2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

出戻り社員を受け入れない企業は未だに5%、こういう会社は早晩終わる

人材獲得が厳しい時代になって、出戻り社員は決して悪い人材ではありません。うまく活用しないとやっていけない時代では?



 一度退職した社員を再雇用したことがある企業は72%に上る――エン・ジャパンの調査でこんな事実が分かった。理由は「即戦力を求めていたから」(72%)、「人柄を知っており安心だから」(68%)、「本人の強い意向があった」(39%)などの声が集まった。

 「中途採用が難しいため」(23%)、「採用・教育コストを抑えるため」(18%)との意見もあり、“出戻り”は採用の負担軽減や経費削減にも一役買っているようだ。

sh demodori 01 出戻り社員を受け入れない企業は未だに5%、こういう会社は早晩終わる “出戻り社員”を再雇用した理由

復帰後の評価は?

 復帰後のパフォーマンスや周囲の反応はどうだろうか。調査では「とても良い」が19%、「まあまあ良い」が64%という結果に。「あまり良くない」(8%)、「とても悪い」(1%)と不評なケースも散見された。

 好評だった企業に感想を聞くと、「他社を経験したことで自信の弱点を見つけ、自ら律しながら業務に当たっている。在職時よりもマネジメントの面でスキルアップしていた」と、転職した経験をプラスに変えているとの意見が出た。

 一方、不評だった企業からは「もともと在職中の評価が低く、引き継ぎもなく逃げるように退職した。経営層の意向で受け入れ、波風を立てながらも戻ってきたが、結局半年ほどでまた辞めてしまった」と厳しい声が。出戻っても古巣になじめず、再度退職する人もいるようだ。

sh demodori 02 出戻り社員を受け入れない企業は未だに5%、こういう会社は早晩終わる “出戻り”を受け入れた企業の感想

今後も「再雇用したい」が7割

 今後“出戻り社員”を再雇用する予定があるかを聞いたところ、最多だったのは「自社に必要な能力があれば再雇用したい」(69%)。「積極的に再雇用したい」「在籍する社員が許せば再雇用したい」(共に13%)も多かった。「今後も再雇用する予定はない」は5%にとどまった。

sh demodori 03 出戻り社員を受け入れない企業は未だに5%、こういう会社は早晩終わる 今後の再雇用に関する方針

 肯定派の企業は「(人材が)辞めた原因は会社にもある。改善して『戻ってよかった』と思われる企業を目指したい」とコメント。

 否定派の企業は「退職時に多かれ少なかれ他の社員に迷惑をかけている。戻ってくるのは倫理的におかしい」と指摘している。

 調査は2018年2月28日~3月27日にかけて、エン・ジャパンが運営する人事向け情報サイト「人事のミカタ」を利用する企業661社を対象に、インターネット上で実施した。

via: 「出戻り社員」は古巣で活躍している? 同僚の評価は…… – ITmedia ビジネスオンライン

 

どんどん転職しよう

いま、どの業界もとにかく人材不足に喘いでいます。要するに仕事は増えてきたのにこれまで採用を渋っていたのが理由です。よく聞く話ですが「代りはいくらでもいるんだぞ」とマネージャーサイドが呑気に言っていた時代は終わったというわけです。そんなこと言ってどんどん他に流れて行かれたら困るのは自分たちですからね。

 

これは本当に騙されてはいけないのですが、これまで会社でそれなりに成果を挙げてきた人間は今の時代間違いなく転職することが可能です。そして、私は是非皆さんが転職可能な状態であることを自覚するべきだとも考えています。なぜなら「他に選択肢がなくてここにいる」と思いながら働くことと「他でも良いけどここが良いから働いている」と思えることは全然違うことだからです。

 

若者の鬱が話題になっていますが、自殺者の割合などはミドル世代はかなりのもの。会社のことや人生のことで悩んで死んでしまうわけですが、その中のどれだけ多くの人が転職することが可能であることを知っていたら生き延びていたか…と思うのです。すぐに転職する必要はないし今すぐ会社を辞めたら良いという話でもまったくなく「とりあえず転職エージェントに登録してみて自分が転職可能かどうか聞いてみよう」というのがオススメです。

 

市場価値がわかれば動き出せる

昔、大学受験のときなど必ず模試を受けていましたよね。いきなり本番なわけがありません。なぜならば、模試を受けることで目標と現状とのギャップが見えてくるからです。ギャップが見えて初めて対策が出来ますよね。それと同じで、転職も最初の段階で自分の市場価値がそんなに高くないことを知っても驚く必要も悲しむ必要もありません。

 

今すぐ転職しなくてはならないわけではないのなら、働きながら自分の市場価値を高めるためのあらゆる努力をしたら良いのです。これも転職エージェントに諸々聞いてみたらどんなことをしたら市場価値が伸びるかわかるはずです。どうせ元々会社にぶら下がって生きて行く予定だったのだとしたら、せっかくだし努力してみましょう。市場価値は意識してあげようとすることで上がります。

 

出戻り社員を受け入れないとか言っている会社は早晩ダメになるでしょう。優秀な人材であれば、いま出戻りかどうかなんて考えている余裕はないはずだからです。どんどん市場価値を伸ばして自分の好きなところで働いて、前の会社から良いオファーが戻れば戻ってまた成果を出せばよろしい。しかし大事なのは準備です。いきなりクビを切られてそこから転職活動だと、マジで辛いですよ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る