2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「内定」という立場=権利(?)の捉え方。笹崎里菜さんの日テレアナウンサー内定取り消し事件から

清廉性、というふんわりとした言葉が一人の女性の人生を大きく狂わせるところでした。(あるいは現在進行形か) 夜の仕事の経験から日本テレビに内定取り消しという扱いを受けた笹崎さんが、無事にアナウンサーとして就職できるようになるとのことです。現代の就職難や新卒一括採用を含めて考えると、妥当な結論かなとは思います。果たして、「内定」というのはどんな意味をもつことなのでしょうか。



 

日本テレビにアナウンサーとして内定したが、銀座のクラブでアルバイトをしていたことを理由に内定を取り消されていた東洋英和女学院大学4年の笹崎里菜さんが、同社に地位確認を求めた民事訴訟で、日本テレビ側が一転して採用を認める意向であることが明らかになった。1月7日に行われた和解協議の後に、取材に応じた笹崎さん側の緒方延泰弁護士が明かした。

日刊スポーツによると、7日に行われた両者による話し合いでは、4月入社を前提にした研修スケジュールや、笹崎さんの精神的ケアも検討された。今後は、詳細な日程や条件が協議され、15日に行われる2回目の口頭弁論よりも前に、和解が成立するとみられている。

緒方弁護士は、「アナウンサーとして採用するという、我々の望む方向で和解すると思う。アナウンサーとして活躍する道筋は十分ある」と話した。また、日本テレビ側が歩み寄りを見せたことについては「和解が成立すれば、同社の判断に敬意を表したい」とした。

日本テレビ広報部は「裁判が進行中なので現時点でのコメントは控える」と話している

笹崎さんは2013年9月、日本テレビに2015年4月入社予定でアナウンサーとして内定した。しかし、2014年3月に銀座のクラブで短期間アルバイトをしていたことを人事担当者に報告すると、「傷がついたアナウンサーを使える番組はない」などとして内定辞退を求められ、5月に内定取り消しの通知を受けた。

10月9日に笹崎さん側は日本テレビを提訴し、11月14日に第一回口頭弁論が行われた。2015年1月15日の第二回口頭弁論では、日本テレビ側が主張を行う予定だった。

via: 笹崎里菜さん、アナウンサー採用へ 内定取り消しの日テレが一転

情報整理

日本テレビに内定をもらっていた東洋英和女子学院4年生、笹崎里奈さんが銀座のアルバイト経験は理由で内定を取り消しになったことに対し、日本テレビを被告に訴訟を提起しました。

 

日本テレビは、当初は訴訟などの事実はまだ聞いてないとのことでしたが、訴訟の事実をうけ戦う姿勢を見せました。原告側である笹崎さんの主張は、地位の確認です。すなわち、内定があるということです。笹崎さんは和解などの内容については、地位の復帰にしか応じないとの強気を示していました。

 

被告である日本テレビ側は、履歴書にアルバイトの事実が記載されていなかったことが会社に対して虚偽の申告にあたると主張し、取り消しは妥当であったとの姿勢をみせていました。

 

両者の主張は、対立しており日本テレビは、新人の年俸に慰謝料を含めた1000万円の和解金を提示し和解を求めました。笹崎さんは、アナウンサー職での入社を求めており、和解の可能性の可否が問題となっていました。

 

しかし、結果として日本テレビが笹崎さんの主張に応じる形で和解しました。

 

今回の訴訟の争点

今回のような日本テレビは公的機関ではなく民間企業であるため、原則、自由な裁量で決断ができます。雇用するにあたっても、自由に選ぶ事ができます。しかし、今回の場合はすでに内定がでているとの事実があります。

 

そして、笹崎さんは、内定がもらえるとの条件で、就職活動をせずアナウンサー研修などを行っていたとの情報もあります。内定を取り消すということは、既に発表されていることにおいて取消すことであり、選抜する段階とは大きく異なります。

 

そして、取り消す際には、相当な理由や原因が必要といえます。取り消すに至った理由が相当であったかが争点であると考えます。

 

今回の事件では、笹崎さんは、日本テレビ側に銀座でのホステスのアルバイト歴が、アナウンサーに必要な清廉性に欠けているといい、自ら内定を辞退するように言われたと主張しています。解雇などの内定の取り消しなどの場合の多くは理由を当事者に説明する必要があります。

 

しかし、本件では、理由は明確に示されておらず、清廉性に欠けるとのことしか言われていないとのことでした。この理由が、相当と言えるのかについてですが実際の法廷では議論されずに和解になったとのことでした。

 

私見

私見ではありますが、結果からいうと清廉性は理由にはなりません。内定が、決定している時点においては十分な理由とはいえないのではないでしょうか。内定を出しているということはどういうことなのか、就職というのは一般に考え、社会にでてそして生きていくためには必要不可欠なことであります。

 

その就職が、清廉性に欠けるとの理由で内定取り消しでは、内定を取り消された笹崎さんの受ける不利益と日本テレビ側が彼女を採用したことでうける不利益とでは明らかに前者の方が大きいといえます。なぜなら、彼女は個人であり、日本テレビが企業であるからです。よって、清廉性に欠けるとの理由で内定を取り消すのは不当であるといえます。

 

日本テレビ側の主張である「虚偽申告」について緒方弁護士は「なかった」と主張。笹崎さんがアルバイト歴の記入を求められたのは13年9月のセミナーでのことだそうです。緒方弁護士によると、日本テレビの答弁書には「セミナーということで採用の正式な場とは言えないとのことでした。

 

正式には(14年)1月に採用試験があるので『同じものを書いてもらうので練習だ』という趣旨でその場で書かせた程度のものだと書かれている」といいます。正式なものではない以上、「虚偽申告にも当たらない」との見解であると主張しています。

 

すなわち、「内定」を出してしまった以上はその段階で十分な審査を行ったものと解されるべきであり、またそうでなくてはならない。決まってしまった以上は簡単に覆してはならない、ということですね。

まとめ

今回の訴訟は、女子大生が企業を訴えとのことで大きく話題になりました。企業を訴えることは、軽い気持ちではできません。話題になるということは、自分もまたメディアにさらされることになります。

 

しかし、彼女は勇気出して、企業を訴えることを選び、企業に立ち向かってたと言えます。アルバイトの経験に関して、様々な見解があると思いますが、今後、彼女がこの訴訟を通して学んだことを女子アナウンサーとしてどう伝えていくのか、そして日本テレビでのさらなる飛躍が楽しみといえるでしょう。

 

果たして訴訟という形で争った職場でどのように扱われるのかは他人事とはいえ心配ではありますが、数年後にはその答えも見えてきそうですね。

 

関連記事

 

 「内定」という立場=権利(?)の捉え方。笹崎里菜さんの日テレアナウンサー内定取り消し事件から




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る