2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

強烈な支配欲求と歪んだサディズムが生む「吐くまで食わせる」悪魔のような教師

時折ニュースになる恐ろしい教師、それは意地でも給食を食べさせようとし、それに従わない人間に対してどこまでも卑劣になれる恐ろしい人間たちです。



 東京都教育委員会は30日、男子児童が嘔吐(おうと)するまで無理やり給食を食べさせるなどしたとして、区立小の女性教諭(40)を同日付で戒告処分とした。  都教委によると、女性教諭は2014年1月、欠席者が多く給食が余っていたため、児童全員にお代わりを指示。男子児童の一人が「もう食べられません」と訴えたが、「食べなさい」と無理やり食べさせ、嘔吐させた。また13~14年、複数の児童に「学校に来なくていい」「最低だね」などと暴言を吐いたり、級友から鉛筆を盗んだと疑われた男子児童に対し、事実確認を十分に行わず「とったんじゃないの」と決めつけたりした。調査の結果、鉛筆は拾ったものだった。  また都教委は同日付で、勤務校の男子生徒にスマートフォンのアプリで「抱きしめて」などとメッセージを送り、遊園地の観覧車内でキスするなどした区立中の女性教諭(43)ら3人を懲戒免職処分とした。【芳賀竜也】 via 毎日新聞 <都教委>小学校の女性教諭処分 嘔吐するまで給食食べさす

20180130222234 強烈な支配欲求と歪んだサディズムが生む「吐くまで食わせる」悪魔のような教師

 

完全に異常者

こういうふざけた人間が教師をやっているということが本当に恐ろしくおぞましく思います。給食を吐くまで食べさせるというのは、完全に気が違っているとしか思えません。異常なまでに膨らんだ支配欲求がこれを行わせているのでしょう。自分の歪んだ正義に基いて、それが出来る人間を正しいと、そうでない人間は間違っているので改善しなくてはならないという恐ろしい思想を持った人間のやることです。

 

こういうニュースは跡を絶ちませんが、一体彼らは何を学んでいるのでしょうか。何度もニュースになり、取り上げられ、謹慎処分など何らか処罰も下されているのに、どうしてこうやって無理やり食べさせるという愚かな真似を繰り返すのでしょうか。私には到底信じることができません。

 

サディスティックな喜びもあるのでしょう。本人が嫌がっていることを、自分の教師という立場に基づく権威を行使して、無理矢理にそれをさせるというのはサディスティックな喜び以外の何物でもありませんから。それはきっとなんらか正義に基いて自分はやっているんだと思いこんでいるのでしょうが、快楽のために人の行動をコントロールする人間が感じる正義などというのは根本的に間違っています。

 

再発防止は容易なはず

これは教師の問題だけではありません。再発防止自体は教師個人の問題ではなく、むしろ教育委員会などのマネジメント側の組織が負うべき責任です。普通に考えて、給食を食べさせ過ぎるのはダメだよと現場の教師にしっかり伝えたらこんなことは起きないのです。その程度のこともちゃんと伝えられていないことが最大の問題なのです。

 

どこか他の地域の教師がそれで処罰を受けた-程度で終わってはいけません。どの地域だろうと、同じようなことをしたら処罰が下るという認識を現場レベルにもっと根付かせる必要があります。この狂った支配欲に満ちた人間達の性根を変える必要はありませんし不可能です。しかし、そんな彼らの脳みそでも、やったら怒られるとわかればやらなくなるはずです。

 

徹底して現場の教師にこれが罪であることを伝えていくことが必要でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る