2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【笹井芳樹氏自殺】自殺は殺人であると断定する長谷川豊氏の意見について 

笹井芳樹氏の自殺について語る長谷川豊氏

STAP細胞関係者の笹井氏が自殺した件について、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊が、声を大にして自殺を完全否定する無神経な記事を書いています。久しぶりに読んでいて心底腹が立った。こんな人がこんな記事書いているから、テレビ・業界人はズレているって言われるんじゃないかな。

 

さて、わたしの怒りや違和感をうまく表現していたブログを発見。名もなきネットヲチアルバイターいいんちょ氏が、長谷川豊の意見に対してうまく反論をしていました。



自殺は殺人?

長谷川は、自殺は殺人であって一切同情に値しない、意見は絶対に変えないと吠えています。1記事だけじゃ言い足りなかったのか、反論を受けて悔しかったのか、2日連続で同じようなことを書いて「殺人という選択肢を認めないのと同じように、自殺は選択肢から完全に外すべきだ」という戯言をほざいています。

 

で、これに対して、いいんちょ氏は「被害者」としての自殺者の気持ちを考えるべきだ・精神疾患についての理解がなさすぎる、と反論しています。

 

長谷川豊は、自殺で友人を亡くした経験を紹介していますが、自殺で亡くなった人を殺人犯とまったく同列に扱っている。世の中には、自殺を「自死」と言い換える風潮もあるというのに、そんなことおかまいなし(自死との言い換えを強制するような人はわたしも好きではありませんが…)。あくまで、世の中のせいじゃなくて、自殺という道を選んでしまった故人を責めたてているんだよなぁ。死者を罵倒するって思考自体が気持ち悪い。

 

 【笹井芳樹氏自殺】自殺は殺人であると断定する長谷川豊氏の意見について 「自殺」という言葉は暗いから「自死」にしようとしてるらしい : キジトラ速報

 

精神病に関する理解に関しても、長谷川の身近にはそんな人いなかったんだろうなぁと感じさせられる。なんか狂気めいたものを感じるんだよなぁ。

 

「おまえが生きたかった今日は、自殺してでも迎えたくなかった今日なんだよ」っていうような文章をネットで見たことがあります。長谷川にこの言葉を贈りたい。

 

自殺は無くすべきだけど・・

自殺をなくすべきっていう部分に関しては、いいんちょ氏も長谷川もわたしも共通しているけど、長谷川だけがなぜか明後日の方向にズレていってしまった。

 

実際に身近な人を自殺で亡くせばわかるって言ってるけど、自殺遺族の会の前でも同じようなことを言えるのかとツッコミたい(たぶん長谷川なら言いかねない、遺族がかわいそうだからやめとけ)。

 

いいんちょ氏も指摘しているけど、長谷川の意見はとにかく生産性がないんだよなぁ。彼の理論で自殺を思いとどまる人って皆無じゃないかな。

 

記事引用

理研の笹井さんについてのご質問をたくさんいただきました。
その中でも一番多かったのは

「笹井さんを死に追いやったのはメディアではないのか!これについて長谷川さんの意見を伺いたい」

というものでした。そこで、僕の個人的な意見を申し上げます。

まず、大前提ですが、何があってもどんな理由があっても、僕は「自殺」を認めません。

自殺?ええ、聞こえはいいかも知れないですが、ただの「殺人」です。僕は少なくともそう思っています。「自分」という人間を「殺す行為」です。絶対認めません。異論反論、けっこうです。何を言われても絶対意見は変えません。自殺は殺人行為です。

大学1年生の時でした。

高校を卒業して、働き始めたバイト先で出来た親友がいました。出会って日は浅かったですが、僕たちは毎日のように一緒にいました。彼のバイクの後ろに乗っていろんな場所に行きました。何度も一緒にご飯を食べました。

大学に入り、僕は一人暮らしをするため、引っ越しました。
ラインもメールもない時代です。手紙しかやり取りは出来なかったですが、彼との友情は僕にとってとても印象深いものでした。

彼は世間的には「はみ出し者」でした。
彼女をとても大切に思っていて、19歳で駆け落ちしていたのです。狭いアパートに彼女と同棲生活をしながら、

「彼女といられるのが一番の幸せだ。きっといつの日か両親も許してくれる」

二人でバイトを頑張りながら、彼はついに正社員に登用されることになりました。その辺りで僕は大学に。彼は笑顔で見送ってくれました。お互いの再会を楽しみにしながら。

それからわずか数か月しか経っていませんでした。彼が自殺したという知らせを受けました。

葬儀に参列し、ことの内情を知らされました。

彼女は以前付き合っていた男性と浮気をしたのでした。彼が働いている間でした。そのことを知った彼はその元カレに暴力をふるいました。そして被害届を出されたのです。正社員登用されたばかりでしたが勤め先からは当然解雇になりました。

彼は一人残された部屋の中で自ら命を絶ちました。

葬式では、その彼女がワンワン泣き続けていました。いい復讐になったことでしょう。浮気した彼女に、十分な心の傷でも与えられたでしょう。

僕は彼がどれだけ彼女の事を大切に思っていたか、希望に燃え仕事を一生懸命していたかを全部知っていました。

なので、彼の心境、そしてそのショックはあまりにも良く分かりました。

良く分かります。

でもな…

でもな、石井君。

葬儀に参列し、君の遺影の横に置かれていたバイクを見た時の、僕のショックと苦悩は君にわかるのか?
もう死んじまって、とっとと逃げ出した君に分かるのか?

本当に大切に思い、本当に身近にいた人を、巻き込み、苦しみ、言ってしまえば、命を使ったテロ行為のようなものが「自殺」だと、僕はそう思っています。

笹井さんが自殺?

逃げただけだ。そんなもん。

マスコミが追い込んだから自殺したんだ?
マスコミに追い込まれる心境くらい、僕だって知ってる。
追い込みをかけるマスコミが何の考えもせずに視聴率のための玩具にすることだって知ってる。

そう。

僕は「報じる側」も「報じられる側」の事も良く知ってる。

やってもいない事をやったと言われ、事実をねつ造され、名誉を傷つけられる苦しみだって良く知ってる。

それまで積み上げてきたものが一気に全部崩れ去る、そんな苦しみだって知ってる。

それを全部知った上で、笹井さんの自殺についてコメントさせていただきます。

僕は笹井さんに同情しない。
笹井さんはやらなければいけないことが沢山あった。
そこから逃げ出して、周りを、笹井さんを大切に思う何人もの人を傷つけた笹井さんの行為を、僕は絶対認める気はない。

異論、反論、好きにどうぞ。意見は絶対変えません。

心情を理解できるかどうかじゃない。
自殺は殺人です。殺人行為は認めません。


テレビに出てるコメンテーター陣も、そろそろ日本の

「死んだ人は無差別に褒める・認めちゃう」文化、どうにかした方がいいと思うぞ?

via: 笹井氏の自殺について

 

昨日も書いた通り、僕は「自殺」という選択肢自体を認める気がありません。

そこについて、むしろ、ご意見を伺いたいと思っています。

なんで日本って「自殺」が「選択肢」に入ってるんですか?

理解できないんですけど。コメントも多数頂戴しましたが、「うつ病だったんですよ。正常ではなかったので『しょうがない』」というご意見が(けっこう多数)あったのですが…よく考えて頂きたいのです。

人を殺したいほど憎いって思った人がみんな殺しますかね?

皆さんの中にも「も~あんな奴、死んじゃえーー」って思った経験、ある人も少なくないような気がするんですよね。

殺します?

殺さないですよね?

要は、正常な人って、殺人とか犯さないですよね?

佐世保の事件もそうです。

完全に「異常」な女の子ですよね?って言うか、「正常」だったら、人は殺さないでしょ?

僕は「正常なまま」人殺しする殺人犯、見たことないんですが、そんな人、いるんです?

人を殺してる段階で異常でしょ?

「正常じゃなかったんだから自殺したんでしょ?」ていう理屈に、激しく反論したいのですが…そこ、つながらんだろ?って言うか、つなげちゃダメだろ?

それ言いはじめると、殺人犯した人もみんな「異常」ですよね?「異常」だったら殺人を犯していいって理屈でしょうか?ダメですよね?そうじゃないですよね?

なのに、なんでこんなにたくさんの人が「うつ病だからしょうがないんだよ」って理解を示しちゃってるのか?って所を知りたいんですよね?

それ、暗に「自殺」って行為を「選択肢」に入れてないか?と。

いや、僕の中で、自殺はそもそも「選択肢」から完全に外すべき行為だと思ってるんですよね?

精神状態がどうとか背景がとか言いはじめたら、殺人者もヤクザも全部、バックボーンくらいあるじゃないですか?じゃあヤクザが人殺ししても「育ちが…」って言いはじめて、「いい家庭じゃなかったんだからヤクザになっちゃったのは可哀想」って理屈?人殺しは「正常じゃなかったんだから可哀想」って理屈?佐世保の女の子、「異常」だから許せって?理解しろって?いや、無理でしょ、それは。

いいですか?こういうと必ず、
「ヤクザや殺人は人に迷惑をかけてるんだー」
「自殺は自分を殺してるだけだー」
って言いだす人がいるんですよね。

絶対違うから。

身近な人、一度自殺で失ってみたら分かります。

身近な人が自殺したら、周囲、どれだけ傷つくか。どれだけのものを背負うか。はっきり言ってかなりでかい心の傷になります。しかも一生。なんでそれなのに…「自殺」だけは「精神状態が不安定だから理解できる」ってコメントになるかな?と。

「精神状態が不安定」なら「精神状態を安定させる治療を行うべき」なんであって、そこに「自殺」って選択肢は入れちゃダメだろ。繋がらないだろ。そこは。繋げてもダメだろ。

皆さんもご存じのように、日本ではなんと、毎年3万人もの人が「自殺」で命を失っていってます。

この数字は、対人口比で見ると他の先進諸国と比べても絶望的に多い数字で、明らかに他国からは日本人が「自殺という選択肢を美化している変な国」と見られているのです。

アメリカでは本気でseppku(切腹)が日本で行われていると信じている人すら(少ないけど)いる状態です。アメリカの国民的ドラマの「glee」の中にも、ミスをした生徒に先生が「もし日本なら腹を切ってるね。seppukuしてるよ!」と発言するシーンがあります。英語で言ってんのよ?「セップークゥ~」って。これ、いっときますけど、世界的に超ドン引きの文化ですからね?

自分で腹をナイフで切るんですよ?

で、介錯の人が「お見事!」とか誉めながら首、切り落とすのよ?

で、「彼は見事切腹して果てました」とか言って誉めちゃったりしてるんですよ?

アホだろ。ただの。冷静に突っ込みますが、狂ってるとしか見られない文化です。何が「お見事」だよってね。

その文化の影響か知らないけれど、日本では、今どき、「自分で自分を殺す」という行為を「選択肢」に入れているような気がしてしょうがないのです。

絶対ダメな行為だから。そもそも「発想」の中に入ってちゃダメでしょ。僕はそう思ってるんですけど、それって普通じゃない?

多くの「精神病だったんだから可哀想だ」というコメントをくれた皆さん、教えて欲しい。

じゃあ、殺人しても「精神病」だったらしょうがないんですかね?殺人鬼ってかわいそうなの?ヤクザも家庭環境が悪かったからしょうがなくて可哀想なの?そこに被害者の感情はなくていいんでしょうか?

精神的に追い込まれた=自殺した

って、なんで繋がってるんです?僕は繋がってないと思う。繋げてもいけないと思うんです。

アホ丸出しな誹謗中傷コメント、面倒くさいからやめてね。他者を攻撃する文章とか。

せっかくなので今回は反論意見もほとんど全部承認したいから。

via: 「自殺」って選択肢なのか?

 

現代の社会通念的にみれば、「自殺はよくない」という彼の主張の一部は全うを通り越して、ありふれている。残された人たちを傷つけるからよくない――おそらくその考え方が「標準的」なのである。

長谷川氏が対決すべきなのは、「自殺の自由」を唱える人々なのだが、ここで彼らは相手にされていない。彼がここで対立しているのは「自殺者に同情する人たち」なのである。

でもな…

でもな、長谷川君。(ここパロディね)

長谷川君の「自殺はよくない」論がおなじ「自殺はよくない」論者からみても首を傾げざるを得ないのは、死者を貶めている点である。

この点については、長谷川氏自身が用いた「自殺は殺人」だという表現がわかりやすい。

彼は自殺の「加害者」の側だけを批判するのだが、自殺の実行者は同時に「被害者」でもある。自殺を「殺人」と表現するならば、「被害者」の側を悼む必要はないのだろうか?

自殺者に直面したとき、多くの人が何とも言えない気持ちになるのは、まさにこの加害者/被害者の両義性にある。そのことを抜きに、単純化して語る長谷川氏の論はわかりやすいのだが、やはり承服し難い。

また、「メディアが死に追いやったのでは?」という、いるのかいないんだかわからない藁人形を相手に議論を始めていたはずが、こちらについてはうやむやにしている。

けれど、「自殺はよくない」と「メディアが死に追いやった」は、もちろん両立できる。

この件について、彼は立て続けに精神疾患を患った場合の自殺についてもとり上げている。

「精神状態が不安定」なら「精神状態を安定させる治療を行うべき」なんであって、そこに「自殺」って選択肢は入れちゃダメだろ。繋がらないだろ。そこは。繋げてもダメだろ。

「自殺」って選択肢なのか?

自殺者には相当数、精神疾患を患った人が含まれているといわれているが、長谷川氏のこの論もおかしい。ぼくの理解では、「精神状態が不安定」というのは、自由意思による正常な判断そのものができない視野狭窄に陥っている状態のことだ。

引用部の前半のように、精神疾患の予防や治療、そしてそこからの自殺の流れをとめるべきだ、というだけならわかるが、うつ病を現に患っている人に向かって「自殺を選択肢にするな」と叫んでも意味がない。

長谷川氏がどうなのかはわからないが、恵まれたことにぼく自身はそうした病気にかかった経験はない。ないのだが、ないなりにそれぐらいの想像力はあっていいんじゃないだろうか。

うつ病だからといって自殺を選択肢に入れるな――それはまるで、うつ病だからといって仕事を休むな、と言っているのと同じである。

via: 自殺の「被害者」を無視する長谷川豊氏の自殺否定論

 

関連記事

  • ・あ
  • ・あ
  • ・あ
  • ・あ
  • ・あ

 

72b391a323cdfc42a397ebd0d4761e01 450x600 【笹井芳樹氏自殺】自殺は殺人であると断定する長谷川豊氏の意見について 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • 名なし
    • 2014年 8月 15日

    最期の引き金はNHKがひいたと思います。(by庶民のボソボソ)

    • 鈴木
    • 2014年 12月 24日

    長谷川豊氏ブログへの反論コメント。批判受け付けますといいながら蹴られました。

    –「以下反論コメント全文」–

    メディア側に居る人間の責任逃れの言い訳にしか聞こえません。
    言い返す事の出来ない死者を断罪し非難するするあなたの傲慢さに、呆れさえしてもけして同意は出来ません。非常に不快な文章です。
    だからといって長谷川氏の言い分を取り消せなどとは申しません。これがメディアに携わるあなたの本音なのでしょう。このような冷酷なあなたの心情をもっと多くの方に見ていただきたいですからね。
    確かに人の価値観は様々です。ですが、亡くなられた方に自殺も他殺も事故死も病死もございません。そこにあるのは残された方達の悲しみ、後悔、そして亡くなられた方の無念です。亡くなられた方への敬意さえ忘れたこの文面、私は一生忘れはしませんよ。

    • 鈴木
    • 2014年 12月 24日

    長谷川氏ブログへの次のコメントも蹴られました。

    –「以下批判コメント全文」–
    後付の言い訳にしか聞こえませんよ。
    そして結局の所、メディア側としての反省は無いままです。
    報道の自由、不正を正すための正義だなどとは戯言ですよ。
    何故ならあなた方メディアは冤罪の報道に対して謝罪をしないのですから。
    あなたの言い分は人を卑しめ貶め、誹謗中傷する言い訳でしかありません。
    あなた方が今ここでなされている論争は亡くなった方、亡くされた方への冒涜、尊厳を踏みにじる行為でしか無いのですよ。

    笹井さんが双極性障害だったという妄想をさも事実のように語るのは名誉毀損ですよ。
    笹井さんを実際に診察された担当医が言うならまだしも、医学者でも医師でもないあなたが病名を確定したところでどうにもなりませんし、こうやって勝手な憶測を正しい情報のように垂れ流して国民を情報操作するやり口の巧妙さ、卑劣さが非常に不愉快極まりない。
    残されたご家族に対してどれだけ鋭い刃を向けているかご自分の罪を自覚していただきたいものです。こうやってメディアは人を貶めていくのだと実感致しました。

    • 鈴木
    • 2014年 12月 24日

    –「長谷川氏ブログへの蹴られた批判コメント全文」–

    他の方のコメントを読ませていただいていますが、あなたに反論的なコメントは非承認でいらっしゃるのですね。
    反論コメントを非承認にされるということは、ご自分の信念を一方的に誇示されているということと同義ですよ。
    ご自身の信念に自信がおわりなら堂々とコメント欄に反論コメントも載せるべきでしょう。
    それが出来ないということはそれだけの信念であったということです。

    ———–以上———

    長谷川氏は異論反論受け付けるといいながら結局反対意見との論争を避けている。
    報道機関に携わる人間があまりに偏りすぎていて情けない。この長谷川氏をマスメディアの代表とそて上げるには質が低すぎるがこれが概現在のマスメディアの姿である。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る