2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ルイジアナの高校「人種差別に反対したやつはチームにいられなくする」炎上の気配

国歌斉唱のタイミングで膝をつくことで、人種差別に抵抗する意思を示す-そんな運動がアメリカで巻き起こっています。そんな中、ある高校は膝をついたらチームから追い出すと過激な発言が飛び出しています。





nfl kneel protest ルイジアナの高校「人種差別に反対したやつはチームにいられなくする」炎上の気配

A Louisiana high school is ordering student athletes to stand during the national anthem,  echoing Donald Trump’s calls to prohibit athletes from standing or kneeling in protest.

In a letter to students and parents, Parkway High School Principal Waylon Bates said that the school “requires student athletes to stand in a respectful manner” and warned students who don’t bend to the rule would be punished with a loss of playing time or “removal from the team”.

 

via: School says it will ban student athletes from playing if they take a knee during national anthem | The Independent

 

 

まず簡単な訳

ルイジアナの高校が、生徒と親に対して手紙を出しました。内容は「国歌斉唱のタイミングで膝をついてはならない。尊敬の念を持ってしっかりと立つように。そうしないものは練習時間を削ったり、あるいはチームから追い出す」というもの。

 

トランプ大統領がtwitterで息を巻いているように「国歌を歌わないことは国家に対する侮蔑である!」という立場を高校が示したということです。これはかなり強い姿勢ですので、炎上の気配がプンプンします。

 

膝をつくとはどういうことか?

最近日本でもニュースになっているので知っている人も多いと思いますが、いまアメリカではアメフトなどの試合前の国歌斉唱のタイミングで膝をつき「人種差別が起きるような国の国歌を歌えない」という態度を示す運動が流行っているのです(去年にプロスポーツ選手が行ったのが始まり)。

 

最近はまさにトランプ大統領の差別発言がぽんぽん飛び出すことから、それに反発する意味をもって膝をつく選手がどんどん出てきているわけです。

 

それに対して高校が

当然プロ選手がそういうことをしたら中高生などは真似をするわけですが、それに対して高校側は国歌斉唱をしないのは国家に対する侮辱であるから、決してそのようなことをしてならない、やるなら罰を与えると正面から反発したわけです。

 

これは個人の自由を重んじるアメリカにしては不思議な感じがしますがこれは微妙なところ。というのもルイジアナはトランプ支持者が多く、いわゆる人種差別的なことに対する抵抗があまりないのです(もしそうならトランプ大統領には入れまい)。それよりはアメリカ国民としての責任を果たせというのが高校の言いたかったことでしょう。

 

しかし、これについてはかなりの反発が予想されます。人種差別に反対するポーズを取ることは決して非倫理的なことではありませんし、またそのような思想の自由に対して明記的に罰を示したわけですから。これは相当炎上するのではないかと思うので続報を待ちたいと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る