されている。ある文学部の教授は、医学部教授とのやりとりを振り返って、投げやりな調子でこう語った。

「複数の学部の教授が集まった会議で、医学部教授から『まあ、あなたも教授だから、意見を聞いておきましょう』と言われたことがあります。はなから同じポジションであると認識されていない。

しかも、医学部教授は威張り慣れている。彼らは講座の頂点にいて人事権も裁量権もあり、普段から皇帝みたいに振る舞っている。カネも人事権も持たない文系の教授は、そういう時に強く言い返すことも叶わない」

via: 教養学部は黙ってろ!東大教授の「学部間差別」厳しすぎる裏側(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

img 7994286f7222ea7a1377769f2d2230702136471 東大教授陣の抱える差別構造:学部ごとに権力が物凄く違うらしいがなんか気持ち悪い

 

気持ち悪い権力争い

なんというか、こういうのを読むと本当にうんざりした気持ちにさせられますね。偏差値偏差値とそればかり追い求め、子供の頃から勉強し続け、誰かと比較されて上下関係を明らかにして、それを繰り返して繰り返して50歳になっても60歳になっても、人を上下関係でしか捉えられないような人間がたくさんいて、しかもそれが日本の知の中心部である東大ですら起きているというのですから、なんというか非常に悲しいことだと思います。

 

権力というのは常に人間の欲望を最もわかりやすい形で明らかにする者ではありますが、彼らの欲望とはなんなのでしょうか。私は際限のない偉くなりたい欲だけなのではないかと思うのです。富もあり名誉もあり、後は幸せに穏やかに暮らしていけないものか。なぜこんな上から目線の馬鹿になってしまうのかさっぱりわかりません。まあこういう権力闘争が好きじゃない人たちは他のところに行くのでしょうから、残っている人たちがそういう人たちばかりなのは当然なのかもしれませんが、それにしたって幻滅します。

 

いま大学ではアカハラ、パワハラが改めて問題になっていますが、それも当然のことですね。こんな風に大学教授間でも学部によってヒエラルキーがあることを明言し、それが実際の発言力にも影響するのですから、教授と学生との間の距離などもっともっと大きなものになっているのでしょう。人事権も握っているわけですから、逆らったら生きていけなくなってしまう。何が何でも受け入れるしか無い若者と、それをいたぶろうと思えばいくらでもいたぶることのできる権力を持った大人。それは人間弱いですから、簡単に悪いことできちゃいますよね。

 

でもどうしようもない

しかしこういう権力構造というのは、それを理解したところで何か改善出来るような類のものでもないのですよね。なんといっても権力がありますから、新しい制度に変えるという話だって自分たちに都合がよくなかったら絶対に受け入れません。受け入れたくないものは受け入れないという判断が出来ることが権力を持つということなのだから当然です。

 

腹立たしいのは、恐らく若い世代の人たちもこういう価値観にどっぷり浸かって生きるがゆえに、将来的にもこういう仕組みや構造は残るだろうということです。ぶち壊すには世代変化しかないのですが、いまも医学部の上下関係の話などを聞いているととてもじゃないけどできそうにないなと思うのです。一部の強者だけが楽しめる環境というのはすべてのプレイヤーにとって最適なものではないと思うのですがね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る