2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ロボットに税金を? このままいくと人は「働けなくなる」かもしれない

ロボットに税金を払ってもらう、そんなSFの世界のような提案が実際になされ始めています。人間の労働が失われていく可能性が十分想定される中、ロボットの規制についての動きが活発化しています。



 正真正銘人間の警備員であるレオン氏は、いつか自身の職をロボットに奪われる日が来ると確信している。

「ロボットは不平を言わない」とレオン氏は言う。「ロボットは物静かだ。昼休憩もいらないし、10時きっかりに仕事を始める」。

 シリコンバレーからサンフランシスコにかけての一帯は、テクノロジー産業が盛んな地域だ。それでも警備ロボットの存在は通行人の注目を集める。しかしその地域では多種多様な最新自動化機器が活躍の場を広げており、K5はそのひとつに過ぎない。例えば機械が自動で製造した宅配ピザを食べることができる。

またあるバーでは空中飛行ロボットが運んでくれたビールを飲むことができる。今年の夏にはサンフランシスコ・クロニクルがテクノロジーツアーガイドと称し、観光客がロボットと、それにより自動化された作業の実演を見ることができるスポットを10数ヶ所リストアップした記事を発表した。

 しかしサンフランシスコは一方で、労働者に対する病気休暇の付与、そして育児休暇中における給与の満額支給を初めて義務化した都市でもある。カリフォルニア州では2016年、ジェリー・ブラウン州知事が最低賃金を時給15ドル (約1,650円) と定める州法に署名したが、サンフランシスコは2014年の住民投票ですでにこの条件を採用した。そして現在、サンフランシスコのある職員が、仕事の自動化により人間を職場から追いやるロボットに対し、州規模で「税金」を課すという案を提唱している。

 しかしこの税制度の施行を判断するのは、現段階ではまだ早い。まして比較的保守的な法律の領域において、今からロボット税導入に向けた改正の必要性を論じることなどできるはずもない。激しい論争の的となっているのは、人々が自動化技術というイノベーションと、ある種の強い社会意識を両立させようとした時に生じ得る対立だ。

via: 「ロボット税」は必要か? 導入目指すサンフランシスコ市職員、上がる賛否の声 (1/2)

oie eu8DHNiWXKSs ロボットに税金を? このままいくと人は「働けなくなる」かもしれない

夢のロボット

まさにSFのような世界が始まろうとしています。いま、車の中でロボットがピザを作って家の前まで来るサービスが出てきています。つまり本当の本当に「できたてほやほや」のピザが食べられちゃうってわけ。もう少ししたら、この車の運転手ももちろんロボットになっちゃうでしょう。

 

警備用ロボットだって負けていません。24時間動き続けて、疲れたらバッテリーを補充する。その間は他のロボットが目まぐるしく店内を警備する。不審人物を見つけたらすぐに警報を鳴らすことも、電波一つで警察に通報することも、ライトとカメラで犯人の顔を撮ってネット上にアップロードするなんてことも簡単にできてしまいます。

 

人間と違って悪人と契約してわざと盗まれた振りをするなんてことももちろんありません。人間よりももっと警備員らしい、理想の警備員として機能してくれる日が近づいて生きています。

 

でも俺達はどうなるんだ? と警備員は叫ぶ

さて、熱々のピザが家に届くようになり、24時間勤務してくれるロボットが生まれると起きることがあります。それは現実の社会で多くの場合大問題になること。それは労働の問題です。

 

ロボットが担うことの出来る仕事は、人間に頼むよりロボットに頼んだほうが安上がり。これは今後技術が発達すればするほど間違いなくそうなっていくでしょう。よく考えなくてもわかることですし、歴史を振り返っても常にそうなってきたと言ってもいいでしょう。

 

これについては2つの見方があるといえるでしょう。1つは、ロボットは思ったよりも汎用性が無く一部の業務しか人間から奪うことが出来ない。よって、多くの職業は結局人間が行うので、警備員やピザの配達人は他の仕事をしようというもの。

 

もう一つは、非常に楽観的だと思いますが、ロボットが出て来ることによってむしろ人間の仕事は増える。ロボットを「使って」何かする仕事がどんどん増えるというのです。パソコンが登場した時も同じようなことが言われていたかもしれませんね。パソコンが仕事を奪うかと思ったら、パソコンを使える人がもっと求められたというだけのことが今後起きるかもしれませんと。

 

しかし、騙されてはいけません。パソコンが使えるようになるのは家の中にパソコンがあって日常的に触れている人だけ。最近はスマホしか持っていない若者や家庭も多く、大学のレポートをスマホで書くような人だって出てきているのです。彼らは将来ロボットを活用して働ける人間になれるでしょうか? 甚だ怪しいと言わざるを得ないでしょう。

 

まとめ

ロボットに税金を掛けたり、公道をロボットが走れないように規制するべきだというのはなんだかSFの話のようですが、いよいよあと10年もしない内にものすごく大きな議論を生むと思います。ロボットが問題なのは、所有や利用に関する税金が無いからです。

 

便利を目指すか、人間の生活を目指すか、はたまた別の道があるのか。テクノロジーはどのような意味であっても人間の生活を変えるわけですから、このような議論がちゃんと健全になされることは強く求められるところでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る