2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本経済を復活させるには労働市場の自由化が必要?

労働市場の自由化

カナダ在住の経営者ヒロ氏が、「日本経済浮上の本当の決め手は労働市場の自由化だ!まずは手始めに新卒から労働市場の自由化を進めていこう」的な記事を書いていました。炎上狙いか?wとも思えるほど突飛な発想で、面白かったのでピックアップ。



賃金の硬直性・労働の硬直化を防ぐべき?

ヒロ氏は、ビジネス環境の変化が早くなって、企業の新陳代謝が激しくなっているので、労働市場を自由化して賃金の硬直性・労働の硬直化を防ぐべきだ、と主張しています。ただ、柔軟性の高い労働市場をいきなり作るのは難しいので、新卒の人にだけまずあてはめればいい…とw

 

これぐらいしないと日本は変わらない(キリッ)って感じでおっしゃっていますが、むしろ新卒だけ労働市場の自由化を進めて何が変わるんだと言いたい。新卒・若者が正規労働の枠からあふれて、ますますプアになっていく未来しか想像できないw

 

正規雇用の在り方を見なおして欲しい

企業の寿命が短くなって労働の枠組みが大きく変化してきつつあるって点に関しては同意できます。ここ50年くらいの日本の企業常識が通用しなくなる時代は必ず訪れます(一部ではすでに訪れている)。

 

柔軟に対応するためには、派遣労働などの非正規雇用が必要になってくるのもやむをえないかもしれません。しかし、非正規を増やすんじゃなくて、正規雇用の在り方を見直していく方向での改革ってのはできないものなんでしょうか。

 

新卒から始めるのではなく、すでに正規雇用として働いている人に変化を求めるのが筋のように思える。具体的には、資格・スキルを時流にあわせて取得できるような人材、ジェネラリストを目指せる人材の育成。これは政府による政策だけでは十分に行えないでしょうから、企業内での意識変革が必要になるかと思います。もちろん工業などの世界では一芸に秀でたスペシャリストが必要。

 

一般のサラリーマンはジェネラリストであるべきでは、というのが私の考えです。

 

非正規雇用を正規雇用に

派遣とかフリーターも、各職場でスキル・知識を身に着けていけば、本来は正社員とも戦えるような存在になって然るべきなんでしょうけど、実際にはそうならない…。非正規雇用を正規雇用に採用する仕組みの創設が、今後は不可欠となっていくんじゃないかなぁと感じています。

 

これが本当の意味での、「労働市場の自由化」なんじゃないかなぁ?非正規雇用の枠を増やすだけじゃなくて、正規・非正規の垣根をなくす方向での改革。これが日本経済浮上の本当の決め手なのではないでしょうか。

 

記事引用

ところで最近、日本は本当に人不足なのか、という議論があります。ビル・エモット氏など一部専門家もそんなはずはないと記しています。多分ですが、雇用のミスマッチと硬直化が企業と従業員のフレキシビリティを奪ってしまい、グローバル化する世の中で労働市場が十分に対応していないのだろうと考えています。

例えば建設業界。いつまで繁栄が続くかといえばあと5年であります。それ以降は調整に入ります。ソフトウェアの会社も人が足りませんが、あと3-4年で大きなヤマを一回越えるはずです。どんな業界でもずっとまっすぐな右上がりを保てるようなものはありません。必ず、アップダウンがあるのです。企業経営者はダウンするとき、あるいは社会環境やビジネス環境が変わりその商品が売れなくなった時いつでも身軽に体制を変えるだけの柔軟性がないと投資もできないし、撤退すらできず、結果として果てしない価格競争を強いられるのです。

つまり、日本ではタブーである労働市場の自由化により賃金の硬直性も変るし、企業の思い切った投資も引き出すことができるともいえるのです。

欧州の多くの国がかつてない不況と失業に悩んでいるのは労働の硬直化であります。レストランでかなり年配の人がサーバーとして働いているのもそこに理由が潜んでいます。それは誰か辞めないと職がない、という世界であります。これは北米でもある世界です。例えば会計士の会社なら税務と会計がありますが、会計の方が専門だと人はなかなか辞めないから人材が流動化しません。学校の先生も辞めません。だからポジションが空かないのです。

グローバル化、ワーキングエイジに高いフレキシビリティとやる気を生み出し、企業は優秀な人材を確保しやすくし、投資環境を改善することができるのは本当は労働市場の自由化であります。ただ、これをやるのは簡単ではないのは十分承知しています。ならば、いわゆる日本独特の「新卒」の人だけにまずは当てはめたらどうでしょう?そうすれば学生は社会人になってから振り落とされないように否が応でも勉強するようになるでしょう。

極論のように思えますが、これぐらいしないと日本は変わらない、という事です。日銀の小手先のテクニックで舞い上がっているようでは若者が将来の日本に自信を持ち続てもらうには力不足だと思います。

via: 日本経済浮上の本当の決め手

 

関連記事

 

39fa143b7426ecb151f6e2442e87b20c 日本経済を復活させるには労働市場の自由化が必要?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • キジトラさん
    • 2015年 1月 10日

    小泉改革()、竹中平蔵、新自由主義()

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    企業は、麻生が守銭奴って言い放った意味を考えればいいと思う

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    それで儲かった企業が還元するかは別問題。
    合わせて労働者や労働環境の保護も考えないと、
    今以上に従業員を安く使い捨てるだけで終わる。

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    守銭奴ねぇ。
    セブンの内部留保が2兆円。
    セブンの国内店舗数が2万店とすると、
    1店舗あたり、・・・なんじゃこりゃ。

    まぁ、日本以外でもいっぱいあるけど。

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 11日

    だから正規雇用を一部除いて非正規雇用並みの待遇に下げてみんな正規にするでー。みーんな一緒に貧乏なら怖くないやろ?www

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る