2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

レンタル彼女と嘘つき募集を掛け風俗サービスを斡旋した男ら逮捕

なんとも気に食わない事件が発生しました。なぜこうやって後ろめたいことをする人間というのが後を絶たないのでしょうか。騙された女性たちの精神状態が不安です。



 接客サービス「レンタル彼女」などの求人を装って性風俗店の仕事を募集したとして、大阪府警保安課は30日、職業安定法違反(有害業務募集、虚偽広告)の疑いでコンサルタント会社代表取締役、中井賢吉容疑者(45)ら5人を再逮捕し、新たにスカウトの玄後友花梨容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して昨年8~10月、運営する求人サイトを通じて、交際相手を演じるレンタル彼女や、添い寝の接客サービスとうたい、実際には性風俗店の仕事を募集した疑い。

 保安課が今年1月、同容疑で中井容疑者らを逮捕していた。

via: 「レンタル彼女」「添い寝サービス」求人、実は性風俗の仕事だった コンサル代表ら再逮捕 大阪府警 – 産経WEST

maxresdefault1 レンタル彼女と嘘つき募集を掛け風俗サービスを斡旋した男ら逮捕

 

レンタル彼女の怖さ

まず第一に、レンタル彼女というサービス自体が非常に怖いものだなというところが最初の感想です。要するに時間単価いくらで自分の時間を売るというものなのですが、なんといっても彼女としてのポジションを維持しての活動なわけですから、当然危険を伴うものになります。

 

添い寝サービスも同様ですが、こういう「親愛な関係を持った人としか出来ないような体験」を売るサービスというのは往々にして怖いものです。ユーザーが恋愛してしまうという怖さもありますが、何より売っている側のオーナーがみんな同じタイプの人種だという所に怖さがあります。

 

要するに、添い寝サービスもレンタル彼女も風俗もキャバクラも近い属性の人間がオーナーだということです。彼らは女性の体を使って稼がせ、その利益を一部得ることで稼いでいます。本質的には全て同じようなものなのです。

 

問題は、そのような認識を応募する側の女性が持っていないことです。体を売る、親愛な関係の模造品を売るということが、添い寝もレンタル彼女も風俗も地続きであることに無自覚であることが恐ろしいのです。

 

それでも被害女性の精神は心配

とはいえ、それは無知から来るものであって彼女らを責めてそれで解決するという話ではありません。むしろ、そういった知識が与えられていない状況にこそ恐怖を覚えるべきなのでしょう。大人の悪意を持ってすれば人間を使って利益を得ることは決して難しいことではありません。でも、そういう人間の怖さや汚さ、ビジネスの本質というものを私達は小中高とほとんど学ぶ機会がないのです。

 

単なる添い寝サービスで働いているつもりが性的なものを要求されたり、手だけで良いと言われて最初は関わっていたらそれでは全くお客が就かず結局性的サービスに従事していかざるを得ない状態に持って行かれたり、もちろん彼女らの意思の問題はあれど、やはりズルズルとすべり台を滑っていってしまう怖さがあります。

 

最初のアクセスポイントの段階、つまりレンタル彼女や添い寝サービスといった聞こえのよい段階から警戒するべきことをきちんと教育していくことは、彼女らに悪影響を及ぼすよりもむしろ、そういった業界に踏み込まないようにするポジティブな面のほうが多いはずです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る