2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

最高裁が裁判員裁判の判決を取り消す 

裁判員裁判の判決が取り消される

最高裁第1小法廷が、裁判員裁判の判決を取り消す初めての判断を下しました。





裁判の流れ

裁判の流れは、以下の通り。 大阪で1歳の娘を虐待死させた被疑事実で公訴されていた事件について、1審の裁判員裁判では、検察の求刑(懲役10年)を大幅に上回る懲役15年の判決を言渡しました。で、2審の高裁はこれを維持。被告人側が上訴して、最高裁が1審判決を取り消して、父親に懲役10年、母親に懲役8年を言渡し。

 

最高裁第1小法廷の白木勇裁判長は、「他の裁判との公平性が保たれなければならず」、「従来の傾向を変えるような場合には具体的に説得力を持って理由が示される必要がある」と判断しました。

 

量刑を超える判決を出してはいけないとは言ってない

2ちゃんの意見を少し見てみましたが、裁判員裁判の判決を取り消したという部分だけが強調され、「市民感情を無視するなら裁判員裁判やめちまえ」というような意見が見受けられました。「量刑を超える判決を出してはならない」と言っているのではなく、「従来の傾向から踏み出すためには十分な根拠を示さなければならない」と言っているにすぎません。わたしは、今回の最高裁判決は妥当だと思っています。

 

市民感覚というより市民感情

裁判員裁判は、裁判に「市民感覚」を反映させるという理念のもとで創設されました。で、裁判員裁判では重罰感情が目立ち、重い判決が出ることが多かったそうです。これ、「市民感覚」というよりも、「市民感情」じゃないかなぁ。刑罰の目的には、応報的(復讐的)な要素が含まれているのも事実ですが、感情だけで判断してはならないと思っています。感情で判断するにしても、きちんとした根拠・理屈をつける…法治国家の裁判である以上は、これはしょうがないことなんじゃないかなぁと思っています。

 

わたしは裁判員制度に反対

ちなみにわたしは、裁判員裁判自体無駄であるし、存在意義を果たせていないと考えています。裁判が迅速に進むようになったという側面はありますが、それは別の手段でも十分実現可能です。市民への負担も重いし、検察官・弁護士・裁判官への負担も重くなった。

 

そもそも、法教育が中等教育でほとんどなされていない状態で、裁判員制度を導入してしまったってのが時期尚早だと思っています。裁判員制度と同時期に制度が創設された法科大学院(ロースクール)制度については、すでに破たん寸前の状況だと言われて、見直しが進められています。裁判員裁判も、そろそろ制度廃止も選択肢に含めて、制度の在り方について議論をすべき時期にきているんじゃないでしょうか…

 

なお、念のため。今回の最高裁判決は、裁判員制度の否定をしているわけではありません。

 

記事引用

大阪で1歳の娘を虐待死させたとして、1審の裁判員裁判で検察の求刑を大幅に上回る懲役15年の判決を言い渡された両親の裁判で、最高裁判所は「裁判員裁判といえども、ほかの裁判との公平性が保たれなければならない」と指摘して、刑を軽くする判決を言い渡しました。
裁判員裁判の判決を最高裁が直接、見直したのは初めてです。

岸本憲被告(31)と妻の美杏被告(32)は4年前、大阪・寝屋川市にあった自宅で当時1歳の3女を虐待し、頭をたたくなどして死なせた傷害致死の罪に問われました。
検察の懲役10年の求刑に対し、1審の裁判員裁判は大幅に上回る懲役15年を言い渡し、2審も取り消さなかったため被告側が上告していました。
24日の判決で、最高裁判所第1小法廷の白木勇裁判長は「裁判員裁判といえども、ほかの裁判との公平性が保たれなければならず、これまでの刑の重さの大まかな傾向を踏まえたうえで、評議を進めることが求められる。従来の傾向を変えるような場合には具体的に説得力をもって理由が示される必要がある」という初めての判断を示しました。
そのうえで、「1審判決は従来の傾向から踏み出しているのに根拠が十分示されておらず、甚だしく不当な重さだ」と指摘して、懲役15年を取り消し、父親に懲役10年、母親に懲役8年を言い渡しました。
裁判員裁判の判決が2審で取り消されたケースはこれまでもありましたが、最高裁が直接見直したのは今回が初めてです。
5年前に市民の視点を反映させる裁判員裁判が導入されて以降、検察の求刑を越える判決が増えるなど刑の重さの幅に広がりが出ていましたが、裁判員裁判であっても刑の公平性は守られるべきだという今回の判決は、今後の裁判に影響を与えるものとみられます。

弁護士「見直しは当然」

判決について母親の岸本美杏被告の弁護士は「無罪を求めていたので、主張が認められず残念だ」としたうえで、求刑を大幅に上回る判決が見直されたことに対して、「1審はあまりに感情的だったので、当然だ。裁判員裁判で市民感覚が反映されるのは想定の範囲内だが、ほかの事件との公平性から刑の重さには一定の基準が設けられており、合理的な理由もなく基準を大幅に超えた判断は破棄されるべきだ」と話していました。

求刑を超える判決目立つ

今回の事件で1審の裁判員裁判が言い渡した懲役15年の判決は、ほかの同じような事件と比べた場合、刑の重さが際立っています。
被告側の弁護士によりますと、過去6年間に子どもが被害者の傷害致死事件の1審判決で実刑を言い渡された被告は、少なくとも65人いましたが、刑の重さは11件と最も多かった懲役6年をピークに、重くても12年までにとどまっていて、懲役15年を言い渡されたのは今回の両親2人だけです。
今回の1審判決は「児童虐待を防止しようという社会情勢を考えると、今まで以上に厳しい刑を科すべきだ」と指摘していて、裁判員たちは虐待全般に対する見方を刑の重さに反映させたことがみてとれます。
一方、裁判員裁判では今回のような検察の求刑を超える判決が目立っています。
最高裁判所によりますと、5年前に裁判員制度がスタートしてから、ことし3月までに殺人や傷害致死など8つの罪で43件の求刑超え判決が出ています。
同じ罪の判決全体に占める割合を以前の裁判官だけの裁判と比べると、10倍で、事件の内容によっては、裁判員が検察の意見にとらわれずに判断していることがうかがえます。

裁判員裁判の意義損なう懸念も

24日の最高裁の判決について、裁判員の制度設計に携わった國學院大學法科大学院の四宮啓教授は「裁判員裁判であっても感情的にならず、ほかの同じような事件との公平性を前提に考えなければならないことを示した点で意義がある」と一定の評価をしています。
その一方で、「裁判員裁判では、市民の意見が反映され、従来の裁判に比べて刑の重さに幅が出ることはむしろ期待されている。しかし、24日の判決を受けて、今後は先例に傾きすぎるケースが出ることも危惧される」と指摘し、今回の判決を過大に受け止めることで、裁判員裁判の意義が損なわれることを懸念しています。
そして、裁判員とともに審理にあたる裁判官に対し、「従来の刑の重さの傾向を検討することがゴールではなく、裁判員の自由な発想と意見の表明を阻まないように、評議を進めていくことが求められる」と話しています。

 

via: 裁判員裁判の判決 最高裁が初めて取り消す NHKニュース

 

関連記事

 

ddb448db82e290a08026d3799c17f50c1 最高裁が裁判員裁判の判決を取り消す 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (15)
    • キジトラ
    • 2014年 7月 26日

    裁判官は裁判の審判であって実施者ではない、裁判官の意識が低すぎる。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    判決でのべられてるように問題はないということにはなってるけど
    当事者主義の趣旨に真っ向から反してる気がしてならない

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    普通に最高裁が機能してるってことじゃないの?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    最高裁だけで裁判したら?
    裁判員制度なんて時間と金の無駄。
    一般人に判決決めさせる制度の方がどうかしてる。

    殺人犯したら死刑以外にありえないし。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    これワイもニュース見てて腑に落ちんかったわ
    制度の意味ないやんて
    プロ?も助言しての判決出したんやろ?
    本場米国でもこんな事普通にあんのかな?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    じゃあ裁判員制度なんかやめちまえよって話だわな。
    大体自分達が楽するために一般市民を引っ張り出してるくせに日当?も安すぎる。
    裁判官の年収÷365くらい出せよ。

    • 名無しさん
    • 2014年 7月 27日

    最高裁以外は、かなり無駄な組織派閥や外部の国の思惑、在日の帰化裁判官がいて、賄賂でも貰ってるのかと思うほど偏った考えのビックリ判決が飛び出すことがある。
    地方裁判所がプロとは一概に言い切れない。かなり、色々な所の影響を受けて個人的な感情を優先させてる部分が見受けられる。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    公平うんぬんの前に、もともとの基準値が間違っているって市民の意見だろ。
    どうしても公平って言うなら今までの判決が間違っていたと考えて過去の裁判やり直して刑期のばすべきだろ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    >従来の傾向を変えるような場合には具体的に説得力をもって理由が示される必要がある
    逆だろ。考えが間違ってる。
    そもそも求刑の6掛けが相場とか、何人以上殺さないと死刑にしないとか、市民感覚からかけ離れた変な結果が多かったから、裁判員制度が出来たわけ。

    つまり、「プロの裁判官が従来の傾向に合わせたければ、市民が納得するにたる、具体的で十分な理由を提示しなくてはならない」ってのが正しい考え。

    相場や傾向云々を持ち出すのであれば、弁護士も裁判官も要らない。プログラム作ってやろうか?
    量刑=求刑×0.6。
    ほれ。これで弁護士と裁判官、全員リストラ。w

    • ななっしー
    • 2014年 7月 27日

    従来の量刑が軽すぎると多くの国民が判断したから量刑越えが連発してる
    ただそれだけの話

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    行政と司法が分離していないのが問題と考える
    量刑相場という発想も裁判員という制度も、本来司法が立法府に問題提起するべきものを、行政官吏が丸め込んだものという印象が強い
    相場だろうが裁判員の意義だろうが、司法を左右するものは全て立法府にて明文化するのが三権分立の根本であろう

    • 名無しさん
    • 2014年 7月 27日

    どっちにしろ、この親達の刑期が軽い。世の中にはイラネ。という認識は日本国民殆どの意見だと思うわ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    犯罪の多様化に法律が追いついていないのがそもそもの原因
    裁判員裁判で小手先の目くらましをしようとした結果がこれ。

    • 2015年 3月 31日

    昭和歴史日本国で議席予算を始めた人物は様式形式を企画して愛知県名古屋市中村区大同生命ビルから飛び降り自殺した。

    • 2015年 3月 31日

    昭和歴史日本国の警察官はスイス銀行に有る人様のBOXから遺品を盗み出した。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る