2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

サラリーマンとフリーランスの違い

フリーランス

サラリーマンは社畜だから、時間と移動にお金がかかるってことがわかっていないっ!と、ブロガーかさこ氏が、フリーランスの立場から壮絶な愚痴をぼやいていますw

 

わたし自身フリーランス・個人事業主なので、かさこ氏の主張の要旨は理解できるんですが…あまりに決めつけが過ぎている部分、一方的な部分があって完全同意はできかねます。





サラリーマンとフリーランスの違い

サラリーマンとフリーランスの感覚の違いってのは、実際にあると感じます。

 

作業すべてにお金がかかってくるし、作業効率が悪ければ時給(時間あたりの稼ぎ)も落ちてくる。ダラダラ仕事をやって手抜きしてもいいけど、それがすべて収入に反映される。 このあたり、時給(月給)が決まっている仕事とは違うなぁと感じます。

 

で、かさこ氏がいうように、無駄なことはできるだけしない・ついで仕事であっても賃金を要求するってのは、フリーランスの常道です。

 

もちろん、お金を要求せずに、「信頼関係」・「コネ」を作るってのも選択できるわけですが…(かさこ氏の記事には、この視点が欠落してる)。

 

「お金」と「信頼」

フリーランスで一番難しいのは、「お金」と「信頼」のバランス取りじゃないかなぁと思っています。足元を見られないようにしつつ、仕事を確保しなければならない。特に駆け出しのころは、安請け合いしないと、仕事が十分確保できないって情強もありますし。

 

ウェブライターなんかは、暇を持て余した主婦・学生なんかが多いんで、単価が非常に安く設定されていて、「交渉」の余地なんてほとんどないってケースが多いんですよねぇ。

 

サラリーマンが本当に理解できないのかどうかってのは人にもよると思いますし、一概には言えませんが…個人事業主をしていると「現金」な考え方になってくるのは事実です。

 

サラリーマンの感覚でフリーランスをやると…

脱サラ・独立してうまくいっていないって人は、サラリーマンのときの感覚のままでやっている人も多い感じがします。独立する際には、サラリーマンと個人事業主(フリーランス)との違いをしっかり把握するのが不可欠。このパラダイムシフトを克服できるかどうか…このあたりは、フリーランス入門的な本にもよく書かれています。独立を検討している方は、是非ともこの感覚の違いを事前に調べておいてほしいところ。

 

ちょっと脱線になりますが…独立した後、サラリーマン時代のコネをあまり使えなくなって、尻すぼみになって廃業状態に…ってケースも身近でありました。サラリーマンとしての信頼関係と、個人としての信頼関係ってのは違うんだなぁって話。

 

記事引用

「フリーランスの方のための無償(またはあり得ない低額)で仕事を依頼された時のお断りセリフ集」
http://ameblo.jp/nagisaohmori/entry-11980264979.html
という記事が最近あちこちで出回っている。

こういう記事が拡散している背景には、いかにフリーランスに無償またはあり得ない低額で、平然と仕事を頼むビジネス感覚のないバカリーマンが多いかの証だと思う。

私もフリーランスで仕事をしていると、無償またはあり得ない低額で頼まれることはあまりないが、
・ギャラを提示しないで仕事を進めようとするバカ
・仕事内容の範囲を決めずに仕事を進めようとするバカ
・まるで社員のごとくなんでもついでに無償で頼むバカ
が多いことは紛れもない事実だ。

で、なぜこんなビジネスのイロハもわからないバカリーマンが多いのか。彼らは社蓄ゆえ、時間と移動に金がかかることがわかっていないのだろう。

物を頼んだわけじゃないからお金はかからないと思っているのかもしれないが、人を動かせば人件費はかかる。人に何かを頼むということはその人の時間を拘束するわけで、時間に見合った対価を支払うのは当たり前の話だ。

ところがなぜバカリーマンはそこを無償でやらせようとするのか。社蓄の文化に慣れ過ぎて、人が動くことにコストがかかることを理解していないのだ。会社員は社内でいろんな仕事を頼んだり、頼まれたりする。でもそこにいちいちお金は発生しない。なぜならそれが正社員であるからだ。決まって給料を支払う代わりに、なんでも社内で頼まれた仕事はやらなければならない。

その感覚でフリーランスにも仕事を頼む。でもフリーランスっていうのは甘ちゃん正社員とは違い、仕事がなければ金は一銭ももらえず、仕事があってはじめて対価が発生する。だから会社員のように無償でなんでもかんでもやることは基本あり得ない。なぜなら自分の時間を売ることがある意味では商売だからだ。フリーランスに無償またはあり得ない低額で仕事を頼むというのは、スーパーに行って、売られている商品をタダでくれといっている犯罪人に等しい。

でもわからないんです。サラリーマンは。自分でリスクとって仕事しているわけじゃないから。仕事単位でお金が発生するということがわかっていないから。だから悪気はないんだろうけど、社内の人に頼む感覚で、「ねえ、ちょっとこれやってよ」と頼んでしまうのだろう。

またバカリーマンの悪い癖は人を動かせば金がかかる、ということをわかっていないだけでなく、人が移動すれば金がかかるということがわかっていない。なぜなら会社から通勤手当や交通費を支給されているから、交通手段に金がかかるということを意識していないからだ。

だからね、平然とフリーランスに仕事もないのに、「ねえ、ちょっと相談があるから会社にきてよ」とか言っちゃうわけです。もちろん意味のある相談ならいい。メールや電話では済ますことのできない、会うことでしか打ち合わせできない相談内容なら、フリーランスは仕事になるかわからなくても、自腹で交通費をかけて打ち合わせに行く。

でもね、簡単に「ちょっと会社まできてよ」とか、「ちょっとこっちにきてこれやってくんない?」と、バカリーマンがいってしまうのは、交通費がかかるということを理解していないからだ。

フリーランスに通勤手当はない。移動すればお金がかかるし、時間もかかる。だからフリーランスはサラリーマンとは違い、お金と時間をかけてまで行く価値があるのか、サラリーマンと違ってシビアに吟味するわけです。サラリーマンみたいにね、定期があるわけじゃないから、打ち合わせに行けばお金がかかるわけです。

でもそれをわかってない。だから平然と呼びつけ、無償でやらせようとする。そんなもん、フリーランスからしたらあり得ないわけです。

関連事項でいえば、つい最近、拡散した記事に、
「演奏に代金は払いたくないのか」
http://ameblo.jp/cecilia311/entry-11978073271.html
というのがあった。これはバカリーマン以下の社会経験のないバカたちのことなのだが、ようは社会福祉施設などでボランティアで無料で歌いに来いと、平然と言うバカが多いが、別にそこで利益を出そうとは思わないにしても、交通費はかかるんですけど、それも持ち出しってことですか?という批判記事だ。

社会経験のないバカは移動費にお金がかかることすら想像がいかない。サラリーマンは社会経験があるものの、交通費支給で自腹をきることがないから、そこにいかにコストがかかっているかを理解していない。だから交通費がかかることに意識もせず、フリーランスを無償で使おうとするのだろう。まるで会社員のように。

日本の経済発展のためにも生産性向上のためにも、正社員制度は廃止してみんな個人事業主なりパートなり、派遣社員なりにしてしまえばいい。そうすれば仕事ごっこではなく仕事をするという意味がわかるだろう。

くれぐれもサラリーマンのみなさま。フリーランスに仕事を依頼する際は、その人の時間を奪い、相手が経費をかけていることを考えた、ギャラの提示をすべきだと思う。

ん?何?そんなことできない?だったらサービス残業大好き・社蓄のおまえらですべてやれ。

via: バカリーマンは時間と移動に金がかかることがわかっていない~なぜフリーランスに無償で仕事を頼むのか

 

関連記事

 

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7 サラリーマンとフリーランスの違い




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • ピロリ菌
    • 2015年 2月 20日

    はっきりと書いてあって、とても気持ちのいいです

    某企業から「コンペ」の参加を求められたが
    もちろん経費など考えてない

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る