2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ロシアが邪魔したアメリカ大統領選挙、実際は焼け石に水?

アメリカ大統領選挙にロシアが不当に介入したとして大問題になっているSNSでの広告。4万ドル以上の資金が投入されたといいますが、実際は選挙の両陣営が広告に使ったお金は実に8100万ドル。ロシアの行為なんてたかがしれているのではないでしょうか。



[ワシントン 1日 ロイター] – 米フェイスブック(FB.O)は1日、昨年の米大統領選の直前に、傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて約2000万人の米国人がロシア政府の関与が疑われている投稿を閲覧した可能性があると明らかにした。

 ロシアが邪魔したアメリカ大統領選挙、実際は焼け石に水?
 11月1日、米フェイスブックは、昨年の米大統領選の直前に、傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて約2000万人の米国人がロシア政府の関与が疑われている投稿を閲覧した可能性があると明らかにした。写真は8月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

米上院情報委員会は、米大統領選へのロシア介入疑惑を巡り2日目の公聴会を開き、フェイスブック、ツイッター(TWTR.N)、アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルの法務担当役員が証言した。

フェイスブック法務顧問のコリン・ストレッチ氏は同委に対し、昨年10月以降に1600万人の米国人がロシア関連コンテンツを閲覧した可能性があると指摘。大統領選は11月8日に行われた。

これに加え、400万人が10月より以前にロシア関連コンテンツを閲覧した可能性があるが、データに不完全な部分があると述べた。

フェイスブックは今週初め、米国の政治に影響を与える目的でロシアを拠点とする諜報機関が2年間にフェイスブック上で行った投稿を1億2600万人の米国人が閲覧した可能性があると明らかにしているが、これにインスタグラムに関するデータは含まれていなかった。

ストレッチ氏によると、大統領選でトランプ大統領、ヒラリー・クリントン民主党候補の両陣営はフェイスブック上の広告に合計で8100万ドルを投じた。これに対し、ロシア政府に近く、ネット上で政治に絡む投稿を行っているとされる「インターネット・リサーチ・エージェンシー」の広告購入額は4万6000ドルだった。

 

via: インスタにもロシア関与疑いの投稿、多数の米国人が閲覧=FB

 

選挙とSNS

アメリカ大統領選挙に大きな影響を与えたのはSNSでのフェイクニュースを含んだ過激な報道でした。しかも、そこではロシアがアメリカの分断を狙って多くの広告が表示されたとして大問題になっています。

 

アメリカは大統領選挙のときにはあらゆるチャネルが選挙に染まり、誰を選ぶのかまるでショーのような雰囲気さえ見せます。多くの人が自分の庭に自分がどちらを指示しているのかを示すこともあるほどですから、当然SNSでも大統領選挙の話でもちきりになります。

 

そのようなタイミングでロシアが選挙に関するデマやフェイクニュースを大量に広告を出すということは、人々の意思決定に何らかの影響を与えるためには良い方法なわけですね。しかし、それって決してロシアだけの話ではありません。

 

8100万ドル対4万ドル

そう、当然ながらSNSでバリバリ宣伝しているのはロシアではなくてアメリカ大統領候補達です。お互いをネガティブキャプペーンで攻撃し合ったり、自分のイメージがよくなるような宣伝を大量に行います。どのくらい大量かというと、ロシアが4万ドルに大して8100万ドルです。

 

正直なところ、比べものにならない額ですよね。2000倍ですよ。実際、大統領選挙などはとにかく広告合戦。テレビだって新聞だってSNSだってあらゆるチャネルを使ってアメリカ市民の賛同を得ようとするのだから当然です。ロシアは横槍くらいの気持ちですが、候補達からしたら非常に重要な戦いですから。

 

そしてそうやって考えてみると、もちろんロシアが他のチャネルからも広告を出していたとしても、それにしたって額が違います。ですから今回の選挙でロシアが介入したことが問題視されている気持ちは分かる反面、どうやらアメリカの広告戦略に比べたら焼け石に水と言わざるを得ません。

 

日本の選挙もあっという間に終わってしまいましたが、結果は安倍政権の圧勝。これにはSNSなどの宣伝だけでは説明がつきませんから、やはり国民の支持は大きかったといえるでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る