2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

トランプ大統領、ロシアの選挙介入に複雑な姿勢…なんだか怪しい

アメリカの大統領選挙において大きな問題になっているのがロシアのSNSなどでの介入です。トランプ大統領に有利な介入とも言われており、複雑な反応を見せているようです。



【11月13日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は12日、昨年の米大統領選へのロシア介入疑惑について、介入はあったと結論付けた米情報諸機関を支持すると述べる一方で、より良い米ロ関係に反対するのは「愚か者」だと断じた。

 同選挙でのロシアとの共謀疑惑をめぐっては、現在トランプ大統領の元側近らに対する捜査が進められている。

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のためベトナムを訪問中のトランプ氏は11日、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が、ロシア政府が選挙に影響を及ぼそうとしたことは決してないと主張したことを受けて、プーチン氏の言葉を信じると話していた。

 翌12日、首都ハノイで記者会見に臨んだ際、この発言に対し説明を求められたトランプ氏は、「私が思っているのは、彼(プーチン氏)とロシアは選挙に介入しなかったと感じているということだ」と述べた。

 その一方で、「私がそれを信じるか否かについては、私はわが国の機関と同意見だ。私はわが国の情報諸機関を信頼している」と続けた。

 だがツイッター(Twitter)への連続投稿では、ロシアとの関係改善を目指す自身の努力を疑問視する「嫌う者らと愚か者ら」を非難した上で、「私は北朝鮮、シリア、ウクライナ、テロの問題を解決したい、そしてロシアは大いに助けることができるのに!」という見方を示した。

 今年5月には情報諸機関のトップらが米議会に対し、ロシアの介入があったとする専門家らの結論に同意を表明。また11日には、トランプ大統領が指名した中央情報局(CIA)のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)長官が、その認識は依然変わっていないと述べていた。(c)AFP/Jerome CARTILLIER

via: トランプ氏、プーチン氏の選挙介入否定「信じる」発言を釈明 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

df0f1efbddb5557301e7a6b6784f1ee23cc2700e1400543509 トランプ大統領、ロシアの選挙介入に複雑な姿勢…なんだか怪しい

 

ロシアの介入はあったのか

アメリカの僅差も僅差の大統領選挙にロシアが介入したという噂は、あっという間にほとんど真実というところにまで発展してきました。なんといってもあのトランプ大統領を生み出した選挙というだけあり、その正当性に疑問符が出ればメディアはどんどん報道するに決まっていますよね。

 

FBIでの調査や、facebookやtwitter、googleなどへのヒアリングを通して、ロシアがアメリカの選挙に介入したことはほぼ間違いがないようです。SNS上で選挙に関する広告を投げ、そこでアメリカの分断を図ったような過激なものもあったと言われています。

 

ただし、大統領選挙は莫大な予算を使って相互に攻撃しあうのが文化ですので、果たしてロシアの介入がそんなに物凄く効果的な方法だったのかは不明ですし、そうだとしたら大統領選挙の両陣営はその方法を取り入れるべきでしょう。

 

誰に有利な介入だったのか

そう、そもそもロシアの介入自体はどちらかに肩入れしない限り余り意味が無いのではないでしょうか。そして、それはおそらくトランプ大統領にとって有利な介入であったということも明らかになっています。実際、ロシアの関係者はトランプ政権との繋がりが元々明らかにされており、疑問の声が上がっているのです。

 

とするとトランプ大統領からするとこの選挙へのロシアの介入に対して文句を言わなくてはいけない立場でありながら、それを追求しすぎると自分の陣営の問題も露呈してしまうということで複雑な態度を取っているというのが1つの見方でしょうか。

 

全然別の見方をすることも可能です。それは、アメリカのリーダーとしての強さを弱めることがロシアにとっての最適戦略であり、そのためにはヒラリーよりもトランプ氏が大統領に選ばれた方が良いというもの。自分たちにとって扱いやすい方が選ばれるように介入するということも十分にありえることでしょうから。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る