2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

むごすぎる意識が高い大学生…ガラクタを売る世間知らず達と詐欺集団

3個1000円など異常な値段で果物を売る若者たち。社会を知らず、搾取され続け、夢を食われて死んでいくような現状にため息をつくどころではありません。

 過酷な労働環境が社会問題化している。よく知られているのは、心身の限界を超える分量の仕事によって、ときに死亡者も出たブラック企業問題だ。近年では、過剰なノルマやシフト、報酬が支払われないなども問題を抱えたブラックバイト問題が浮上した。そして今年、大学生などを対象にしたインターンシップでも同様の問題が表沙汰になった。まだ世間に広く知られていないが、若者の意識の高さにつけこむ貪欲なブラック経営者によって、無給の営業マンが生み出されている実態を、ライターの森鷹久氏が追った。

 * * *
 岩手県内の農業法人が、インターンシップとして集めた女子大生二人にアルバイト業務をさせたにもかかわらず、賃金のほとんどを支払わなかったとして、労働基準監督署から是正勧告を受けた。

 大学生のインターンシップ参加は、外資系企業が東京大学や京都大学など特定の大学の学生を対象に始まったが、2000年代以降になると参加企業が増え、最近では、プレ就職活動のような位置づけにもなっている。大学3年生の夏にはインターンシップに参加するのが常識となりつつあるのだが、このインターンシップですらブラックな労働にすり替えられているというのだ。

 日本国内の企業が、東南アジアなどの新興国の若者を「研修」として呼び寄せ、極めて低い賃金の「労働力」としてこき使う例も知られているが、日本国内にはさらに非道な「ブラック経営者」が存在すると、現在は都内の会計事務所に勤務する佐野さん(仮名・28歳)は訴える。

「アメリカのビジネスだとか、高い意識がどうのとか、ありもしないこと並べ立てて……。ガラクタや出来損ないの果物を売っているだけのクソッタレ業者のクセに、俺たちの夢まで食い物にして……。許せません。外国人研修生など、違法に働かされている方々のニュースを見る度に思い出します」

 渋谷や新宿など、都内のターミナル駅前で果物を販売する若者達を見たことはないだろうか? お世辞にもきれいとは言えない出で立ちで、キャリーケースを引きながら道行く人々に「三個で千円」などといったバカ高いリンゴやミカンなどを売り歩く若者だ。彼らの実態については、一部メディアでも報じられ「やる気の搾取」などとも指摘されているが、佐野さんは彼らが”所属”する会社で果物売りや営業、最終的には経理担当も経験したという。

「無料求人誌に”日給一万円保証”や”即日払い”と謳って募集を出す。応募してきた人たちは、まず翌日や翌々日などできるだけ早い段階で”研修”を受けさせる。そこで8割、いや9割5分がいなくなる。残った人たちは…、ちょっと世の中のことを知らなさすぎるというか、被害者には変わりないのですが……」

 こういった求人に応募してくるのは、十中八九が金のない若者だ。出来るだけ早く現金が欲しい、そういった若者をターゲットにしているからこそ”一万円”や”即金”の文言が求人誌に並ぶ。9割5分がいなくなる研修とは、そこまで血も涙もない、きつくつらい研修なのか?

「うちでは面接はなく、まず研修から始まります。ターゲットである若者が事務所に入ってきた途端に、みんなでハイタッチし、ハグし合う。これが”本場(アメリカ)”のノリだと、とにかく朝からハイテンションです。そこで所長やボスの話を聞かせるんですが、夢やら成り上がりやらと若者に響きそうなエピソードを聞かせるのです。私は経理担当でしたが、もうすぐ独立予定の”エース”であり、ボスの次に最も成功に近い人物……という設定でしたね。ボスも借金まみれ、僕は手取り17万円で、騙された新入りが売ってくる小銭から、毎日数千円をちょろまかして小遣いにしていました」

 フルーツやガラクタ(雑貨)を売り歩くのが「本場アメリカのビジネス」とはどうにも繋がらないが、とにかくテンションで押し切ってしまうという。そして研修本番。佐野氏をはじめ、スタッフは”下がいないと食えない”為に、ありとあらゆる手段で「下に夢を見させる」のだ。

「僕の場合、事務所のある青山から渋谷駅まで全力ダッシュさせることが研修の第一歩。とにかく時間が惜しいと、このわずかな間もカネやチャンスにする、これがビジネスだと。移動中も、常に夢やビジネスの話をする。ナンバー2の俺でもこうやってきた…みたいな話をしながら、コーヒーの一杯でもおごる。コーヒー屋のテラスでMacBookを広げながらやっていましたね、冗談みたいですが」

 研修では、営業中の会社や店舗に飛び入りで”営業”に行かされる。もっとも、スーツも着こなせていないような怪しい風体の若者が、果物やガラクタをぶら下げてくるものだから、まともに取り合ってくれるところは皆無に近い。それでも、1日に数十件を回れば一件くらいは買ってくれるところもあるのだという。

「なんでもいいんです。一個500円のりんごだろうが、300円のボールペンでもいい。売れたタイミングが次のステップ。この成功を褒めちぎって、うちに就職するかどうか、あるいは”業務委託”になってもっと稼いでみるか?そう畳み掛けるんです。」

 この搾取ビジネスのポイントは、若者を”業務委託”にして奴隷化することだ。佐野氏の事務所では、例えば営業社員が品物を売れば2割のマージンバックが、業務委託の場合は5割のバックがもらえる、と説明していた。その差額2倍以上ということになれば、カネに困った若者が後者を選んでもおかしくはない。しかし、そもそも佐野氏の会社に”営業社員”を取る気はないのだ。

 社員であれば給与を払わねばならないが、業務委託なら、自社の商品を買い取りさせ、売れた分だけおまえの儲けになるとささやいて、売れ残った分の買い戻しには応じない契約にすればいい。もともと、ろくに売れるはずもないガラクタのような商品を押しつけているのは百も承知だ。それをガラクタではないと思い込ませるため、意識が高いビジネスをしているかのような錯覚を植えつける。

「業務委託でないと、このビジネスは成立しない。だから、普通の感覚の子達はここでリタイアする。ただ、そうでない子たちも一定数いる。果物を売っているような子達です。正直、私も騙されたうちの一人ですが、同じように下を騙すことで私たちが食えるというシステムに気がつくと、何が何でも下を見つけてこないとなりません。マルチ商法みたいなもんです」

 メディアで多く取り上げられた果物販売は、以前ほど目立たなくなった。だからといって、ブラック経営者によって生み出された無給で働く人々がいなくなったわけではない。流行の雑貨、最近ではハンドスピナーのまがい物などを、彼らは営業している。

 ブラックバイトやそして外国人研修生の違法労働など、共通するのは「安価な労働力」に頼りすぎる企業経営者の怠慢、そしてこの国のシステムに起因する労働そのものへの歪んだ感覚だ。その歪みはついに、ブラックインターンシップや佐野氏が経験したような夢を餌に「無給営業マン」を生み出すまでになっている。

 利益を追求するために労働力を買い叩く行為は、詐欺のようなものだ。こんな当たり前のことが、我が国の経営者達には理解できないのだろうか。経営者のなかには「自分が努力して事業を拡大し経営する会社なのだから、何より自分の利益が第一で、働く社員たちに還元する必要はない」と本気で考えている人がいるが、そんな会社は長くはもたないはずだ。働く人が労働を提供してくれるから維持できていることに気づくべきだ。

 繰り返すが、他人を騙し、搾取することでしか成立し得ないのなら、それはビジネスではなく詐欺行為だ。労働力に正当な評価で報いるつもりがない経営者は、無給営業マンを作り出すことで利益を得ている自称”意識が高い”ビジネスマンと同じことをしていると気づいてほしい。

via: 意識高い若者が「無給営業マン」に仕立て上げられるカラクリ

pc cafe image むごすぎる意識が高い大学生…ガラクタを売る世間知らず達と詐欺集団

つまりどういうこと?

ちょっと文章が長くてわかりづらいので、ものすごく簡単にまとめましょう。まず、お金に困っている大学生を集める。そして無茶苦茶なビジネスに誘う。これがアメリカの最先端のビジネスだ! と意識の高い大学生を煽る。売れたら半額が自分の手元に入る割のいい仕事だと言い、タダ同然でクソみたいな商品を営業させる。スタバでコーヒーでも飲みながら成功談を語れば人は騙される。

 

という、ちょっと整理してもわけがわからないような状態です。実際、100人いて95人は当然信じないで帰るわけですが残りの5人はこれを信じ、ガラクタを売ってはせっせとその利益を詐欺集団に渡しているというわけです。なんだかもう、現代の闇どころの騒ぎではないですね。

 

特に「意識の高い若者」が食い物にされているというのが面白いというか悲しいというか。意識の高い若者というのは、要するに「自分は他の人とは違う」と心の底から信じたい人達だと思っています。意識高い系という言葉がありますが、正確にはこの言葉を使うべきでしょう。本当に意識が高い人は能力もあり、自らもっと価値のあることに時間を使うはずですから。

 

ここで肝なのは、とにかく最初にハイタッチしたりハグしたりして「アメリカのノリ」を見せつけること。そして苦労話と成功体験を語り、「なんだか凄い人に会った」ような気持ちにさせること。実際にはそれを語っている人は借金まみれというのですから笑えません。

 

しかし、これを信じてしまって搾取のスパイラルに落ち込んでいくというわけです。

 

これってほとんど宗教みたいなものだな

正直、こういう記事を見て多くの人が思うことは「宗教みたいだ」という感想ではないでしょうか。いきなりハグやハイタッチをして自分が受け入れられているような感覚を与え、また修行とその後の利益や救済を明快に示す。そうすると、なんだかついていきたくなってしまうわけです。

 

もう一つ、宗教に近いなと感じる所があります。特に新興宗教だと思うのですが、それは「信者に友達が少なそう」だということです。もしも相談出来る友人がいたら、果たしてこんなものに引っかかるでしょうか。ほとんどの常識的な人間が馬鹿らしいと思うことをなぜしてしまうのでしょうか。

 

それは、そもそもの価値観のところがネジ曲がっている上に、そういう自分を気遣ってくれる友人が周りにいないからです。だから誰にも自分の歪んだ部分を指摘してもらうことが出来ず、歪んだビジネスへと足を踏み入れてしまうのです。

 

どうしようもない絶望

だから、こういうビジネスって最早原理的に止めようがないと思うのですよね。こういうのって誰かに助けを求めないといけないわけですけれど、助けを求める相手がそもそもいないのですから、一人でどんどん深い闇に落ち込んでいくような感じだと思います。しかもその先に光が待っていると信じて。

 

実際には、その意識の高さ、「自分は人とは違うんだ」という愚かな信念を食い物にされ、まさしく悪い人達の養分として生きているわけなのです。なんというか本当に救われない。こんな人達を相手にしてビジネスしている人達にも腹立たしい思いと、そんな仕事でもしないと食っていけないのかと残念な気持ちになりますね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る